カテゴリ:アメリカ古着( 87 )


2017年 05月 24日

NOS WW2 U.S.N. service shoes

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです!

早速、本日の商品紹介です。

NOS WW2 U.S.N. service shoes ¥57,800 (税込 ¥62,424) SOLD! ありがとうございます!
e0343648_21400079.jpg
40年代、WW2に製造されたU.S.N.、USネイビーのサービスシューズです。デッドストックでのご紹介です!
表記サイズは10/2、日本サイズで28.5cm程度です。
e0343648_21405093.jpg
サイズ刻印10 1/2 F、コントラクターはミルウォーキー発祥のシューブランド、NUNN BUSH.。現在はフォローシェイム有するWeycoグループ傘下のシューブランド。およそ60年代頃まではニューイングランド地方のシューメーカーに劣らない素晴らしい物作りをしていたメーカーです。コントラクトナンバーはNXSX 84829。当ブログでも度々言及しておりますが、NXSXはNがNaval(=海軍の)、続くXSと最後のXが共にSupplies and Accounts(=供給と会計)ということで、海軍の装備品に割り振られた記号です。その後に続く5桁の数字でおおよその納入(製造)時期が推測できます。84829は1944年10月から11月頃の製造の様です。
ここ数年で以前にも増して評価の高まっているWW2期のもので間違いありません。
e0343648_22081436.jpg
少し掠れ気味ではありますが、J.J.O'CONNOR USNのスタンプ。持ち主はアイリッシュの方だった様です。
e0343648_22103924.jpg
さてさて、肝心の靴そのもののご紹介です。この素晴らしいシルエット。そして革質。当時の名だたるシューメーカーが生産を請け負っていた訳で、作りが優れているのはもちろんなのですが、現在の大衆靴では望むべくもない作りの良さが他では得難い魅力だと思います。使用されているのはおそらくカーフ(生後6ヶ月以内の子牛から作られた革)。70年以上を経て尚、キメの細かい革質です。柔らかく、履き込んだ際の足馴染みが良いであろうことは疑うべくもありません。良い靴は一生もの、ということが真理であることの証明の一例がここにあります。
60年代以降はガラスレザーに。軍隊の任務中に装用する、ということを考えるとガラスレザーの方が理にかなっているし、気負わずにガンガン履けるという良さはありますが、カーフレザーの生きている様な瑞々しさは大きな魅力です。
e0343648_22231940.jpg
T字バック。50年代まで見られる仕様です。
e0343648_22254809.jpg
美しいコバとトゥのフォルム。
e0343648_22280311.jpg
60年代までのディティール、羽根のステッチ。このピッチの細やかさ、古靴ならではですね。
e0343648_22292357.jpg
ヒールはGOODRICH製のものが備わり、ソールにはインスペクターの氏名の刻印入り。
そして、このえぐれたアーチ部分。後年のものとは一線を画すセクシーなライン。いわゆるマンソンラストというやつですね。様々な足から収集した足型のデータを元に作られたラスト、サイズがバッチリ合えば素晴らしい履き心地をもたらしてくれる、という謳い文句はよく喧伝されるところ。

アウトソール実寸は全長約32cm、幅最大部で約11cm。
サイズが合う方、是非ご検討ください。

人気アイテムであるサービスシューズですが、40年代のNXSXコントラクトのデッドストックは本当に希少です。既にある程度アメリカでの出どころも決まってしまっていて、ラッキーで巡り会う様なものではない様です。価格も高騰することはあっても、下がることはないと思います。私もいつかはマイサイズを、と思っているのですがまず巡り合わないし、将来的に国内で定価で買うということになってしまうのでしょう涙 仕入れたらまずお客様に、ですし。煽り文句の様になってしまい恐縮ですが、次回の入荷は本当にお約束できません。ということで、確かに安い買い物ではないのですが、お探しでサイズの合う方には一生ものとして、是非ゲットしていただきたい一足です!

では、宜しくお願い致します。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2017-05-24 22:56 | アメリカ古着 | Comments(0)
2017年 05月 22日

Old Tee-shirts

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです!

本日もTシャツをご紹介いたします。

まずはインスタグラムでも紹介したこちらから。

70's Champion T-shirt "OHIO STATE BUCKEYES" ¥4,800 (税込 ¥5,184)
e0343648_22203325.jpg
70年代、チャンピオンのボディにオハイオ州立大学のアメフト部のラバープリント。表記サイズはL。赤いボディがサーモンピンクになる程の退色、穴あき有のAS ISコンディションです。
e0343648_22311224.jpg
タグ。ブルーバータグ。材質はコットン100%。
e0343648_22315461.jpg
このカラーリング、正式な名称は同校のスクールカラーであるスカーレットにグレーでしょう。ラバープリントの周りは生地の縮みでパッカリングがすごいです。
e0343648_22354300.jpg
内側はこの通り、表とのコントラストがすごい。
e0343648_22364703.jpg
ちょっとした小穴
e0343648_22370871.jpg
裾近くに生地の破れ箇所。

酷使されダメージの多い個体ですが、昨日紹介した通りヤレにヤレたヴィンテージを上手に取り入れる、これはスタイルを持った人にのみ可能な上級技。ピンときた方に是非。
実寸は肩幅43.5cm、身幅48cm、着丈64cm、袖丈14.5cm。

続いて

70's HANES T-shirt "L.A. RAMS" ¥6,800 (税込 ¥7,344)
e0343648_22451470.jpg
こちらも70年代、ボディはヘインズ。NFLチームのロサンゼルスラムズのプリント。表記サイズはL。汚れありですが、生地自体の状態は良好です。
e0343648_22475043.jpg
タグ。70年代から80年代に使われたフラッグタグの赤。材質は100%コットン。薄手で柔らかい、かなりこなれた質感です。
e0343648_22484501.jpg
ミリタリーにも通じる無骨なブロック体。オフィシャルなのかプライベートなものなのかわかりませんが、センスの良いラバープリント。
e0343648_22504915.jpg
こんな感じで汚れが点在、黄ばみなどありますが、生地自体は状態良好です。ツラの良いTシャツかと思います。

