2017年 06月 10日

70's U.S.N. service shoes

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

毎日、嫌なニュースが多いですね。


さて、本日の商品紹介です!

70's U.S.N. service shoes ¥9,800 (税込 ¥10,584)
e0343648_21363831.jpg
70年代に製造されたUSネイビーのサービスシューズです。ウェブストアには掲載済みです。表記サイズは8、使用感はあるものの着用の支障になるようなダメージはなく、まだまだ履いていただける状態です。
e0343648_21380731.jpg
レザーはガラスレザー。アッパーには傷がなく状態も比較的良いので、基本のメンテナンスでこの通りピカピカです。
60年代までのものに比べると、アイレットは6つから5つに、羽根のステッチも省略されています。
e0343648_21441780.jpg
ヒールも減りは少なく、良い状態です。
e0343648_21445869.jpg
こだわる人も多いでしょう。レザーソール。80年代には合成ゴムのラバーソールに変更になり、これがレザーソールの最終期。ラバーソールは雨、雪も気にせずに履けるので、ストレスフリー。対してレザーソールはやはり気を使います。もちろん古靴らしい履き心地やルックスは魅力です。それぞれに良さがある、という事でしょう。
e0343648_21520987.jpg
コントラクターはGENESCO社。1924年にテネシー州、ナッシュビルでJames Franklin Jarmanによって創業されたJarman Shoe Companyが前身、30年代にGeneral Shoe Company、59年にGenescoに社名変更。以降、2002年にナッシュビルの工場閉鎖と共にシューメーカーとしての幕を閉じるまで続いた名門メーカー。
会計年度は1977年。
e0343648_22241833.jpg
インソールはそれなりに使用感、汚れなどあり。

では、着用画像です。
e0343648_22250737.jpg
e0343648_22263338.jpg
アウトソール実寸で全長30cm、幅11cm。普段8 1/2、26.5の靴を履く私でジャストで履けました。表記&見た感じ小さいかな?と思ったのですが、履いてみると実に良いシルエットです。程よいボリュームで、太いパンツとの相性最高です。

インソールの状態考慮でお安めに?設定したつもりですので、レザーソールで気負わず履けるサービスシューズをお探しの方にはオススメです!

是非、ご覧ください!
宜しくお願い致します。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2017-06-10 22:32 | アメリカ古着 | Comments(0)


<< 90's "...      Ladies denim ov... >>