2017年 06月 12日

90's "SONORA" engineer boots

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです!

先週、遅まきながら今期のトライアンフ生活を開始。
オイル交換後、始動。いきなり絶好調です。
4年目にしてノントラブルのサンダーバードをOHしてくださったのはおなじみトラヴィスサイクルズ様
先日、当店の看板バイクと同じ1950年6Tサンダーバードを英国から買い付けたとのこと!
英車のある素敵生活を始めたい方、ジョニーになりたい方はこの機会に是非。
東名高速の衝突事故や身の回りでも事故の話がちらほら。
今年も安全運転、安全第一で英車ライフを楽しみたいと思います。

さて、本日の商品紹介はバイクに乗るとやはり気になるアイテム。

90's "SONORA" engineer boots ¥19,800 (税込 ¥21,384)
e0343648_22002458.jpg
90年代に製造されたDouble-H Boots社のブランド、"SONORA"のエンジニアブーツです。表記サイズは9E、おそらく数回履きのミントコンディションです。
e0343648_22025172.jpg
シャフトの表記。サイズ9E、かすれていますが、PT91のスタンプ。ということで、スチールトゥです。
Double-H Boots社は1955年、ペンシルバニア州リッチランドで創業、H.H.Brown Shoe Companyに買収され、現在もその傘下の様です。H.H.Brown Shoe社のオフィシャルHPではDouble-H Bootsの名が確認できます。が、SONORAブランドは現在ではラインナップされていません。ちなみにCAROLINAは兄弟ブランド。ブランドの黎明期においてはセールスマンを共有していたとのこと。どうりで両社のエンジニアブーツ、そっくりな訳です。ウレタンソールはじめ共用のパーツも多いです。
e0343648_22142634.jpg
インソール。とても綺麗で、履いていた様な印象は受けません。
e0343648_22151604.jpg
アッパー、シャフトには履き皺も少なく、これから自分の足に馴染ませていけるでしょう。
e0343648_22163498.jpg
ヒール側もなかなかシュッとした良いルックス。個人的にソールは断然黒一色派です。
e0343648_22171572.jpg
ソールもこの通り。
e0343648_22203352.jpg
つま先にちょっとした擦り傷はありますが、全く問題にはならないでしょう。

さて、着用画像です。
e0343648_22212110.jpg
e0343648_22213616.jpg
アウトソール全長約30.5cm、幅最大11cm。普段8 1/2(26.5cm)を履く私が厚手のソックスを履いていても気持ち余裕のあるフィット感。中敷きを一枚入れればジャストという印象です。

縄タグチペワを始めとするヴィンテージエンジニアは最高に素敵ですが、価格とコンディションのバランスが非常に難しい。そしてハードに使用されるエンジニアブーツ、ステッチや革が瀕死で履いているうちに壊れてくるケースも少なくない。
また、フットチェンジのバイクに乗る方にはアッパーの酷使も気になるところ。
その点、このSONORAは実用性が高い。高いクオリティと気軽に手が届く価格。
Red Wind、Wescoなど有名メーカーとは一味違うマイナーブランド、しかし品質は確かな素敵な一足です。
革質ももちろん良く、ミントコンディション。長く付き合っていけるエンジニアブーツ。この機会に是非!

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

# by buttonupclothing | 2017-06-12 22:37 | アメリカ古着 | Comments(0)
2017年 06月 10日

70's U.S.N. service shoes

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

毎日、嫌なニュースが多いですね。


さて、本日の商品紹介です!

70's U.S.N. service shoes ¥9,800 (税込 ¥10,584)
e0343648_21363831.jpg
70年代に製造されたUSネイビーのサービスシューズです。ウェブストアには掲載済みです。表記サイズは8、使用感はあるものの着用の支障になるようなダメージはなく、まだまだ履いていただける状態です。
e0343648_21380731.jpg
レザーはガラスレザー。アッパーには傷がなく状態も比較的良いので、基本のメンテナンスでこの通りピカピカです。
60年代までのものに比べると、アイレットは6つから5つに、羽根のステッチも省略されています。
e0343648_21441780.jpg
ヒールも減りは少なく、良い状態です。
e0343648_21445869.jpg
こだわる人も多いでしょう。レザーソール。80年代には合成ゴムのラバーソールに変更になり、これがレザーソールの最終期。ラバーソールは雨、雪も気にせずに履けるので、ストレスフリー。対してレザーソールはやはり気を使います。もちろん古靴らしい履き心地やルックスは魅力です。それぞれに良さがある、という事でしょう。
e0343648_21520987.jpg
コントラクターはGENESCO社。1924年にテネシー州、ナッシュビルでJames Franklin Jarmanによって創業されたJarman Shoe Companyが前身、30年代にGeneral Shoe Company、59年にGenescoに社名変更。以降、2002年にナッシュビルの工場閉鎖と共にシューメーカーとしての幕を閉じるまで続いた名門メーカー。
会計年度は1977年。
e0343648_22241833.jpg
インソールはそれなりに使用感、汚れなどあり。