実寸は肩幅50cm、身幅49cm、着丈56cm、袖丈14.5cm。

続いて

NOS 80's Third Street ringer T-shirt ¥5,800 (税込 ¥6,264)
e0343648_22571809.jpg
80年代、ミズーリ州オザークで創業のThird Street Sportswear社のチョコチン付きのリンガーTシャツです。デッドストック。表記サイズはL。
e0343648_23070649.jpg
e0343648_23082399.jpg
タグ。当時のプライスタグも残っています。ポイントはバンダナで良く目にするCRAFTED WITH PRIDE IN U.S.A.の文言でしょう。
昨日のブログでも触れたアメリカの製造業の海外への流出。国内産業の空洞化、それによって増大の一途を辿る貿易赤字の抑制を目的として、1984年にアメリカ国内での製造業の復興を目的として様々な業種、組合が共に立ち上げたキャンペーン。
とはいえ、製造業の流出には歯止めが効かず、アメリカの製造業は現在においても危機に瀕していることは皆さまご存知の通り。
加速的に製造業流出が進んだ90年代初頭までの商品に見られるこのマーク、アメリカ製造業のしがない抵抗だったと言う事も出来ます。
このThird Street Sportswear社、創業より一貫してアメリカ製を堅持しているブランド、子供服からオーダーまで幅広い商品を生産しているようです。
e0343648_23262500.jpg
オートミールのボディ。バインダーネックにチョコチン。縫製含め良い雰囲気です。
e0343648_23283732.jpg
ペンシルベニア州のラファイエットカレッジのラバープリント。スクールカラーのマルーンとグレー。本来はマルーンとホワイトとのこと、グレーはボディの色との兼ね合いでしょうか。
実寸は肩幅45cm、身幅55cm、着丈83cm、袖丈23cm。

もう一品。

BAYSIDE T-shirt "U.S.N." ¥3,800 (税込 ¥4,104)
e0343648_23340521.jpg
ボディはヴィンテージではなく近年もの。ミリタリープリントをよく見かけるBAYSIDEブランドのもの。ただナイスプリント。表記サイズはL。目立つダメージのない良好な状態です。
e0343648_23361344.jpg
タグで、MADE IN AMERICAの文字が確認できますが、
e0343648_23371820.jpg
もう一枚のタグには笑ってしまう程の国産アピール笑

「合衆国内で栽培され、収穫されたコットンを使い
 合衆国内で糸を紡ぎ
 合衆国内で編まれた生地を使い
 合衆国内で生地を染め
 合衆国内で縫製し
 合衆国内で生産された プリシュランクコットン100%」

冗長です笑 ミリタリープリントという事も相まって何となく醸し出される国粋主義的なテイスト。
この手のアピールはどうも滑稽に見えてしまうそしりがあるというか何というか笑 クラフトマンシップが失われてしまった今の米国だから尚更です。時の大統領が就任演説で「BUY AMERICAN HIRE AMERICAN」なんて言ってましたが、当の本人の名を冠したブランドが中国製ですからね、締まりがない。脱線しました。
e0343648_23453373.jpg
近年ものですので、各部ステッチはダブルになってます。
e0343648_23535900.jpg
ボディは新しいものの、良いカラーリング、プリントの一枚かと!
実寸は肩幅54cm、身幅55cm、着丈70cm、袖丈20cm。
お手頃価格ですので、この夏のTシャツワードローブに加えてください!

以上、ご紹介した商品はもちろん通販も承ります!
お気軽にお電話、メールにてお問い合わせください。
宜しくお願い致します。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2017-05-22 23:59 | アメリカ古着 | Comments(0)
2017年 05月 21日

Old pocket T-shirts

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです!

また間が空いてしましましたが、ブログ更新です。
ここ数日、真夏の様な暑さですね。
ということで、本格的にシーズンに入ったTシャツをご紹介。
いいやつ揃ってます。

まずは、

90's Fruit of the Loom pocket Tee-shirt ¥4,800 (税込 ¥5,184)
e0343648_20353841.jpg
90年代に製造されたフルーツオブザルームのポケットT。表記サイズは42-44、画像から分かる通り、胸周りに色褪せがあり、前身頃に小穴が点在していますが、存在感のある一枚です。
e0343648_20371874.jpg
タグ。プリシュリンクのコットン100%、表記内容から読み取れるのはアメリカ製の部材を用いてドミニカ国内で縫製したということ。90年代中頃からホンジュラスに続いてアメリカ製品の「工場」となったドミニカ共和国。以後、アジアの工場が台頭するまで、カリブ周辺の国々がアメリカンブランドの生産を担う時代がつづきます。。。
e0343648_20425912.jpg
ポケットはもちろん耳付き。古着のポケTを着る上で外せないポイント。
e0343648_20435081.jpg
年代が若いものの、ブラックで耳付きポケットの無地T、それだけでも良い個性なのですが、この一枚を特徴づけるのはこの色落ち!新品のTシャツでここまで雰囲気のある色落ちはそうそう作れないはず。古着ならではの表情です。
e0343648_21093756.jpg
前身頃に小穴が点在。フェードと小穴、屋外作業で着用されていたのかな、などと想像してしまいます。
炭鉱夫達の履いたデニムに残った痕跡の全てが、その往時を今に伝えるのと同じ様に、こうしたヤレた古着の姿には美しさがある、と思います。昨年の夏にもTシャツを紹介する際に、アメリカのディーラー達が着るヤれにヤれたTシャツが様になっていると書いた記憶がありますが、この様なTシャツを目の当たりにすると、その思いを強くします。

実寸で肩幅44.5cm、身幅48.5cm、着丈72cm、袖丈20.5cmです。
続いて、

70's J.C.Penney pocket Tee-shirt ¥5,800 (税込 ¥6,264)
e0343648_21204381.jpg
こちらは70年代、JCペニーズ。表記サイズは46-48、XL。身頃に色褪せ箇所、多少の使用感はありますが、着用の支障にならない程度、全体的には良い状態です。
e0343648_21252878.jpg
タグ。素材はコットン100%。
e0343648_21260602.jpg
もちろん耳付きポケット。
e0343648_21263262.jpg
ちょっとした色落ち箇所があります。
e0343648_21270575.jpg
袖口、裾はシングルステッチ。実際の色味はこの写真が一番近いです。エンジの様な、フェードレッドの様な、濃いピンクの様な色です。
実寸は肩幅48cm、身幅51.5cm、着丈78cm、袖丈21.5cm。大柄な方に、もしくはビッグサイズで着たい方に。
続いて、

