2016年 12月 07日

NOS 60's LEVI'S 503XX-501

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP clothingです!

大分の2歳の女の子、無事に見つかって本当に本当に良かった涙

ということで、本日の商品紹介です。

NOS 60's LEVI'S 503XX-501 ¥128,000 (税込 ¥138,240)
e0343648_17461003.jpg
60年代に製造されたリーバイスの 503XX-501、通称ダブルネームのデッドストックです!表記サイズはW27、L30インチ。
e0343648_17480081.jpg
ギャランティチケット、フラッシャー現存。
e0343648_17533255.jpg
割れてしまってますが、紙パッチも現存。よく見ると、
e0343648_17574814.jpg
501の上にダブルネーム表記。画面では判別厳しいかもしれませんが、503XX。503XX-501のダブルネームです。
中々レアですね。つまり。
リーバイスの大掛かりな品番変更が66年から67年頃。それまでのXX(ダブルエックス)表記は全てキャンセルされ、細分化されていた品番は集約。50年代からボーイズモデルとしてラインナップされていた503は、この品番変更ののち501に集約されます。
おそらくこの個体は品番変更が目下行われている只中に製造されたもの。503にXXが付いている点からも明らかです。
実際、製品仕様は隠しリベットがない点など除いてXXと同様。生地の質も最終のダブルエックスに遜色なく、細身のシルエットで現代のファッションにも取り入れやすい、この時期のリーバイスはファッションアイテムとしては、最高に完成されていたと言っても過言ではないでしょう。(もっと古い大戦や片面やなんやかんやはアンファッショナブルファッションの最高峰です!)
e0343648_18302611.jpg
もちろん、フロントVステッチ。ちゃんとイエローステッチ。これが並行ステッチになるのはおよそ二年後の1968年頃。で、ダブルネーム表記といえばの、トップボタン裏の刻印K。これが品番からXXが外れる頃になるとJになります。この時期、世界的なジーンズの需要に応えるべく、次々に工場を建造していたリーバイス。トップボタン裏の記号は製造工場の固有番号だ、などと言われていますが、その辺とも関係があるのでしょう。
e0343648_18362513.jpg
フロントフライのボタン数は3、503XXの仕様。
e0343648_18414256.jpg
コインポケット裏のアルミが一カ所、欠損。キズはこれと紙パッチの割れのみです!

実寸でウエスト67cm、股下71cm、裾幅19cm、全長95cm。
さすがに成人男性で履ける人は皆無であろうサイズですが、女性の方にもオススメしたい一本。タイトに履きこなしたら絶対かっこいいと思います!ジャストサイズで履けば芸術的なヒゲ、色落ちも期待できますよ!
これがいわゆるゴールデンサイズだったらプライスは数倍。女性へのクリスマスプレゼントにもいかがですか?
サイズが合う方はチャンスです!コレクションにも是非。

通販もご利用いただけます!
お気軽にお問い合わせください。

最後に告知ですが、今週末10日(土)、11日(日)はお休みをいただきます。
週末なのに申し訳御座いませんが、何卒宜しくお願いいたします。

BUTTON UP clothing
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2016-12-07 19:08 | アメリカ古着 | Comments(0)


<< 60's Sears ...      C C COURTENAY s... >>