2017年 06月 12日

90's "SONORA" engineer boots

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです!

先週、遅まきながら今期のトライアンフ生活を開始。
オイル交換後、始動。いきなり絶好調です。
4年目にしてノントラブルのサンダーバードをOHしてくださったのはおなじみトラヴィスサイクルズ様
先日、当店の看板バイクと同じ1950年6Tサンダーバードを英国から買い付けたとのこと!
英車のある素敵生活を始めたい方、ジョニーになりたい方はこの機会に是非。
東名高速の衝突事故や身の回りでも事故の話がちらほら。
今年も安全運転、安全第一で英車ライフを楽しみたいと思います。

さて、本日の商品紹介はバイクに乗るとやはり気になるアイテム。

90's "SONORA" engineer boots ¥19,800 (税込 ¥21,384)
e0343648_22002458.jpg
90年代に製造されたDouble-H Boots社のブランド、"SONORA"のエンジニアブーツです。表記サイズは9E、おそらく数回履きのミントコンディションです。
e0343648_22025172.jpg
シャフトの表記。サイズ9E、かすれていますが、PT91のスタンプ。ということで、スチールトゥです。
Double-H Boots社は1955年、ペンシルバニア州リッチランドで創業、H.H.Brown Shoe Companyに買収され、現在もその傘下の様です。H.H.Brown Shoe社のオフィシャルHPではDouble-H Bootsの名が確認できます。が、SONORAブランドは現在ではラインナップされていません。ちなみにCAROLINAは兄弟ブランド。ブランドの黎明期においてはセールスマンを共有していたとのこと。どうりで両社のエンジニアブーツ、そっくりな訳です。ウレタンソールはじめ共用のパーツも多いです。
e0343648_22142634.jpg
インソール。とても綺麗で、履いていた様な印象は受けません。
e0343648_22151604.jpg
アッパー、シャフトには履き皺も少なく、これから自分の足に馴染ませていけるでしょう。
e0343648_22163498.jpg
ヒール側もなかなかシュッとした良いルックス。個人的にソールは断然黒一色派です。
e0343648_22171572.jpg
ソールもこの通り。
e0343648_22203352.jpg
つま先にちょっとした擦り傷はありますが、全く問題にはならないでしょう。

さて、着用画像です。
e0343648_22212110.jpg
e0343648_22213616.jpg
アウトソール全長約30.5cm、幅最大11cm。普段8 1/2(26.5cm)を履く私が厚手のソックスを履いていても気持ち余裕のあるフィット感。中敷きを一枚入れればジャストという印象です。

縄タグチペワを始めとするヴィンテージエンジニアは最高に素敵ですが、価格とコンディションのバランスが非常に難しい。そしてハードに使用されるエンジニアブーツ、ステッチや革が瀕死で履いているうちに壊れてくるケースも少なくない。
また、フットチェンジのバイクに乗る方にはアッパーの酷使も気になるところ。
その点、このSONORAは実用性が高い。高いクオリティと気軽に手が届く価格。
Red Wind、Wescoなど有名メーカーとは一味違うマイナーブランド、しかし品質は確かな素敵な一足です。
革質ももちろん良く、ミントコンディション。長く付き合っていけるエンジニアブーツ。この機会に是非!

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2017-06-12 22:37 | アメリカ古着 | Comments(0)


<< 40's U.S.N....      70's U.S.N.... >>