70's B.V.D. pocket Tee-shirt ¥4,800 (税込 ¥5,184)
e0343648_21325089.jpg
こちらは70年代のB.V.D.。表記サイズは46-48のXL。状態は1箇所小穴ありですが、目立つ傷のない良好な状態です。
e0343648_21343289.jpg
タグ。材質はコットン94%、ポリ6%の混紡。
e0343648_21352529.jpg
もちろん、ポケットは耳付き。
e0343648_21362773.jpg
ポケットの上に小穴。全体通して特筆すべきダメージはここのみです。
e0343648_21372069.jpg
こちらも袖口、裾などシングルステッチ。
実寸は肩幅47cm、身幅50cm、着丈84cm、袖丈21cm。結構大きいですが、大きめを着たい方には良いサイズではないかと。

最後はこちら。

80's Calvin Klein plain Tee-shirt ¥5,800 (税込 ¥6,264)
e0343648_21450734.jpg
80年代、カルバンクライン。こちらはポケットの付かない無地Tシャツ。表記サイズは42-44のL。ダメージのない良好なコンディションです!
e0343648_21461706.jpg
タグ。コットン100%、ちゃんとアメリカ製です。
e0343648_21470408.jpg
画像で伝わりますでしょうか。この独特の質感。所々に点々のある、ネップが混ざった様な表情。そして、伸縮性があって、モッチリした質感なんです。今まで、数回見たことがあるのですが、これは名品Tシャツだと思います。
e0343648_21492198.jpg
こちらもシングルステッチ。アメリカのアパレル創生を支えたブランドらが生産拠点を移す頃になると、例外もありますが、ダブルステッチが多くなる、故にここにこだわる方も多いはず。
e0343648_21535551.jpg
1箇所、袖口にステッチ解けあり。このままでも問題ありませんが、リペアご希望の際はお申し付けください。
実寸は肩幅45cm、身幅47.5cm、着丈65cm、袖丈15.5cm。M程度、良いサイズです。

アメリカンヴィンテージに限って言えば、時代はチャンピオン全盛。グレーの無地Tなんて高騰激しいですが、揃って右倣えなのが我が国日本。もちろんヴィンテージチャンピオン自体は素晴らしいのですが、ブランド名ではなく、個々のアイテムそのものをジャッジできる感性の持ち主が増えればと思います。しかし、もの自体の価値を見定めることができる方にはピンとくるTシャツだと思います。宜しくどうぞ。
他にも色々と良いTシャツが入荷しております。また本ブログでもご紹介いたしますので、宜しくお願いします。

本日紹介したうち、3点はウェブストアにも掲載いたしました!
ぜひご覧ください!
宜しくお願いいたします。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2017-05-21 22:06 | アメリカ古着 | Comments(0)
2017年 05月 13日

60’s Calco “U.S.N.” overalls (mint condition)

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです!

間が空いてしまいましたが、早速本日の商品紹介です!

60’s Calco “U.S.N.” overalls (mint condition) ¥19,800 (税込 ¥21,384)
e0343648_22333159.jpg
60年代に製造されたK.W.B.MFG社のブランド"Calco"のオールインワン、オーバーオールです。特に変哲のないツナギに見えますが、
e0343648_22425729.jpg
e0343648_22441655.jpg
背中にデカデカとステンシル!しかもUSネイビーもの。

内容はU.S. NAVY GOVERNMENT PROPERTY NARF ALAというもの。真ん中の生地が重なる部分で切れているので、一見して分かりにくいですが、最後の一行はNARF (Naval Air Rework Facilityの頭字語) ALAはサンフランシスコ・ベイエリアの都市、アラメダの頭文字です。
「USネイビー 官有物 海軍航空隊リワーク施設 アラメダ」こんな内容のステンシルです。
このNARF、第二次世界大戦中の1941年にAssembly & Repair Department (A&R)としてアラメダに設立され、大戦に投入された米戦闘機の数々を生産、修理していたそう。同年12月の日本軍による真珠湾攻撃の際には軍人、民間人合わせ2000人を雇用し、月あたり14台の戦闘機を修理していたそうです。その後、1945年までに従業員数は9000人まで増加。
e0343648_23200073.jpg
施設内部の写真です。

50年代には施設名称がOverhaul & Repair Departmentに変更。共産主義陣営との冷戦時代、新規戦闘機の建造よりは、既存戦闘機のメンテナンスが主たる施設機能になったのでしょうね。
そして、1967年4月、施設名称がNaval Air Rework Facilityと改められ、旧式戦闘機をより現代的なものにイノベーションする役割を担っていたとのこと。以後、1990年代に閉鎖になるまで海軍施設として稼働。

今回ご紹介のオールインワンはこのNARFのステンシルが入ることから1967年以降のものだと言うことが出来ます。
ストアコート、ダスターコート、オーバーオールなどが有名なLA発のメーカー、K.W.B.MFG社のもので、コントラクトNoなどは付いておらず、民生品のような印象ですが、官有物と言うステンシルがあることからも軍支給のものに間違いないでしょう。
1967年以降とそこまで古くはないのですが、いつも言うように洋服としてカッコ良いかどうかの方が単なる古さよりもっと大事です。
e0343648_23311814.jpg
タグ。Calcoは同社のブランド名。サイズ表記は46。材質はプリシュランクのコットン100%。オフホワイトのヘリンボーンツイルは着込むのが楽しみな素材です!
e0343648_23333837.jpg
ペン差しありの胸ポケット。ここのオーバーオール、バータックは青が多いです。
e0343648_23362936.jpg
e0343648_23351034.jpg
フロント、カフスともに社名入りのツープロングの打ち込みボタン。
e0343648_23364511.jpg
おそらくほぼほぼ未使用ながら、若干の薄汚れがあります。
買い付けた時点ではシワシワだったので、洗濯後、スチームを当てたのですが、生地がとても厚手で、未だシワシワです。
着込んでクタクタにするのも良し、パリッとさせて綺麗に着るのも良しです。
オフホワイトのヘリンボーンツイル、雰囲気ありますよ!

実寸はウエスト112cm、股下78cm、裾幅26.5cm、全長172cm。大きめですので、身長、体格の大きい方にも是非!
背中で語れるオーバーオールです。ガレージでの作業に着れば、気分は大盛り上がり間違いない一枚でしょう。
コンディション抜群ですので、永くご愛用いただきたい一着です。

是非、ご覧ください!
宜しくお願い致します。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2017-05-13 23:48 | アメリカ古着 | Comments(0)
2017年 05月 05日

Kid's vintage

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです!

