2017年 01月 08日

50's Carmel Hollywood jacket

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP clothingです!

1月もすでに8日。遅ればせながら明けましておめでとうございます!
本年一発目のブログ更新ですが、決して怠けていたわけではございません笑
帰省中の友人の訪問や、急な来訪から夕食まで一緒に、といった機会が多く、やっとブログ執筆の時間が取れましたので
本日は新年にふさわしい華やかな商品をご紹介。

数日前、インスタグラムにも掲載したこちら。
50's Carmel Hollywood jacket SOLD! ありがとうございます!
e0343648_19404490.jpg
〜50年代に製造されたCarmelのハリウッドジャケット、通称ナッソージャケット!サイズ表記はなく、実寸S程度。コンディションはダメージの見あたらないミントコンディションです!

ロカビリーや50'sの文化がお好きな方にはもはや説明不要なアイテム、ナッソージャケット。富裕層のリゾート着として作られたジャケットで、50年代に映画俳優やロカビリースターが愛用したスポーツジャケットです。戦勝国だったアメリカ、そして訪れたゴールデンエイジを象徴するようなジャケット。その中でもカーメルはHollywood Sportwear社の最もポピュラーなライン。
e0343648_21430158.jpg
人気のポイントはこの独特な生地。茶に白のネップの入ったレーヨン生地です。このカラーリング、以前は散見できましたが、今では珍しいのでは。程度が良いものとなるとなおさら。タグはヤシの木のカーメル。当時、富裕層のリゾート用に作られたナッソーですが、タグからもそれが感じ取れます。
e0343648_21461520.jpg
ノーフォークの様な身頃のデザイン、ざっくりとしたカット、ゴージャスですねぇ。エルビスやエディコクランが着ていたナッソー、その当時の雰囲気をありありと感じることができます。
e0343648_21503822.jpg
バックスタイルも優雅。
e0343648_21512755.jpg
フックドベント、通称稲妻とも呼ばれる袖のデザイン、
e0343648_21520626.jpg
そして、同じく稲妻型のサイドベンツ。伊達ですねぇ。
e0343648_21533452.jpg
ボタンは豚鼻とも呼ばれるフラットな二つ穴。もちろん欠品なしで全て揃っています。

実寸は肩幅42.5cm、身幅50.5cm、着丈75cm、袖丈59cm。サイズタグが残っていればXSかSだったであろうサイズ感です。
178cm、70kgでは着ることはできますが、ナッソーのゆったりとした優雅なシルエットではなく、タイトなシルエットでした。しかしながら、劣化しやすいレーヨン素材。またハードに着られたものも多いジャンルのものながら、これだけコンディションの良い個体は中々見つからないと思います。お好きな方には一生ものとしてお勧めしたいです!

是非、ご覧ください!
宜しくお願い致します。

もう一品。
トルソーのコーディネートで中に着せたのは、このシャツ。

50's Towncraft open collar shirt ¥12,800 (税込 ¥13,824) SOLD! ありがとうございます!
e0343648_22074896.jpg
50年代に製造されたペニーズ、タウンクラフトのオープンカラーシャツ。サイズ表記はM、コンディションは多少の傷がありますが、全体的には目立つ汚れなどもなく良好です!無地でベーシックですが、一枚あると重宝するドレープ感の気持ち良い一枚。
e0343648_22271714.jpg
タグ。同社の中でも比較的古めなもの。
e0343648_22280214.jpg
ガッツリロングポイントな袋襟。50'sの中でも40'sに近い古い仕様です。
e0343648_22283946.jpg
キワを縫う縫製、袖付け根はダブルステッチ。
e0343648_22314305.jpg
クラックの入ったベークライトボタン。
e0343648_22302162.jpg
襟に多少の擦れと、
e0343648_22324469.jpg
第3ボタン横にダメージ。左右2つずつあったカフスボタンが一つずつ欠品しています。
生地の状態は良く、まだまだ着れるコンディション。

実寸で肩幅45.5cm、身幅52cm、着丈69cm、袖丈60cm。フラップ付きの胸ポケットやロングポイントと雰囲気のあるオープンカラーシャツです。こちらもお好きな方には是非!
補足ですが、ナッソーはトルソーの写真のようにシャツの襟をジャケットの上に出して着るのが本流です。

おそらくここ数年は40's以前のワークウエアやミリタリーに皆様の注目が集まり、盛り上がりに欠けるであろうフィフティーズ。しかし、あれほどまでに強烈な輝きと個性のある時代はありません。近いうち、またリバイバルブームは来るでしょう。
古着に造詣の深いお客様でも意外に未開拓なジャンルだったりするフィフティーズ。当店のブログを通じて、少しでも紹介することができれば幸いです。

最後に、本日アヴィエイターキットバッグのお問い合わせを下さったお客様、メールの返信ができませんので、gmailを受信可能に設定の上、再度ご連絡をいただけますでしょうか。お手数をおかけいたしますが、何卒宜しくお願い致します。

では、今年もBUTTON UP clothingを宜しくお願い致します!

BUTTON UP clothing
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2017-01-08 22:52 | アメリカ古着 | Comments(0)


<< SALE INFORMATION!      2016年、ありがとうございました >>