2017年 08月 31日

60’s White-Stag cable stitch knit sweater

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

明日から9月、店頭にウールものも徐々に持ってきております。
と、今日は最高25℃といきなり涼しくなりました。
週間予報でも向こう1週間は30℃まで気温が上がる日もないようで、
早くも、一雨毎に、という時期に突入でしょうか。

ということで、本日はウールものをご紹介。
60’s White-Stag cable stitch knit sweater ¥12,800 (税込 ¥13,824) SOLD! ありがとうございます!
e0343648_18571200.jpg
60年代に製造されたWHITE STAGのタグのつくケーブルニットです。表記サイズはM。使用感はあるものの、ダメージの見当たらない良好なコンディション!

WHITE STAGは古着ファンの間ではHIRSCH WEIS(ハーシュワイス)といった方がピンとくるブランドかもしれません。
ハーシュワイスは1907年にアメリカ西海岸、オレゴン州ポートランドに設立された会社。スキーウエアや木こりの為の作業着などアウトドアウエア全般の製造を手がけていたようです。よく似たブランドに、今も現存し人気ブランドであるお隣ワシントン州のFILSONがありますが、両社は地理的にも近く、使っていた生地(ラバーボンディングのようなやつです)も同様で、同じメーカーの部材を使っていたと推測できます。ダブルマッキーノスタイルのロガージャケットなど古着ファンの間ではお馴染みの存在でしょう。
そのハーシュワイスが30年代にスタートしたのがWHITE STAGブランド。そのブランド展開はアウトドアのみならず、ウールものなど多岐に渡っていたので、古着をかじった方であれば目にしたことのある比較的ポピュラーなブランドだと思います。
そして、調べたところWHITE STAGは2003年にウォルマートにその商標が売られ、今ではウォルマートのレディースラインの一つになっているんですね、知らなかった笑 
ポートランドといえば、鹿革専門のメーカーが数多く存在したり、レザージャケットではLanglitz leathers、ウールではDehenなどアメリカ古着の中でもポピュラーな土地の一つです。そんなポートランド発のWHITE STAGらしからぬセーターが本日ご紹介のケーブルニット。
e0343648_19005804.jpg
タグ。良く見かけるWHITE STAGのタグです。
e0343648_19013534.jpg
で、このタグ、続きがあって、下に隠れた部分にこんな文言。
「MADE IN THE BRITISH CROWN CORONY OF HONG KONG」
英国の直轄植民地、香港において製造という訳です。
なるほど、2度目の英国による統治下にあった香港で製造されたセーターを米国に輸入、WHITE STAGのタグを付けて販売したのが今回ご紹介のケーブルニットということでしょう。
WHITE STAGのタグにもINTERNATIONAL Ltdという表記がありますし、西海岸という地理柄もあってか比較的早くからこうした商品開発を行っていたメーカーだったのだと思います。
一見してヨーロッパ製にしか見えないセーターの謎がなんとなく解けたところで、ディティールをチェック。
e0343648_19114365.jpg
ハイネック気味の襟、冬の防寒性の高さは言わずもがな。
胸の位置で切り替えになった編み込み。胸の部分はクロスドとロープがあしらわれ、切り替えになった縦の部分はロープとゴム編みが交互になっています。やはり通常のアメリカ古着ではありえないディティールです。
e0343648_19175706.jpg
袖、裾はリブはもちろん無い訳です。純粋なアメリカものだと長いリブが付きそうなものですが、2cmほどのヘムが再度切り替えになっていて、ここもヨーロッパのニットの雰囲気。
e0343648_19225394.jpg
後ろも前身頃同様の編み方です。
では、久しぶりの着用画像でご紹介。
e0343648_19240486.jpg
実寸は裄丈82cm、身幅51cm、着丈66cm。178cm、70kgが中にTシャツ一枚を着た試着でちょうど良いフィット感で着ることができました。もう少し小柄な方でも多少ゆったり着ても良さそうです。ミドルゲージの程よく柔らかなニットなので、チクチクするのが苦手という方にもお勧めできます。
状態も若干の毛玉やウールものにつきものの脇の下のスレなどはありますが、特筆すべきダメージはなく非常に良い状態だと思います。
ダークネイビーの色味や各部ディティール、そしてアメリカ衣料の代表的都市の一つである西海岸ポートランド発のWHITE STAGのタグが付くも、ヨーロッパ然としたケーブルニットという珍品。
なんてことないセーターかもしれませんが、個人的にはかなり気に入っています。
状態も良く、飽きずに付き合っていけるセーターに間違いないので、大切に着てくださる方にお求めいただきたいです。