連休もいよいよ終盤、今日はこどもの日でしたね。
ということで、インスタグラムにも掲載いたしましたが、
本日はヴィンテージの子供服などご紹介いたします。

まずは、

Patagonia Kids fleece jacket ¥4,800 (税込 ¥5,184)
e0343648_21060544.jpg
パタゴニアキッズのフリースジャケット、表記サイズはキッズ12です。アメリカ製。
e0343648_21075287.jpg
雪山、Rタグで
e0343648_21283787.jpg
表記はS0に見えるので、90年の春モデル。
e0343648_21315928.jpg
ジッパーやボディにはまずまず使用感あります。ただ目立ったダメージや汚れはありません。
e0343648_21334293.jpg
背中側、襟裏にはリフレクターが配置。安全面にも配慮されています。
実寸は肩幅42cm、身幅44cm、袖丈47cm、着丈52cm。パタゴニアのサイズチャートによると身長150cm未満のお子様に対応するサイズです。

続いても

Patagonia Kids fleece jacket ¥5,800 (税込 ¥6,264)
e0343648_21392932.jpg
こちらも表記サイズ12、アメリカ製です。
e0343648_21401934.jpg
こちらも雪山、Rタグ
e0343648_21405893.jpg
ロット表記はF1に見えるので、91年の秋モデルでしょう。
e0343648_21415384.jpg
このスライダーに付く紐が右側欠品ですが、使用感少なめ、汚れ&ダメージなしです。
e0343648_21424359.jpg
こちらも襟裏にリフレクター。
実寸は肩幅40cm、身幅43cm、袖丈45cm、着丈49cm。
iphoneのカメラでは床の色と反応していまい、正確な色味が出ておりませんが、実際はもっと鮮やかなブルーです。
活発に動き回る子供のアウターとしては、イージーケアなパタゴニアは実に理にかなった選択肢。
パタゴニアキッズ、新品では結構な値段するので、綺麗なユーズドは手軽だと思います。

次は、
50's National wool shirt ¥3,800 (税込 ¥4,104)
e0343648_21470689.jpg
50年代に製造されたNationalブランドのウールシャツ、オフホワイト、グリーン、ブラウンのバッファローチェックが可愛い一枚です。
e0343648_21493827.jpg
大人顔負けの良いタグ。UNION MADE表記。
e0343648_21502134.jpg
肩周りはダブルステッチ。
e0343648_21504578.jpg
使用感もほぼほぼ感じられず、非常に良い状態ですが、左ポケットのフラップにちょっと汚れあり。
e0343648_21513894.jpg
首回りのみコットンサテンの様な生地で二重に、生地の端は全てパイピング始末になっています。子供の動きから
生地のほつれを防ぐ為の仕様でしょうか。
実寸は肩幅33cm、身幅35.5cm、袖丈40cm、着丈47.5cm。
一枚でアメカジ感が演出できる可愛い一枚です。

次は
NOS Montgomery Ward "GREEN BAND" shoes ¥8,800 (税込 ¥9,504)
e0343648_21565890.jpg
年代はおそらく40年代、新しくても50年代かと思うのですが、モンゴメリーワードのキッズドレスシューズ、デッドストックです。Uチップスタイルでツートーン。素敵すぎます。今回の中でも一番のお気に入り。出来れば売りたくない、成長した我が子に、、、、と思っておりますが、売れたら売れたでまた見つけてきます。
e0343648_22003986.jpg
インソール。GOOD QUALITY GREEN BAND MONTGOMERY WARD。
e0343648_22021667.jpg
サイズ表記は8 1/2 C
e0343648_22051056.jpg
e0343648_22090697.jpg
出し縫いが一周グルッと。当時のアメリカの真剣な物作りのほどが窺える素晴らしい作り。
子供靴も一切手抜きなしだったんですね。撮影前にオイルをサッと入れましたが、デッドということもあり革がピンピンしてます。ノンダメージ、素晴らしい状態です。
e0343648_22115673.jpg
e0343648_22123029.jpg
ソールにはワードのプライスシールも残っています。
アウトソール実寸は全長約18.3cm、幅最大6.8cm。ソールの硬化も多少なりともあると思いますし、子供の足の成長は早いので、子供に常用させることはできないとは思いますが、特別な機会の写真撮影の衣装に使うのにはうってつけだと思います。
一生の記念に残る素敵な写真になるでしょう。こだわりのある写真館の方、お問い合わせおまちしております。
子供服ブランドのデザインソース、自室のこだわりのディスプレイに使ってもピカイチだと思います。

60's Sears "Boyville" sweat parka ¥8,800 (税込 ¥9,504)
e0343648_22215733.jpg
最後はキッズないし小柄な女性に良いパーカーを。50ないし60年代、シアーズのBoyvilleブランドのスウェットパーカーです。
表記はFITS 18-20 CHEST 34 1/2-36 HEIGHT 66-68 inches ということで、身長160cm程度の女性まで対応可能かと思います。
e0343648_22292042.jpg
タグ
e0343648_22295429.jpg
ハトメ、紐、完品です。
e0343648_22303166.jpg
いびつさが素敵なドラポケ。
e0343648_22305503.jpg
ポケットの両端は耳使い!ここポイントです。
e0343648_22311719.jpg
裏起毛はフカフカです。おそらく数回も着ていない状態。
実寸は裄丈77cm、身幅46cm、着丈59cm。子供服というか完全にレディース向けかもしれません笑
ダメージ、汚れは皆無ですので、これから長く着込んでいける良いパーカーだと思います。
一見して主張の強い赤の無地パーカーですが、合わせ方ではスタイリッシュに決まりますよ。
オシャレパーソンが身につける赤はカッコいいですからねー。

以上、ご紹介した商品はもちろん通販可能です!
お気軽にお問い合わせください。
宜しくお願い致します。
それでは、また!

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2017-05-05 22:39 | アメリカ古着 | Comments(0)
2017年 05月 02日

40's U.S.N. aviator's kit bag (mint condition)

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです!

飛び石連休の平日ということで、当店も今日はゆっくりです。
今日ご来店のお客様からは、弘前城の桜もまだまだ楽しめるとのこと。
私も明日の夜は夜桜を楽しみに行く予定。
明日からは連休本番、たくさんのご来店おまちしております!

