2017年 01月 27日

70's U.S. army M-65 fish tail parka

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです!

間が空いてしまいましたが、トランプ氏がアメリカ大統領になって一週間。
早速、過激な政策を続々打ち出していますが、内容以上に品位を欠いた話し方が印象的。
一語一語発する毎に、右手でOK(お金?)のジェスチャー。知性を感じさせない話ぶり。
演説が人に与える印象は、内容よりもジェスチャーなど見た目による部分が大きいとはよく言いますが、
その文脈では最悪じゃありませんか?笑
就任式の観衆は過去最大の150万人だった!と言い張ってみたり、色々と驚愕します。
大金持ちの駄々っ子が大国の大統領にまでなってしまった、という当初の印象は当たらずも遠からず、といった所でしょうか。

とは言いながら、次の買い付けまでにドル安政策を打ち出してくれる事を期待しながら、
本日の商品紹介です。

70's U.S. army M-65 fish tail parka
e0343648_19180161.jpg
先日、インスタグラムでも紹介しておりますが、M-65フィッシュテールパーカを2枚、ご紹介です。
M-65フィールドジャケットの上に重ね着する、防寒を目的として作られたコート。
一般的にはモッズコートの名称で知られるフィッシュテールパーカ。
M-48、M-51とパターンが更新され、最終形として65年に登場したのが、今回ご紹介するM-65フィッシュテールパーカです。
巷ではこのデザインをソースとして作られた洋服が、メンズレディースを問わず相当数流通していると思いますが、そのベースになっているのが、今回紹介のアイテム。M-65はライナーとファー付きフードを取り外しできるので、暖かい時期はシェルのみ、寒い時期はライナーを装着して、さらに寒ければフードも、と気温に合わせて様々にコーディネートでき、使い勝手に優れ、またM-51まで備わっていた両肩のエポレットがないので、見た目にもとてもカジュアル。
今冬はかなりクローズアップされているアイテムでもあるようですね。さて、前置きが長くなりました。
e0343648_19204031.jpg
まずはシェルのみの方。¥9,800 (税込¥10,584) SOLD! ありがとうございます!
e0343648_19214247.jpg
サイズ表記はSMALL-REGULAR。会計年度は73年。
多少の使用感はありますが、全体的に程度は良く、
e0343648_19224886.jpg
ありがちなエラスティックのドローコードの伸びもなく、
e0343648_19234703.jpg
特徴的な袖口のエラスティックアジャストタブも伸びはなし。
e0343648_19261641.jpg
ジッパーはブラスのGENERAL。スムーズな動作です。
e0343648_19275429.jpg
次にフルセット。¥25,000 (税込 ¥27,000)
こちらもサイズ表記はSMALL-REGULAR。
会計年度はシェルが78年、ライナーが85年、フードは82年。
こちらは未使用コンディション、ほぼデッドストックと言って差し支えない良品です。
キルティングライナー、化繊ファーが付くフードが付属しますが、シェルのみのものとほぼ同仕様なので、各部説明は割愛します。

試着画像です。
e0343648_18061208.jpg
まずはシェルのみの個体から。細めのLevi's501にジョージブーツで英国的コーディネート。
次にフルセットで。
e0343648_18072749.jpg
e0343648_18084289.jpg
シェルのみの個体の実寸で、肩幅57cm、身幅63cm、袖丈64cm、前身頃94cm、後ろ身頃103cm。178cm、70kgの試着です。
実寸値だけ見るととんでもなく大きいですが、元々が装備の一番上に重ね着をすることを前提に作られているので、あくまで参考値として捉えてください。身長が170cm以上ある方がモッズコート然とした大きいシルエットで肩を落としたコーディネートを作るにはベストなサイズ感だと思います。

最後にモッズコートの「モッズ」に触れておこうと思います。
モッズ、つまりModernsは1950年代後半から60年代にかけて英国の若者を中心に起こったムーブメント。
旧来の価値観を否定し、ベスパやランブレッタといったスクーターに跨り、お洒落に仕立てたスーツを着て、髪型から爪先にまでこだわり、R&Bやソウルを聴き、何もかもをスタイリッシュにアップデートし、自らを「モッズ」と呼んだ彼らが着たのが、アメリカ軍放出品だったM-51パーカでした。
e0343648_18413684.jpg
フード一体型のM-51を着ています。胸にはU.S.ARMYのインシグニア。
e0343648_18480070.jpg
こちらはコヨーテファーと呼ばれる獣毛のファーが確認できます。
以上二葉は洋書"MODS!"からの引用。オリジナルモッズ達の姿を確認できる貴重な資料です。

そして、M-51を始めとするモッズ文化を体験できる超お勧めの映画がこちら。
e0343648_18532002.jpg
source IMDb

1979年の名作、「さらば青春の光」。原題"QUADROPHENIA"。
THE WHOがロジャー、ピート、ジョン、そしてキースのそれぞれの人格をテーマに作ったロックオペラアルバム「四重人格」に基づいて作られたモッズリバイバル映画!モッズコートはもちろん、彼らが501をどうやって履いていたか、伝説のTV番組RSG!や、ブライトンビーチの決闘を120分で追体験できる素晴らしい映画です。まだの方は是非。私は大学生の頃に出会って今まで100回は観ました。
モッズコートのルーツは今流行りのバンドでもなければ、踊る刑事ドラマでもなく、スウィンギング・ロンドン前夜のイギリスにあったということを記して、本日の商品紹介を終わりとさせていただきます。

BUTTON UP clothing
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2017-01-27 19:45 | アメリカ古着 | Comments(0)


<< French HBT work...      Japanned T-bar ... >>