2017年 12月 13日

40's U.S.N. 10buttons pea-coat

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

いよいよ本格的な冬到来です。
昨日今日と最高気温もマイナス。

本気のアウターが活躍する時期、ということで、毎年紹介してますが今日はこちら。
40's U.S.N. pea-coat ¥24,800 (税込 ¥26,784)
e0343648_18403515.jpg
40年代に製造されたUSネイビーのPコートです。サイズ表記はなく、38程度の着用感です。多少のダメージ箇所はありますが、
つきもののウールの虫食いも無く、良好な状態です。
e0343648_18415030.jpg
背中。全体通して一見して目立つ虫食いやダメージはありません。
e0343648_18430231.jpg
画像だと分かりにくいですが、ウールメルトンの質が良い個体です。
e0343648_18440544.jpg
もちろんチンストラップも残ってます。買い付け時、これが欠品してるのは仕入れません。
e0343648_18453356.jpg
ポケット内部はコーデュロイ。綺麗な状態です。
e0343648_18461377.jpg
タグはNAVAL CLOTHING FACTORYです。ライナーには若干ステンシルも入ってます。
e0343648_18471688.jpg
ライナー、襟元に日焼けと若干の小穴あり。また、ウールメルトンにも小穴がありますが、目立つものではないかと思います。
e0343648_18490944.jpg
アームホール部分のライニングに一部ほつれあり。全体通してダメージらしいダメージはこれ位です。
実寸は肩幅47cm、身幅49cm、着丈78cm、袖丈62cm。178cm、70kgがセーターの上からでジャストで着れました。
シルエットも細身で綺麗な個体です。

個人的に好きで当ブログでも何度もご紹介している10ボタンPコート。梱包時の段ボールが
あっという間にパンパンになってしまう送料のかかるアイテムではありますが、価格とコンディションが折り合えば
ついつい仕入れてきてしまいます。ということで今冬は、
e0343648_18503933.jpg
40'sの10ボタンだけで数着あります(¥16,800税抜〜)。サイズは36から38という感じです。
今なら選べますので、お探しの方は是非。

通販もご利用いただけます!
お気軽にお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

# by buttonupclothing | 2017-12-13 19:10 | アメリカ古着 | Comments(0)
2017年 12月 09日

50's U.S.A.F. B-15D

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

12月9日(現地時間12月8日)は、自分にとってのヒーローの37回目の命日。
昨日今日と聞き倒しました、JOHN LENNON。
e0343648_21440356.jpg
6年前に初めて訪れたダコタハウス前。起こってはならないことが起こってしまったその場所。
隣のセントラルパークとダコタハウス、何度訪れても特別な場所です。

ジョンの命日とミリタリーウエア、相性良いのか悪いのかわかりませんが、
本日の商品紹介はこちら。

50's U.S.A.F. B-15D flight jacket ¥59,800 (税込 ¥64,584)
e0343648_22095617.jpg
50年代に製造されたU.S.A.F.(アメリカ空軍)のフライトジャケットB-15Dです。表記サイズは40。リブのダメージなどありますが、全体的には状態良好です。
WW2期から続いたフライトジャケットB-15シリーズの最終モデル。1953年から54年の極めて短い期間にのみ製造された現存数も少ないフライトジャケットです。
e0343648_22162173.jpg
タグ。JACKET, FLYING, INTERMEDIATE、中間域(ー10℃から+10℃)用のフライトジャケット。
TYPE B-15D、ミルスペックはMIL-J-6251B。
納入業者はROLEN SPORTSWEAR社。B-15Dは現存する個体の大多数が同社の納入分、何か訳あって独占に近い形で納入していたのでしょうか。
e0343648_22364644.jpg
セージグリーンのナイロンのシェル。エアフォースのインシグニア、うっすらと残っています。
e0343648_22385449.jpg
B-15Dが最後となるフライトジャケットのボア襟。もともと飛行中の防寒性を高める為に採用されたディティールですが、ハードシェルのフライングヘルメットが採用される様になり、干渉し合うことから、このモデルを以って廃止。ボア襟をニットリブに付け替えたB-15Dモディファイドを経てお馴染みMA-1と続いていく訳です。この個体も襟ボアはチンスト含め非常に良い状態です。
e0343648_22592533.jpg
e0343648_23000600.jpg
ジッパーはメインがクラウン、左腕のペンポケットがコンマー。
e0343648_23015319.jpg
右袖口リブ
e0343648_23020745.jpg
左袖口
e0343648_23022285.jpg
裾リブ、それぞれダメージがありますが、ひどいものではなく、補修も十分に可能な程度です。
e0343648_23041866.jpg
シェルにはちょっとした小穴などありますが、総じて悪くない程度だと思います。
e0343648_23050134.jpg
ハンドウォーマー内部
e0343648_23051647.jpg
内ポケット内部とも汚れなどなく、程度の良さが伺える部分です。
e0343648_23061082.jpg
内側も汚れ、ダメージはなし。
e0343648_23063273.jpg
背面もダメージなし。