では、本日の商品紹介です。

40's U.S.N. aviator's kit bag ¥22,800 (税込 ¥24,624)
e0343648_18493225.jpg
40年代、WW2期に製造されたアヴィエイターキットバッグです。使用感、ダメージのほぼないミントコンディション。アヴィエイターキットバッグの中でも個人的に条件の揃った個体です。
e0343648_19284895.jpg
アヴィエイターキットバッグ、型番AN6505-1、採用期間も長く良く見るのがエアフォース仕様のAN6505-1ですが、この若草色のボディに生成りの持ち手のキットバッグは希少なUSネイビー仕様。受ける印象が全く違います。
アイコニックな戦争映画「大脱走」の劇中、マックイーン演じるヒルツ大尉が持つキットバッグはこのカラーリングだと思います。
e0343648_19232491.jpg
これです。細かい設定を言えばヒルツは陸軍航空隊大尉、アーミーエアフォース所属ですので、ネイビー仕様のキットバッグを使っているのは少しおかしい気もしますが、設定考証のせいなのか、あるいはアーミーエアフォースとネイバルエアフォースの間でも装備を共用していたりするのか、詳しいことは分かりません。

さて、今回ご紹介するキットバッグ、素晴らしいのはコンディションです。
パイロットの装備品一式を詰め込むキットバッグ、実戦で使用されていたものは汚れやダメージが目立つものが少なくないのですが
e0343648_19301047.jpg
この通り、極美品です。ジッパー周りを見てもお分りいただけるかと思います。ジッパーはもちろんコの字、TALONです。
e0343648_19351449.jpg
スナップ式のカバーが付く仕様。
e0343648_19360671.jpg
底もこの通り。十中八九、実戦では使用されなかった個体だと思います。
e0343648_19371536.jpg
小ポケット3、中ポケット2が備わる内側もこの通り。メチャクチャに綺麗です。
e0343648_19384441.jpg
唯一、持ち手の脇に1箇所インクの様な染み
e0343648_19395405.jpg
ポケット仕切りのステッチが入る面の左上にキャンバス生地が吊っている様な箇所。ダメージではなく、製品不良だと思います。
もしかして、これが為にリジェクト扱いになって実戦使用されなかったのか?真相はわかりませんが、キットバッグとしては極めて稀なとにかく希少な状態です。

サイズ感の参考画像です。
e0343648_19420493.jpg
実寸は縦がおよそ38cm、横およそ54cm、マチおよそ20cm。マチが薄いタイプで非常に使いやすいです。もちろん、装備品一式を収納するキットバッグとしての十分な収納力があります。
このサイズだとフルに荷物を収納しても持ち運びの妨げになるほどのボリュームは出ないし、重量も抑えられます。
今まで見てきたキットバッグの中でも、かなり使い勝手の良い部類です。
また、今回の個体モデル名などのステンシルが一切入りません!入った方が良いという方もいらっしゃるはずですが、シンプルに使いたいという方にはコンディション含め最高の個体だと思います!

無骨で男らしいスタイルが魅力、またインテリアとして洋服などを収納するのにも最高なキットバッグ。
希少な40'sのネイビー仕様のキットバッグでミントコンディション、これだけ条件の揃った個体はなかなかご紹介できる機会は多くないはずです。お探しだった方は、是非この機会にご検討ください。
宜しくお願い致します!

是非、ご覧ください!
では、宜しくお願いいたします。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2017-05-02 19:54 | アメリカ古着 | Comments(0)
2017年 04月 30日

60's Abercrombie & Fitch sneakers "Safari"

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです!

GW前半、皆様如何お過ごしでしょうか。
当店は県外からのお客様も多く、忙しくさせていただいております。
ありがとうございます!

さて、今日の商品紹介です。

60's Abercrombie & Fitch "Safari" ¥13,800 (税込 ¥14,904)
e0343648_22062344.jpg
アバクロンビー&フィッチのスニーカー、ほぼ未使用、ミントコンディションです。製造はおそらく60年代。サイズはレディース7の表記、24cm程度です。
e0343648_22145017.jpg
ヒールパッチ。アバクロのモノグラムの下には「Safari」の文字。製品名だと思いますが、皆目情報なし。。。誰かご存知の方がいらっしゃったら是非ご教授くださいませ。
e0343648_22181098.jpg
TOP CIDERのキャンバスオックスフォードの様なスタイル。ウィズは細くシュッとしたシルエットは古い年代ならでは。
e0343648_22220526.jpg
サイズ表記
e0343648_22223133.jpg
ソールの減りはほぼ無し。未使用ないし数回着用程度でしょう。
e0343648_22232096.jpg
インソールももちろん、汚れなど一切無し。完璧な状態です。コットン100%のシューレースも良いですね〜。
ライトブラウン?ベージュなカラーリング、ブランド、女性には特に嬉しいであろうほぼ未使用コンディション。
これからの季節、活躍しそうな良い一足です!

アウトソール全長は約26cm、幅最大部約8.5cm。表記はレディース7なので24cmですがウィズがかなり細いので、
足幅がかなり細い方、もしくは捨て寸を多めにとって23cm程度の女性にオススメなサイズ感です。

通販もご利用いただけます。
お気軽にお問い合わせください!

先日アナウンスした通り、明日5/1(月)は臨時休業とさせていただきます。
明後日5/2よりGW中は毎日営業いたします。
連休後半も沢山のご来店をおまちしております。
宜しくお願いいたします!!

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2017-04-30 22:45 | アメリカ古着 | Comments(0)
2017年 04月 29日

30's Utica Knitting Co. "BODYGARD" sweat shirt

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです!

いよいよ明日からGW本番。
ということで、今日はまず連休中の営業予定をお知らせ致します。

4月29日(土) 通常営業
4月30日(日) 通常営業
5月1日(月) 臨時休業
5月2日(火) 臨時営業
5月3日(水) 通常営業
5月4日(木) 通常営業
5月5日(金) 通常営業
5月6日(土) 通常営業
5月7日(日) 通常営業

5月1日(月)のみ、臨時休業とさせていただき、翌火曜日は臨時営業、以降は通常通りの営業予定です。
全日13時から20時の営業です。宜しくお願いいたします!
弘前公園の日本一の桜をご覧にいらっしゃる際には当店にも是非お立ち寄りください。
たくさんのご来店、お待ちしております!