では、着用画像です。
e0343648_22250737.jpg
e0343648_22263338.jpg
アウトソール実寸で全長30cm、幅11cm。普段8 1/2、26.5の靴を履く私でジャストで履けました。表記&見た感じ小さいかな?と思ったのですが、履いてみると実に良いシルエットです。程よいボリュームで、太いパンツとの相性最高です。

インソールの状態考慮でお安めに?設定したつもりですので、レザーソールで気負わず履けるサービスシューズをお探しの方にはオススメです!

是非、ご覧ください!
宜しくお願い致します。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

# by buttonupclothing | 2017-06-10 22:32 | アメリカ古着 | Comments(0)
2017年 06月 08日

Ladies denim overalls and T-shirt

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

早速、商品紹介です。
本日はレディース縛りです。

Ladies denim overalls
e0343648_20174731.jpg
レディースサイズのオーバーオール2点。左は60's SWEET ORR、右はメーカーはタグなどありませんが、WW2期のもの。

40's denim overalls ¥29,800 (税込 ¥32,184)
e0343648_20193317.jpg
こちらは40年代、WW2期のものと思われるオーバーオール。実寸でW32、L28程度と小さめ。色落ち、汚れ、裾のステッチの解れなどありますが、目立つダメージのない良好な状態です。
e0343648_20244367.jpg
裏側がドーム型の月桂樹ボタン。タグなど備わりませんが、ここからWW2期のものかと。
e0343648_20262158.jpg
シンプルなビブ
e0343648_21295157.jpg
女性向けとしては絶対着やすいでしょう、ハイバック
e0343648_21313364.jpg
レングスはオリジナル。ステッチのほつれあり。

着用画像です。
e0343648_21334478.jpg
e0343648_21340971.jpg
実寸は全長最大142cm 股下70.5cm ウエスト83cm 裾幅25cm。154cmの試着です。裾は2度ロールアップしています。
大戦期らしい色落ちの良いデニム。まだまだ色も残っていて良いコンディションです。

着用画像で中に着たTシャツはこちら。

~70's New Park "University" ringer T-shirt ¥6,800 (税込 ¥7,344)
e0343648_19271586.jpg
60年代後半から70年代でしょう、New Parkというブランドタグの付くリンガーT。
e0343648_19311864.jpg
タグ。RNナンバーが不明瞭なので、製造元までは特定できませんでした。で、確実に60年代以降であることが確定。
コットン100%の良い質感のボディです。バータグ時代のチャンピオンのリンガーのコットン100を少し肉厚にしたような感触です。
e0343648_19334382.jpg
2色の染み込みでプリントされた全米9校のロゴ!アイビーリーグがテーマでもなければ、どういう括りでこの9校がプリントされたのかは不明ながら、中々良いプリントではありませんか?2色ということは、版下も2つ作成したんでしょうね。
e0343648_19363530.jpg
全体に程度は良好。前身頃に1箇所シミがあるくらいです。
実寸は肩幅36.5cm、身幅38.5cm、着丈55cm、袖丈15cm。

続いて、
60's Sweet Orr denim overalls ¥15,800 (税込 ¥17,064)
e0343648_19403767.jpg
60年代に製造されたNew Yorkの名門ワークウエアブランド、Sweet Orrのデニムオーバーオールです。実寸でW33、L29程度とこちらも小さめ。タグにダメージ、小穴、汚れなどありますが、全体的には着用の支障となるダメージはなく、まだまだ着れるコンディション。写真からも分かる通り、微妙に色合いの異なるデニムが使われていて2トーンのように見えます。
e0343648_19445137.jpg
残念ながら、タグが切り取られていますが、
e0343648_19461841.jpg
このボタンは健在!ワークウエアブランド数あれど、ここのボタンは中でもかっこいい。広く支持される所以かと。
e0343648_19480194.jpg
ウエストバンドの上あたり、小穴。
e0343648_19485240.jpg
レングスはオリジナル。
e0343648_19493506.jpg
ユニオンチケット
e0343648_19502006.jpg
こちらもハイバック。