是非、ご覧ください!
宜しくお願い致します。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

# by buttonupclothing | 2017-08-31 19:36 | アメリカ古着 | Comments(0)
2017年 08月 30日

80's U.S.N. type G-1 jacket (mint condition)

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

昨日の朝はビビりました。
けたたましく響くJアラート、しかし寝起きのぼーっとした頭では
「頑丈な建物に避難しろと言われても、そんな建物どこにあるんだ。」
と思い、開き直ってそのまま寝ました。
5時半から寝床でハイハイをしていた息子に何かあってはいけない、
と思いつつも、ミサイルが落ちてきたらどうしようもない、という諦めの気持ちと
おいおいまじかよ北朝鮮、大概にせえよ!?という怒りの気持ちが湧きました。
なんとかしてほしいものです。

ということで、今日の商品紹介です。
80's U.S.N. type G-1 jacket (mint condition) ¥19,800 (税込 ¥21,384) お客様ご試着の為、一旦HOLDです。
e0343648_21442238.jpg
80年代に製造されたUSネイビーのボマージャケット、G1です。表記サイズは40、ダメージなく使用感もほとんど感じられないミントコンディションです。
e0343648_21455520.jpg
タグ。コントラクターはラルフエドワーズ、60年代以降の7823では比較的よく目にするメーカーかと思います。
会計は84年。USネイビー、海軍のフライトジャケットとして30年代に登場したM-422からの系譜の最終期にあたります。
e0343648_21545183.jpg
ボアはアクリル。天然ボアではないものの、劣化を心配しなくても良いのはこのジャケットの魅力。これだけでもこのジャケットを選ぶ理由になるでしょう。フカフカです。
e0343648_21570629.jpg
ベルテッドバックと
e0343648_21591494.jpg
両側のアクションプリーツが何と言っても特徴的。しのぎを削ったUSAAFのフライトジャケットであるA-2よりも立体的な作りに魅力を感じる方も多いはず。
e0343648_22004942.jpg
ライニングは汚れ、ダメージなし。極上のコンディションです。
e0343648_22012345.jpg
G-1といえばウインドフラップにパンチングで施されたUSNの文字です。
e0343648_22070659.jpg
ジッパーはスコービル。厚い山羊皮を用いたシェルの厚みがなかなかのもので、ジッパーを差し込むのにコツが必要なほど。ということで、雄側のエンド、少し削れてます。とはいえ、ヴィンテージの扱いに慣れていてちゃんと取り扱いが出来る方であれば問題ないでしょう。
e0343648_22112001.jpg
G-1といえば、大型のポケットにペン差し。
e0343648_22123296.jpg
e0343648_22125093.jpg
袖、裾共にリブは全く傷がありません!極上です。
実寸は肩幅46cm、身幅54cm、着丈67cm、袖丈63cm。

フライトジャケットというものの、現在では戦闘機の中で着ることは許されておらず、基地内でのみ着用されるG-1ジャケット。
しかしながらボマージャケットとしてアメリカでも愛され続け、今でもレプリカが製造されている象徴的存在。
襟に天然ボアを使った時代のものはもちろん最高にカッコ良いですが、アクリルボアのものは先ほど述べた通り気兼ねなく使用出来る手軽さが魅力。ここまで状態が良いものも中々ありませんし、お安めに出しておりますので、お探しだった方はこの機会にぜひ!

是非、ご覧ください。
宜しくお願い致します。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

# by buttonupclothing | 2017-08-30 22:22 | アメリカ古着 | Comments(0)
2017年 08月 23日

LA AZTECA Chimayo bag (unused)

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

およそ一月ぶりのブログ更新です。
記事を楽しみにしてくださっていた方には大変お待たせを致しました。
今後ともマイペースに執筆していきますので、ご愛顧のほどをお願いいたします。