では、本日の商品紹介。
スペシャルな品をご紹介いたします。

30's Utica Knitting Co. "BODYGARD" sweatshirt ¥98,000 (税込 ¥105,840)
e0343648_23192122.jpg
UTICA KNITTING社のBODYGARDブランドのスウェットシャツ。今回も詳細を紐解いて紹介して行きますが、製造は30年代でしょう。ブランド、状態、ディティール、全て完璧な一枚です。。。。
まずタグの写真を載せましたが。

UTICA KNITTING社、社名の通りNY州ユーティカにて1897年にスタートしたメーカー。マンハッタンから300キロほど北、カナダ国境からも300キロほど南に位置。という地理的条件もあり、カナダから多くのフランス移民の家族が仕事を求めて移住してきたそうです。そして、このユーティカや60キロほど離れたシャーバンには紡績工場が多くあり、UTICA KNITTING社もその織り糸を使いアンダーウエアを製造するところからスタート。
タグには"VELLASTIC UNDERWEAR"の文字が確認できますが、
それが以下に紹介する同社製品。
e0343648_00161136.jpg
e0343648_00203006.jpg
e0343648_00154347.jpg
上から順に1916年、1919年の製品広告、最後は1920年代の同製品のBOX。
広告の内容は、
「冬の気候や急な気温の変化にも対応するVELLASTIC!快適で滑らかな着心地で高耐久のインナーフリース!伸縮性に富み過去類のないフィット感と自由な動きをもたらすリブ編みの生地!軽量であなたを暖かくする”VELLASTIC”は全米の優良店でお求めいただけます!医者も勧める"VELLASTIC"!」というものです。 大げさな位に機能性が謳われていますが、柔らかいフリース張りの内側と、畝編みで伸縮性に富んだ外側という高機能は当時、最先端のものだったと良く分かる広告です。
ヘンリーネックのいわゆるラクダはTシャツが普及する前の一般的なアンダーウエア(こんなやつです)でしたが、その中でも同社のVELLASTICは画期的な製品だったのでしょう。
「ベラスティック」という製品名はおそらくゴム製品などを指すエラスティック(elastic)をもじった造語。例えばバンダナのTWOSIDE→TUSIDEの例がありますが、綴りをもじって製品を特徴づける、あるいは製品名にする手法です。もしかするとVはサイレントで発音はエラスティックだったのかもしれません。おそらく素材はウールとコットンの混紡だったのでは。そして、フリースという単語は現在ではユニクロやパタゴニアでおなじみのポリエステル製品を主に指すと思いますが、当時コットンフリースと言えばスウェットシャツの裏起毛を指す言葉。20世紀初頭、コットンが量産される様になり、一般的になって出てきた言葉です。ふむふむ、本題に近づいてきました。

さて、現在日本でもライセンス生産されているBODYGARD。シールドを模ったロゴは有名ですが、1916年の広告にはすでに登場しています。同社のラインの中でも黎明期から存在していることとなり主力ラインだったはずです。
さて、今回ご紹介するスウェットシャツのタグを今一度確認。
e0343648_23192122.jpg
「VELLASTIC UNDERWEAR」の文字。。。個人的には過去に出会ったことのないタグです。この時点で40's以前のものであることが分かる人には分かると思います。

さて、細部をご紹介の前にスウェットの歴史をおさらい。
スウェットシャツと言えば1919年創業のチャンピオン。スウェットシャツの歴史は同社の歴史と言っても過言ではないでしょう。
「スウェットシャツ」という言葉が使われ始めたのは1925年。材質はふかふかに起毛した厚手のコットン、襟なし、長袖、オーバーサイズのかぶりのトップス、と定義されたスウェットシャツ。チャンピオンのスウェットシャツはアスリートに熱烈に受け入れられ、USMAのトレーニングウエアにも採用。以後、ミシガン大学との契約を皮切りに大学のコーチらの口コミで全米に拡大。そして、1934年には着丈の縮みを解決した画期的製品、「リバースウィーブ」を発売、1938年特許申請。
以降はみなさんの良く知るところ、ランタグに始まり現行品に至るまで近年、ますます圧倒的な支持を集めています。
と、スウェットシャツの歴史をチャンピオン社の時系列と並行しておさらいしたところで、
e0343648_23210572.jpg
全体像です。
e0343648_01214003.jpg
袖は当然、ボディからまっすぐに付けられるパターン。
40年代に誕生するV字ガゼットはまだありません。
e0343648_01230878.jpg
裾リブと脇のフライス。杢感のかなり強いグレーボディ。
ここまでご覧いただいてスウェットがお好きな方はある点にお気づきになられたのでは。



そう、生地使いです。
先ほど触れたチャンピオンの「リバースウィーブ」は洗濯を繰り返すことで着丈が縮んでしまうという問題点を、それまで横方向に使っていた生地を縦に使うことで解決した画期的発明品。チャンピオン社が特許申請したことからも明らかな様に、それ以前は誰も思いつかなかった技術。とても簡単なことの様に感じますが、だからこそ盲点だったのでは。となると、他社も生地の縦使いを模倣したはず。1934年の「リバースウィーブ」の開発から特許申請まで4年の間があり、その間はリバースウィーブの模倣品は多かれ少なかれ存在したということも考えられます。
ところが、今回の個体は生地が横使い。ということは「リバースウィーブ」の技術が公になる1934年以前に製造されたもの、という推測が成立します。
UTICA KNITTING社の1910年代の製品「VELLASTIC UNDERWEAR」の名を冠するタグ、1934年の「リバースウィーブ」誕生前の生地使い、以上2点から30年代前半に製造されたスウェットシャツである、という仮説が成り立つわけです。
お買い上げいただいた方のみにじっくりと生地の質感を味わっていただきたい、という思いから全体のアップの写真は今回、あえて載せません。悪しからず。

そして、力を込めて申し上げたいのは、
e0343648_02114164.jpg
状態の良さです!
裏起毛もデッドとまではいきませんが、まだまだフカフカの感じられる状態。
生地がとにかく厚く、ハリを保っています。使用頻度は間違いなく少なかったはずで、水洗いも多くて2回程度だったはずです。
e0343648_02125475.jpg
首リブにちょっとした小穴があるのみで、特筆すべきダメージはありません。

そして、実寸。
肩幅48.5cm、身幅57cm、着丈70cm、袖丈61cm。178cmの私が余裕を持って着れるくらい十分な大きさがあります。
チャンピオンのサイズ表記ならXLないしXXLくらいでしょうか。
ユーズドでは縮んで型崩れしまっていたり、着丈が短くなってしまっているものも多いスウェットシャツにあって、完璧な状態を保っています。アームホールも細く、全体に非常に素晴らしいシルエットです。
スペシャルなスウェットをコレクションされている方であれば当たり前のことかもしれませんが、このスウェットシャツをお求めいただいた際には、洗濯方法は十分に留意いただきたいと思います。手洗いがベストですし、乾燥機はご法度、もってのほかです。

V字ガゼットも付かない、極めてシンプルなルックス。
UTICA社、最古のラインである「VELLASTIC UNDERWEAR」のタグを有する。
最大の特徴、生地の横使い。
縮みも出ていないとても良いサイズ。
ミントコンディションと言っても差し支えない状態。

プレーンなスウェットとしては最高峰の個体です。
後付けやツートーンとは一線を画す、一生飽きずに付き合っていけるシンプルさは大人にはたまらない魅力ではないでしょうか。
ずっと大切にしていただける方からのお問い合わせをお待ちしております。
宜しくお願い致します!