着用画像です。
e0343648_19512771.jpg
e0343648_19520425.jpg
実寸は全長最大152cm 股下73cm ウエスト84cm 裾幅25cm。こちらも2度ロールアップ。デニムの質感は先ほどのものに比べると落ちてしまいますが、コンディションや普通に着やすいまとまったディティールは十分に選択肢になると思います。ブランドもSweet Orrですので、お好きな方も多のではないでしょうか。

こちらの着用画像に合わせたTシャツはこちら!
70's Champion T-shirt "GLASTONBURY" ¥7,800 (税込 ¥8,424)
e0343648_19571757.jpg
70年代に製造されたチャンピオンのブルーバータグが付く一枚。表記サイズはキッズのLですが、女性でも十分いけるサイズです。
e0343648_19582058.jpg
4行表記のブルーバータグ。70年代中頃以降のものです。「TONY」の手書きネームあり。嬉しいのが、畝が斜めになった首リブ。
e0343648_20025857.jpg
4段?5段?のラバープリント。人気モチーフの一つでしょう、フィジカルエデュケーションもの。今で言う体育。当時のチャンピオンは高校や大学、軍にチームで着るTシャツやスウェットの類を納入していて、それを学校、軍で管理していたというのは、ヴィンテージ好きな方であればご存知のエピソード。おそらくコネチカット州のグラストンブリー高のもの。
個人的に結構気に入っているグラフィックです。

こちらはウェブストアにも掲載がありますので、そちらで詳細をご確認ください!

本日ご紹介した商品は全て通販も可能です!
お気軽にお問い合わせください。

それでは、宜しくお願い致します。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

# by buttonupclothing | 2017-06-08 20:14 | アメリカ古着 | Comments(0)
2017年 06月 02日

60's U.S.N. "Seafarer" sailor shirt

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

6月。早くも真夏日の続く地域の皆さんは暑くて大変だと思いますが、今日の弘前は雨で最高16.8℃。
寒いのなんの。まだウール着てます。

という流れで本日もウール物をご紹介です。
どちらかというと女性向けのアイテムですかね。

60's U.S.N. "Seafarer" sailor shirt ¥6,800 (税込 ¥7,344)
e0343648_20355387.jpg
SeafarerブランドのU.S.N.のウールセーラーシャツ。表記サイズはなく、多少の小穴、汚れなどありますが、使用感も少ない良好なコンディションです。襟元からちらっと見えているのは、
e0343648_20373661.jpg
オリエンタルなドラゴンの刺繍。見つけた時にはスーベニア系のものかと思いましたが、後で調べたられっきとしたユニフォームのようです。当時、同デザインのものが、かなりの数生産されたようで、海外オークションサイトでもヒットしました。
e0343648_20501193.jpg
タグ。SEAGOING UNIFORM社のSeafarerというブランドのタグが付きます。40年代から海軍へ装備品を納入していた由緒正しいメーカー。Seafarer=船乗り、正にU.S.N.にふさわしいブランド。
これより一発古いタグはロープを模した文字で、®︎なし。おそらく60's頃のものかと。
タグ上にはポケット付き。ジッパーはグリッパー。
e0343648_21425396.jpg
e0343648_21455410.jpg
裏返すと、身頃と袖口に施されたサテン張り。カラフルなステッチも独特。スカジャン、ベトジャンに通じるオリエンタルさ。
e0343648_22003061.jpg
両カフスにはアンカーマーク入りのボタン。
e0343648_22011609.jpg
背中、生成りがかった白ラインが雰囲気あり。
e0343648_22060992.jpg
ちょっとした小穴
e0343648_22110855.jpg
カフスにちょっとしたスレ、汚れなどありますが、致命的なダメージはなく、使用感も少なめ。
実寸は肩幅41cm、身幅49cm、着丈61cm、袖丈61cm。
セーラーシャツはウールという素材、海兵の落水を想定したタイトなパターン、ということから脱ぎ着がキツめなので、小柄な男性ないし女性に良いサイズ感かと思います。
自分のスタイルがある女性に着ていただきたい。着たらせっかくの刺繍が見えませんけどね笑
可愛い一枚だと思います。

