2017年 01月 14日

Japanned T-bar display fixture

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP Clothingです!

雪、降り続いています。
この冬は先週まで積雪がないという記録的小雪だったのでかなり楽でしたが、そこはまだ1月。
お天道様、そんなに楽させてはくれません。
一気に降りました。毎日氷点下で冷え込みも厳しい。
新潟など青森以上の積雪がある地域の皆さんは本当に大変だと思います。
春まであと数ヶ月、自愛しながら雪かきに精を出しつつ春を待ちたいものです。

商品紹介です。
Japanned T-bar display fixture ¥58,000 (税込 ¥62,640)
e0343648_18072108.jpg
度々ご紹介しているジャパンフィニッシュの家具、小物ですが、今回はTバーラック。ただコンディション含め、各部ディティールは中々スペシャルな一品です。
e0343648_18104574.jpg
直径およそ15.5cmのベース部分、黒にコッパーのリッチなジャパンフィニッシュ。
e0343648_18115659.jpg
シャフト部分も全体にジャパンフィニッシュ。肉眼ではもっとはっきりと確認できます。バー部分幅はおよそ46cm、メンズMのシャツが掛けられるくらい、たっぷりとしたサイズです。
e0343648_18130273.jpg
全高はおおよそ46.5cmから76.5cmの間で調節が可能です。
e0343648_18152548.jpg
シャフト部分を取り外し、ベース部分。
e0343648_18175732.jpg
すごいのはその裏。ガッツリとマニファクチャラーの刻印。1800年代中頃には中流階級に広く普及していただけあり、ジャパンフィニッシュの家具、什器、小物はそれなりの数が現存していますが、ここまで立派に刻印が入ったものは珍しいです。
e0343648_18243811.jpg
"J.R.PALMENBERG'S SONS. N.Y."
1852年ニューヨーク市にて創業の什器メーカー。引用させていただいた写真はニューヨーク私立博物館のページに掲載のもの。
さすがはニューヨーク、当時この地にあったメーカーや販売店の情報が大体見つかるのがすごい。
e0343648_18342211.jpg
事務所は西3番通り沿いに2番地にまたがって、店舗はブロードウェイ713番地にあったとのこと。
e0343648_18351067.jpg
西36番通りにあった同社ビル。メイシーズ近く、名称は変わってしまったものの、このビル自体は現存しています。
同社はバナーにある通り、服飾全般に関わる什器を製造していたようです。
一時は隆盛を極めたジャパンフィニッシュの家具も徐々に下火になり、1920年代にはその多くのメーカーは消滅。おそらく同社も倒産したか、別な事業に舵切りをしたのでしょう。1600年代、日本の漆塗りに影響を受け始まったジャパンフィニッシュの歴史、のちには工業製品などの塗装にも受け継がれていきます。黒に金色、ヴィンテージ&アンティークファンであればピンとくるカラーリングかと思いますが、本稿では蛇足ですので、またの機会に。
今回ご紹介したTバーラック、時代の片鱗を感じ取れる素敵な個体だと思います。100年を経過した自然な経年は感じられますが、目立つダメージもなく、素晴らしい状態です。

是非ご覧ください!
宜しくお願いいたします。
e0343648_19014464.jpg
BUTTON UP clothing
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2017-01-14 19:06 | アンティーク | Comments(0)


<< 70's U.S. a...      SALE INFORMATION! >>