実寸は肩幅50cm、身幅58cm、着丈60cm、袖丈60cm。中綿の厚みがあるので、着用感は数値よりも小さい印象です。
ここのところ盛り上がっているMA-1スタイルのジャケット、その由来となったB-15シリーズ。
その最終モデルであるB-15D、ムートンの襟がやはり格別。
この機会にいかがでしょう。

通販もご利用いただけます。
お問い合わせはお気軽にどうぞ!
よろしくお願いいたします。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

# by buttonupclothing | 2017-12-09 23:19 | アメリカ古着 | Comments(0)
2017年 12月 06日

50's Borsalino "SAVOY" hat

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

早速、本日の商品紹介です。

50's Borsalino "SAVOY" hat ¥39,800 (税込 ¥42,984)
e0343648_21595547.jpg
50年代後半に製造されたボルサリーノの「SAVOY」です。色はグレー、表記サイズは7 3/8。使用感、多少の汚れがありますが、年代や用途を考えても十分に良い状態です。
e0343648_22011033.jpg
この垂直に立ち上がるクラウン、2インチ強幅のブリム、やはりこの年代のボルサリーノ。現行のハットでは到底なし得ない圧倒的な存在感があります。素材はおそらくラビットファーフェルト。びっくりする位に軽量です。
e0343648_22041473.jpg
内側。シルクの裏地には多少のシミなどありますが、全体に非常に良い状態です。
e0343648_22051823.jpg
ロゴはイタリア語表記。通常、アメリカ市場向けに作られたものは英語表記ですので、なんらかの理由で現地仕様の裏地を使ったのでしょう。
e0343648_22084560.jpg
サイズタグも布製。50年代後半から使われていた布製サイズタグ。つまりボルサリーノの黄金期の証でもあります。
e0343648_22170240.jpg
スベリの刻印。貫禄あるボルサリーノのブランド名の横にはORIGINAL HOUSEの文字。そして前側にはSAVOYのモデル名。

今日の着用画像は遊びに来てくれた友人に依頼。
e0343648_21585586.jpg
当たり前ですが(?)、格好良すぎます。ボルサといえばイタリアということもあり「GOD FATHER」で俳優たちが被ったハットもボルサリーノでしたが、まさにその雰囲気。
今回ご紹介の個体は7 3/8。大きめサイズをお探しの方が多いハットとしてはゴールデンサイズ。60cmくらいまでは対応できます。しかもコンディション良好。
お探しの方、是非この機会に。

是非、ご覧ください!
宜しくお願い致します。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

# by buttonupclothing | 2017-12-06 22:36 | ヨーロッパ古着 | Comments(0)
2017年 11月 30日

60's Levi's 518 big-E cotton twill pants

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

今回の暴行問題に関して再認識したのは、マスコミの偏向報道体質。レベル低過ぎです。
自分が観なきゃ良いだけの話ですが。
あんなのでも需要あるのでしょうね。

モヤモヤしか残らない幕引きでしたので、本日はスカッとするような(?)ヴィンテージを紹介です。

60's Levi's 518 big-E cotton twill pants ¥19,800 (税込 ¥21,384) SOLD! ありがとうございます!
e0343648_17410006.jpg
60年代に製造されたリーバイスの518のカツラギモデル、使用感多少ありですが、ダメージ皆無。およそウエスト31インチ、レングス30.5インチとサイズもゴールデン。色はカーキと条件の揃った良い一本です!
e0343648_17440984.jpg
白タブ。ビッグEです!この時代の518は当然コットン100%ですので、履き込んだ際の変化も楽しみです。すでに擦れやすい部分は良い表情をしてます。
e0343648_17474151.jpg
518ですので、コインポケットあり、ベルトループは7本です。
e0343648_17495225.jpg
ジッパーは42タロン
e0343648_17501504.jpg
トップボタン裏刻印はMです。
e0343648_17504035.jpg
レングスもオリジナルです。と、ここまで紹介して触れておくべきダメージは一切ありません。
e0343648_17511618.jpg
e0343648_17515232.jpg
シルエットはコーデュロイが代表的な519、コインポケットを装備した518共通のスリムストレート。
サイズがバッチリ合ったものを履けば足長にも見える、実にカッコ良いシルエットです。

マイサイズでしたので、着用画像も。
e0343648_18102172.jpg
e0343648_18115486.jpg
実寸でウエスト78cm、股下76cm、全長104cm、裾幅19cm。
178cm、70kgの試着です。私物であるかのようにサイズピッタリです。売りたくない位です笑

60年代の518、ビッグE、カツラギモデル。この時代の生地の質感、やはり現行とは全く違います!
コンディション良好、デッドストックではないので、気負わずガンガン履ける一本です。
サイズの合う方、この機会に是非!