さて、本日の商品紹介です。
NOS LA AZTECA Chimayo bag ¥24,800 (税込 ¥26,784)
e0343648_19283412.jpg
アメリカの先住民、ネイティブアメリカンが彼らの間で伝統的に伝わる模様を手織りで織ったチマヨ。ブランケットやジャケットなど、ネイティブ系のアクセサリーの流行もあり、今ではかなり一般的な存在になったかと思います。
そんなチマヨを製造していたメーカーの中でも、群を抜く物作りをしていたのが、本日紹介するLA AZTECAでしょう。
特にチマヨジャケットではポケットにボールチェーンを使ったり模様のパターンが洗練されていたり、一目でそれとわかる作りです。そんなメーカーのチマヨバッグ、未使用と思われるデッドストックコンディションでご紹介です。
おそらくですが、付いているタグや素材から30年代ないし40年代のものかと思います。
シルバーのコンチョが付いているものを多く目にしますが、ボタン留め。
e0343648_19340360.jpg
後ろは持ち手の付かないシンプルなタイプ。
e0343648_19370688.jpg
フラップを開くと、ライニングは古いアンダーシャツの前立てなどで見る様な布帛。
e0343648_19392165.jpg
中は間仕切りがあり、大型ポケット2箇所にカードホルダーが1箇所。チマヨバッグの中でも収納力のある作りになっています。普段持ち歩く様なもの、財布に携帯電話、手帳にペン?位は余裕で入ります。
e0343648_19423932.jpg
LA AZTECAのタグ
e0343648_19442909.jpg
そして、品質表示のタグも完璧な状態で残っています。いわゆる紙タグですので、これが残っているということは未使用品で間違い無いでしょう。テキサス州はエルパソのDAVID S. SHEHADY用の商品とのことですが、個人だったのか、店舗だったのか確定できませんでした。ただ、同名で1800年代後半にエルパソに生まれ、メキシコとの交易に関わっていた人物がいた様で、その人物の為に作られた商品だったのかもしれません。同姓同名かもしれないので、あくまで可能性ですが。
全体に保管状態は完璧でダメージのない良好な状態です。
お財布としてはもちろん、身の回り品を入れて持ち歩くバッグとしても活躍しますよ。

サイズは縦おおよそ14.5cm、幅おおよそ23.5cm。ipad miniが入るサイズでした。
是非、ご覧ください。
宜しくお願い致します。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

# by buttonupclothing | 2017-08-23 19:59 | アメリカ古着 | Comments(0)
2017年 07月 24日

60's Levi's 70505 big-E denim jacket

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

出勤前、閉会前審査を視聴。で、店に着いてからライブ映像で視聴。
色々と辻褄の合わない説明?というかはぐらかし。1月20日。。。。。低頭平身の姿勢だけ見せて逃げ切るんでしょうね。
野党の追求の内容はと言うと官邸サイドの齟齬を突いてるな、とも思うんですが、口の利き方がなっていない
議員さんが少なくないのが見ててキツいですね。政治家である前に社会人としてどうなんよ、ということで。

