2017年 06月 24日

50's Pay Day denim chore jacket

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

(今日も)スローな弘前です涙

ということで、元気を出して本日の商品紹介です。

50's Pay Day denim chore jacket ¥29,800 (税込 ¥32,184)
e0343648_19034971.jpg
50年代に製造されたペニーズのブランド、PAY DAYのデニムカバーオールです。サイズ表記は残っていませんが、40ないし42程度。見ての通り、インディゴが残る濃紺コンディション。
e0343648_19183993.jpg
タグ。主に40年代に使われたエンブレムタグというやつです。右胸ポケットのフラップを示す直前まであった、SAFE "T" FLAPの表記はその存在が十分に浸透したという事でキャンセルされたのでしょう。ということで、このカバーオールも40年代製の可能性もありますが、台襟が省略されていたり、全体的な印象から50年代まで、という判断をしております。とは言え、WW2期に製造されたもので既に台襟がキャンセルされているものもあるという事で、40年代製なのかもしれません。という事で当店のジャッジとしては40年代から50年代初頭製造という事で。いつも申し上げる通り、この辺の年代は決定的な要素ではないと思いますので。
PAY DAY=給料日。ブルーカラーの為のブランドという感じが実に粋な、JCペニーのプライベートブランドの中でもBIG MACと並んでメジャーなブランドです。
e0343648_19313228.jpg
ペイデイのカバーオールといえば、ラグランスリーブ。そしてWW2には物資統制を受けて4つだったフロントボタンも5つに戻っています。が、
e0343648_19335930.jpg
フロントボタンの一番下が欠損です。結構Aラインの強い個体なので、ここは閉めなくても着用時の影響は少ないとも思いますが、大きなキズかと思い価格に反映させています。
e0343648_19405011.jpg
ただ、その他は襟も色落ちがさほど見られず着込まれた、という印象は受けません。
e0343648_19423336.jpg
台襟なしで身頃に直接襟が付けられる仕様。台襟が有ればチンストの頃の名残を感じられてもう一発グレードが上がるんですけどね。
e0343648_19432872.jpg
唯一、両袖には目立った色落ちが見られますが、もちろん雰囲気を損なうようなものではないです。リアルワークウエアといった表情。

実寸は裄丈85cm、身幅61cm、着丈82cm。着画は撮っていないのですが、178cm、70kgがTシャツ一枚で試着した感じでは、大きいけれど無しではない、位の着用感でした。さすがに袖は長かったですが、上までボタンを閉めて大きめで着るスタイルなら有りです。身長185cm以上、ないし体格の良い方であればバッチリなサイズです。
インディゴ濃いめで、ダメージ考慮した価格ですので、サイズが合う方は是非!

全国送料、代引き手数料無料でご利用いただけます。
お気軽にお問い合わせください!

それでは、よろしくお願いいたします。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2017-06-24 19:53 | アメリカ古着 | Comments(0)


<< 60's Ten-Tw...      NOS 60's Mc... >>