通販もご利用いただけます。
お気軽にお問い合わせください!
よろしくお願いいたします。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

# by buttonupclothing | 2017-11-30 18:29 | アメリカ古着 | Comments(0)
2017年 11月 27日

50's BEACON Blankets gown

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

昨日千秋楽だった九州場所。
かなり白けた場所だったと思うのですが、素晴らしかったのは本県出身安美錦。
大怪我から再入幕、千秋楽で勝ち越しを決めた昨日のインタビューは本当に格好良かった。
いつもニコニコおちゃらけている姿が印象的だけど、昨日は男泣き。
本当に相撲を取るのが好きなんだな、と伝わりましたね。
青森県出身力士で現役最年長、これからもできる限り長く現役で頑張って欲しい!
30過ぎてから相撲が好きでして、両国で相撲観戦するのが夢です。

では、本日の商品紹介です。
50's BEACON Blankets gown ¥9,800 (税込 ¥10,584)
e0343648_19350394.jpg
〜50年代に製造されたビーコンブランケットのガウンです。サイズ表記などは無し。ボタン、ロープの欠品などありますが、生地自体は良好、まだまだ着用可能なコンディションです。

もともと北部マサチューセッツ州ベッドフォードで繊維の再紡績からスタートしたビーコン社、創業は1905年とされています。間もなくして安価な労働力と広がる綿花畑を求めて南部ノースカロライナ州スワンナノアに移転、この時点で世界最大の生産量を誇るブランケットメーカーだったようです。一貫してコットンブランケットの生産を続け、戦後にはレーヨン混のブランケットの生産を始めます。今回ご紹介するのもアセテートコットンのもの。ただし、ビーコンのブランケットが圧倒的に素晴らしかったのは、世界大戦以前、オンブレテキスタイルを作っていた頃で、その頃のアイテムは別格に美しいです。残念ながら今、手元には無いので、いつか買い付けた暁には改めてご紹介いたします。
e0343648_19362164.jpg
e0343648_19364183.jpg
パッと見、もう少し古い年代の物にも感じる金タグ。この感覚は当ブログをご覧くださっている方ならお分かりのジャパンカラーからの流れです。GENUINE Beacon FABRIC ESTRON ACETATEの文言。サイズタグ?も元々はあったようですが、擦り切れてしまっています。
e0343648_19402993.jpg
ショールカラーで襟と
e0343648_19412400.jpg
カフス
e0343648_19415754.jpg
右だけに備わるポケットの口にパイピング。ポケット口にちょっとしたダメージがあります。
e0343648_19425150.jpg
メンズの合わせです。ボタンは残念ながら欠品。ピンなどで止めてコーディネートしていただいても良いでしょう。
ビーコンのブランケット、優秀なのはこの質感でコットンだということです。ウールよりずっとイージーケアです。
当時競合関係にあったペンドルトンなど、ウールブランケットを手掛けるメーカーに対しての差別化戦略だったのかもしれません。
e0343648_19440317.jpg
e0343648_19444156.jpg
パイピングと同色のベルトが元々備わっていたはずですが、残念ながら欠品しています。

着丈で約120cm、袖丈で約60cmあります。ガウンですので、男女問わず着ていただけます。
かなりクセの強いアイテムではありますが、自分のスタイルをお持ちの方に伊達着として着ていただきたい一枚。

100年近くに渡ってコットンブランケットの生産を続け、最大で2,000人の地元の労働力を雇用し、地域の中心だったビーコン社も、2002年には工場の操業停止、翌年には操業停止中の工場火災、2007年には倒産します。
製造業が地元の雇用を創出し、地域皆が関わり、街の経済を支える、そんな社会のあり方が米国はもちろん、かつては世界中の至るところにあったのではないでしょうか。ビーコンブランケット、その意味においても「古き良きアメリカ」の匂いを残すアイテムだと思います。

通販もご利用いただけます!
お気軽にお問い合わせください。
宜しくお願いいたします。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

# by buttonupclothing | 2017-11-27 20:11 | アメリカ古着 | Comments(0)