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2017-04-29 02:56 | アメリカ古着 | Comments(0)
2017年 04月 26日

80's-90's CONVERSE All-Star Hi made in U.S.A.

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです!
e0343648_21375225.jpg
昨日の定休は家族で弘前公園へ。
小雨まじりではありましたが、ちょうど昨日満開宣言の日本一の桜を満喫しました。
7ヶ月の長男も楽しかったようです笑

変わって今日は終日雨の弘前。
満開になったばかりの桜が散ってしまわなければ良いのですが。

さて、本日の商品紹介です!

80's-90's CONVERSE All-Star Hi made in U.S.A.
e0343648_21411178.jpg
80年代から90年代に製造されたコンバース、All-Starです!全てハイカット、サイズも8から10と需要の多いグッドサイズのみ、しかも一番人気のブラックとホワイト、うちの様な新参者の個人店にしてはよく出来た方かと思います!笑
以下、順にご紹介いたします。

まずは、80's、ホワイトから!
e0343648_21441209.jpg
表記サイズ 10 ¥18,800 (税込 ¥20,304) SOLD! ありがとうございます!
e0343648_21454404.jpg
もちろん当て布付き。向こうではExtra Stitchと呼ばれ、ディーラーもこれがあると一発高い価格を言ってきます。
オールスターが元々バスケットシューズだったことを物語るディティールです。
e0343648_21472709.jpg
ハトメ、一箇所欠品。
e0343648_21483538.jpg
ヒール。MADE IN USAの文字はかすれてしまっていますが、減りも少なく良好です。
e0343648_21492454.jpg
ソールの減りが少なく、全体に良好な状態であることが伝わると思います。
e0343648_21500570.jpg
同色の囲み。インソールは使用感はありますが、綺麗な部類だと思います。
アウトソール実寸は全長が約30cm、幅最大部約10cmです。
表記が10と大きそうなのですが、実際は日本人向けの需要が多いサイズ感ではないでしょうか。

続いて、90's、ブラック。
e0343648_21531585.jpg
表記サイズ 8 1/2 ¥14,800 (税込 ¥15,984)
e0343648_21542667.jpg
ブラックの中でも、この退色した風合いは格別な雰囲気!細長のシルエットもアメリカ製らしい!
両足で違うシューレースが装着されていますが、悪くない?です。
e0343648_21554910.jpg
ヒール。減りはありますが、まだまだ履ける状態です!
e0343648_21565626.jpg
状態良好。
e0343648_21574061.jpg
インソールも使用感こそあれ、大きなダメージはありません。
アウトソール実寸は全長約29cm、幅最大部9.5cmです。

次も90'sブラック。
e0343648_22003146.jpg
表記サイズ 8 1/2 ¥14,800 (税込 ¥15,984)
こちらはシューレースが付いてなかったのですが、
e0343648_22013122.jpg
70'sのオールコットンのシューレースを装着しました!
このシューレース、数点在庫があったのですが、これでラスイチ。
オールコットンのシューレース、靴好きの方、こだわる方の中にはお探しの方も多いかと思います。
現在販売されているチャックの復刻版もシューレースのクオリティは及ばないですよね。
アメリカでも中々見つからないオールコットンのシューレース。あっても安くなかったりしますが、また探してきます。
e0343648_22090784.jpg
ハトメが一箇所取れかかっており、
e0343648_22095460.jpg
ペンキ汚れがありますが、雰囲気を損なう様なものではなく、むしろ個性を際立たせるものかと思います。
e0343648_22063332.jpg
ヒール。今回ご紹介の中では減りが一番強いですが、それでもヒドいものではなく、まだまだ履けます。
e0343648_22074935.jpg
ソール。全体に過度な減りもなく良好です。
e0343648_22114286.jpg
こちらもインソールは使用感こそあれ、大きなダメージはありません。
アウトソール実寸は全長約29cm、幅最大部9.5cmです。

最後も90'sブラック。
e0343648_22130297.jpg
表記サイズ8 ありがとうございます!SOLDになりました!
e0343648_22140561.jpg
こちらは純正のシューレースが付いています。ナイロン混のやつですね。
e0343648_22154745.jpg
ヒール。減りは少ないです。
e0343648_22162326.jpg
ソール全体に状態良好です。
e0343648_22171175.jpg
インソールも使用感はあるものの大きなダメージはなし。
アウトソール実寸は全長約28.5cm、幅最大部9.7cmです。

これを言うと、業界っぽくて嫌なのですが、アメリカ製コンバース、本当にないんですよ。。。
買い付け中、行く先々で注意して探すのですが、本当に滅多に出会わないんです。
コンバースに限らず、ソーシャルメディアなどを通してアメリカ製の製品の価値が広く知れ渡る今、その価値を知る人に
囲われているんだろうとも思いますし、また実際に現存する数は少なくなっているんだろうと思います。
モノはその作りやデザインで判断されるべきで、古ければ良い!と言う考え方にはアンチなのですが、
アメリカ製だった頃のオールスターにはシルエットや素材、雰囲気などなど独特の魅力があります。
今年で100年、ほぼ変わらぬ形で製造されているオールスター。現行には現行の良さがある?と思いますが、
アメリカ製にこだわる方には是非ご検討いただきたいと思います!

もちろん通販も対応いたします。お気軽にお問い合わせください!
宜しくお願い致します。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2017-04-26 22:36 | アメリカ古着 | Comments(0)
2017年 04月 25日

50's Buco J-22 leather jacket

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです!