通販ももちろん承ります!
お気軽にお問い合わせください。
宜しくお願い致します。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

# by buttonupclothing | 2017-06-02 22:30 | アメリカ古着 | Comments(0)
2017年 05月 29日

~early 60’s Levi’s 517XX denim jacket

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

日が長くなりましたね。

本日の商品紹介です。
すでに連日30℃のような地域の方にとっては時期外れな感もあるとは思うのですが、ヴィンテージに
シーズンもクソもあるかということで。

~early 60’s Levi’s 517XX denim jacket ¥79,800 (税込 ¥86,184)
e0343648_19345155.jpg
リーバイスのヴィンテージはアメリカンヴィンテージ愛好家にとって、もはやコモディティと言っても過言ではない?昨今、改めてご説明さしあげるまでもないかも知れませんが、リーバイスのデニムジャケット517XX、通称セカンドと呼ばれる507XXのブランケットライナー付きモデルです。
e0343648_19363173.jpg
わずかに破片の残る紙パッチ。リーバイス社がレザーパッチ(革パッチ)を廃止し紙パッチに移行した1955年以降の個体であることが分かります。紙パッチ欠損ということで、表記サイズは不明。サイズ感は後ほど着用画像で。
e0343648_19502413.jpg
紙パッチモデルですので、赤タブはもちろん、両面で均等V。片面タブは507XX(517XX)では原則的にこのモデルのデビューイヤーの1952年に製造された個体にのみ備わります。
e0343648_20011210.jpg
紙パッチモデルの特徴の一つ、センター両側に上から下まで一直線に入るステッチ。
e0343648_19444533.jpg
ポケットのフラップ裏はオンスの低い生地、そして紙パッチモデル特徴とされるオレンジのバータック。
e0343648_19514720.jpg
ボタン裏刻印はもちろん17。50年代から、このジャケットの後継モデル557、通称サードの登場する60年代前半までは一部の例外を除いてボタン裏刻印は数字二桁、中でも17が圧倒的に多いです。
e0343648_19561992.jpg
e0343648_19574500.jpg
ブランケットは破れや穴あきなどなく、汚れもない綺麗な状態。

ブランケットライナー付きは、507XXに比べると袖のヒゲなど綺麗な色落ちが出る、と言われますが、この個体も例外ではなく、全体に良い色落ちを見せています。凹凸のあるデニムの凸部分が点で色落ちし、それが繋がっていわゆる縦落ちと呼ばれるXXならではの表情を見せています。
e0343648_19533893.jpg
右ポケット周辺に汚れ。
e0343648_19543482.jpg
e0343648_19550791.jpg
両袖口周辺に強い色落ちと汚れ、擦り切れなど。

以上の通り、全体的に色落ちが見られ、総合的なコンディションとしては10中5から6位だと思いますが、穴開きなどの大きなダメージが無く、ブランケットの状態からも洗濯されないまま着込まれた個体かと思います。真っ紺紺はもちろん最高なのですが、比例してプライスも上がっていくことを考えると悪くない条件かと思います。

では、着用画像です。
e0343648_19303096.jpg
実寸は肩幅47.5cm、身幅53cm、着丈57cm、袖丈57cm。実寸だけ見ると優に38はありそうですが、ブランケットライナーの厚みがあるので、小さめに感じます。178cm、70kgが下にTシャツ1枚のみ着て試着していますが、結構パツパツです。無しではないですが、もう1ないし2サイズ上を余裕を持って着たいところ。普段36を着用なさっている方であればジャストで着れるかと思いますし、着丈の短いセカンドですので、女性が多少オーバーサイズでも着るのもアリかと思います!

体力(資金)のある有名店さんでは常時在庫があるかと思いますが、当店では、入荷の機会が極めて少ないアイテムです。
サイズ、状態、プライス、総合的に判断してピンと来た方は是非ご検討くださいませ。
活躍するのは夏が去った数ヶ月後となるかと思いますが、ヴィンテージは出会ったその時が購入の好機です!

是非、ご覧ください。
宜しくお願いいたします!

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

# by buttonupclothing | 2017-05-29 20:10 | アメリカ古着 | Comments(0)