買い付けから帰って以降、おかげさまで毎日忙しくさせていただいております!
ブログを執筆するまとまった時間が取れないほどで、ありがたい限りです。
店内もゴチャゴチャした状態が続いており、ご来店のお客様にはご迷惑をおかけしております。
閉店後は店内のオーガナイズ。やっとこさ店頭も片付いてきました。。。

ということで、今日は前回記事に続き、Bucoのレザージャケットをご紹介いたします。

50's Buco J-22 leather jacket ¥298,000 (税込 ¥321,840)
e0343648_22201910.jpg
50年代初頭に製造されたレザージャケットの名門ブランドBucoの名作、J-22 leather jacketです!J-21のアップデート版として1951年に登場したJ-22。これからご紹介する各部ディティールから、おそらく1951年に製造されたJ-22と推測されます。表記サイズは40、非常に素晴らしい状態です!
e0343648_22222406.jpg
つぶさに見ていきましょう。まずはタグ。もちろんセカンドタグ。Bucoのライダースの1stモデルJH-1などに付くホワイトベースの1stタグは30年代から47年、この茶色ベースの2ndタグは48年から52年、そして一般的には最も有名なブルーベースの跳ね馬の3rdタグは53年から56年製造とされています。この各タグが付くモデルは全てホースハイド。もちろん本個体もホースハイド、非常に素晴らしい革質です!
しかし、このタグを見ても状態の良さが伝わってきますよね?もちろんレプリカじゃありません、正真正銘のヴィンテージです。
e0343648_22373773.jpg
メインジッパーはTALON、もちろんオリジナルですが、このモデルにTALONの組み合わせ、少し珍しいです。今まで見たのはCONMAR、ちょっと珍しい個体だとPRENTICEで、CONMARが多い印象です。この個体はメインジッパー、両袖、マップポケット、全てにTALONが使われています。動作はどのジッパーも極めてスムーズです。テープの差し込み部分の裂けもなし。この辺からも、着用頻度が少なかったのだと思います。メインジッパーにボールチェーンが付けられていますが、あえてそのままにしています。
e0343648_22424824.jpg
両袖ジッパー。革質も良いです。部分部分でシボの多い表情の良い革が使われています。
e0343648_22443750.jpg
スラッシュポケット始め各所には7連チェーンのジッパー。
e0343648_22462302.jpg
背中側。マップポケットを左右に装備。J-21はマップポケットが左側のみ、ということで、このモデルはJ-22。ただ、J-21の後期型はマップポケットが左右にあったり、おそらく非常に短い期間に頻繁にモデルの切り替えがあったこの頃のBuco、社内にも混乱が生じていたのでしょう。ディティールが混在しているものも少なくありません。この個体、あとで触れるエポレットはJ-21の特徴を備えていたりします。本稿では総体的に判断してJ-22としていますが、J-21とJ-22の間にそこまで決定的に大きい違いがある訳でもなく、どちらでも良いと思います笑 大切なのは、型番よりも服としてカッコ良いか否かだと思いますので。
e0343648_22575842.jpg
e0343648_22581894.jpg
フロントポケットの内部はグリーンの裏地。これも古いディティールです。
e0343648_23050495.jpg
先ほど言及したエポレット。カマボコスタッズも残っていて、
e0343648_23054280.jpg
裏は黒のスレーキ。定説ではJ-22はスレーキが革貼りに変更されているということなのですが、それに則るとこの個体はJ-21。という位、同時期の仕様なんて曖昧だったのではないか、と私見ながら思います。同様にこのスレーキが茶色だと市販モデルではなくプロトタイプ、という定説もありますが、これも個人的には眉唾だと思います。プロトと言いながら今までそれなりに散見しましたし。さっきも言いましたが、モデル名云々ではなく、服としてのカッコ良さの方が大切だと思います。もちろん、発信するからには十分な知識と経験の裏付けが前提で、私も日々勉強です。
e0343648_23161106.jpg
裏地はウール。定番の赤と黒のバッファローチェック。セカンドタグまでのBucoのウールライニングはチェック、無地、数パターンありますが、個人的にはバッファローがインパクトがあって好きです。53年登場のJ-24からは滑りを意識してかキルティングの裏地になりますが、ウールの裏地というのがいかにも未完成、発展途上という印象で良いです。
e0343648_23210043.jpg
ウールに多少の虫食い
e0343648_23213098.jpg
ダメージがありますが、酷いものではありません。汚れなどは見当たらず、綺麗です。
e0343648_23230203.jpg
ライニングの材質表示。
ちなみにBuco、正式名称はJos Buegeleisen Co. 創業者ジョセフのファミリネームBuとCompanyのCoを合わせるという独特な成り立ちのメーカー名です。
e0343648_23310244.jpg
レザーは本当に状態が良く、マップポケット下にちょっとした表面の欠けがあるくらい。何度も言いますが、革質、状態ともに素晴らしいです。

で、本個体。当時オプション販売されていたムートンカラーも残っています!
e0343648_23322774.jpg
カタログ名、M-2。
e0343648_23401103.jpg
「MOTORCYCLE JACKETS Ultimate Biker's Fashion」より拝借
デタッチャブルムートンカラー "M2" 当時の価格は$5.5。ジャケットそのものは$35.96、高級品だったことが分かります。
e0343648_23450478.jpg
e0343648_23452156.jpg
多少の抜けのダメージがありますが、良好なコンディションです。熊ジャンなどのヴィンテージのレザージャケットについて少しでもご存知の方はヴィンテージのムートンがいかに脆いかご存知のはず涙 そんな中でもピンピンした状態を保ったムートンカラーだと思います。
e0343648_23472644.jpg
チンスト付き。
e0343648_23481277.jpg
装着するとまた良し。コンディションが完璧すぎてレプリカにしか見えません笑

さて、試着画像です。
e0343648_23490323.jpg
実寸で肩幅45cm、身幅49cm、着丈64cm、袖丈67cm。178cm、70kgが下にTシャツを着てちょうど良いフィット感!昔は38をビタビタで着れたし、そのフィット感が好きでしたが、年齢と共に身体は大きくなるもので、今は40のフィット感が心地良いです!同感の方、多いはず!!笑 同程度の体格の方にはちょうど良くハマるサイズ感でしょう。
e0343648_23570859.jpg
レザートグスに始まり、ハーレー、ベック、そしてブーコ。ライダースジャケット黎明期の名門ブランドの名作ジャケットを今回は力を込めてご紹介しました。近年は30's、40'sのマニアックなレザージャケットに市場の評価は傾いている印象もありますが、やはり良いものは良い。私自身、かつて欲しくてたまらなかったレザージャケットを今回の仕入れで買い付けました。満を持してご紹介いたしました。モーターサイクリストの方はもちろん、レザージャケットコレクターの方、そして今回の記事を読んでビビッときた方に手に入れて欲しいです。

もちろん、通販可能です。詳細や細部画像などご要望はご遠慮なくお問い合わせください。
近日中にウエブストアにも掲載いたします。
では、宜しくお願い致します!

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2017-04-25 00:05 | アメリカ古着 | Comments(0)