久しぶりのブログをそれとなく時事ネタで始めて、からの商品紹介です。

late 60's Levi's 70505-0217 (557 specification) ¥19,800 (税込 ¥21,384) SOLD! ありがとうございます!
e0343648_21244349.jpg
60年代後期に製造されたリーバイスの4thモデル、70505-0217です。表記サイズは42。状態は左肘の破れなどありますが、全体的になかなか良い味の出た状態です!この一枚目の写真を見てピンと来たあなたは古着通。
通常の70505よりも短い着丈。そう、1967年に品番変更された70505、その初期にのみ製造されていた557、3rd仕様の4thです。
e0343648_21294023.jpg
紙パッチ。一般的に目にするのはこれよりも高さのない小パッチがほとんど。初期の70505にのみ3rdまでと同じタイプの大パッチが付きます!パッチのデザイン、ツーホースマークのバランス、やはり大パッチが付くと一段レベルが上がった気分です。
表記は42ですが、着用感38程度のお求めの方が多い、実に良いサイズです。後ほど詳しく。
Gジャンに関しても、ジーンズと同様、品番変更の時期には消費者の混乱回避の為、上に従来の品番、下に新品番を併記するのがリーバイス流。このパッチには見られませんが、もう少し前に製造された個体では70505の品番の上に557の表記が確認できます。
紙パッチの変遷は大パッチダブルネーム→大パッチ70505表記のみ→小パッチかつ557の仕様が残ったもの→小パッチ、となりますので、この個体は60年代の終わり頃の製造だと推測できます。
e0343648_21531182.jpg
赤タブはもちろんビッグEなのですが、Vの字に注目。Vの左右の太さが均等な通称、均等Vです!リーバイス社が赤タブのVの字を左右均等から左右不均等(右側が細い)に変更したのは1967年頃とされています。と言うことは、この70505もモデルのファーストイヤー1967年の製造???というのはおそらく早合点で、工場にストックとして残っていた均等仕様の赤タブを後年に使用した可能性もあります。前述の紙パッチの表記や、全体の仕様から総合的に判断するとこの個体はファーストイヤーのものでは無いと思います。ヴィンテージリーバイスの年代考証は(リーバイスのみならず当時の様々なワークウエアなど含め)こういう年代の違うパーツが混在していることが少なくなく、特定の箇所では判断できず全体をサーベイして総合的に判断する必要があります。そこが魅力だったりしますが笑 いずれにせよ、70505の初期の個体に間違いはなく、魅力的な一枚です。
e0343648_22131788.jpg
ポケットフラップ下のカンヌキ。小パッチの70505では黒糸でカンヌキ、そしてカンヌキ間のステッチも黒糸シングル。70505初期のものは557同様、ここがオレンジカンヌキ&ダブルステッチ。やはりデニムに映えるというか雰囲気が違います。
e0343648_22171008.jpg
袖口の内側、小パッチ70505ではチェーンステッチ。初期は3rd同様のシングルです。ここがチェーンだと着用による摩擦で擦り切れてしまうのですが、この個体はシングルステッチなので、綺麗に残ってます。
e0343648_22205520.jpg
ボタン裏刻印は525。品番変更の1967年当時はボタン裏刻印がまだ一桁で、後に三桁に変更になった、とされています。この辺も年代考証の重要な要素。ちなみにボタン裏刻印は工場の固有番号とされています。当時のリーバイス社の工場のうち、ヴァレンシア工場に関する英文記述は容易に見つかりますが、他工場の情報はなかなか見つからない。いつかこの辺の一時資料も手に入れたいところです。
e0343648_22211243.jpg
ウエストバンド内側はもちろんチェーンステッチ。シングルに比べて摩擦係数が高いので、ちょっと擦り切れ気味。しかしこの箇所、着用頻度が多いと真っ先になくなってしまうステッチで、これが残っているということは着用頻度が少なかったということ。
e0343648_22302370.jpg
ですが、1箇所、左肘にクラッシュ。現状、着用に支障ない&リペアは比較的容易。残念ですが、目立つダメージはここ1箇所。

着用画像です。
e0343648_22320073.jpg
実寸は肩幅46cm、身幅52cm、着丈59cm、袖丈62cm。178cm、70kgが下にTシャツ一枚を着てジャストな着用感です!この短めな着丈が3rdの特徴。1st、506から連綿と続いてきたGジャンの特徴です。パンツがハイウエストだった頃の名残とも言えます。70505の557仕様、こうして見てみると3rdにしか見えません。細いアームホールも現代的。色残りもまだまだあります。
初期70505は各部仕様が557同様ながら品番は70505ということで、市場価格も557ではなく70505に準じています。この個体も左肘のダメージがなければもう少しプライスが張るところですが、状態考慮でこの価格。今秋以降もGジャンのブームは続くでしょう、今のうちにゲットしてみてはいかがでしょうか。

是非、ご覧ください。
宜しくお願いします!

せっかくですので、同じ70505ビッグEで比較対象をご紹介。

late 60's 70505 big-E denim jacket ¥17,800 (税込 ¥19,224)
e0343648_22492938.jpg
こちらも60年代後期製造と思われる70505ビッグE。サイズ表記は確認できませんが、42程度の着用感。色落ち、使用感ありですが、目立ったダメージはありません。
e0343648_22541127.jpg
これが先ほど説明した小パッチです。この個体は小パッチ、各部仕様も完全に70505に準ずるものとなっています。
e0343648_22583518.jpg
赤タブ。右側が細い不均等V。先ほどの均等Vと見比べて見てください。
e0343648_22591983.jpg
フラップ下。先ほどの557仕様との見た目の差、歴然ですよね。
e0343648_23001938.jpg
袖内側がチェーンステッチ。摩擦で半分以上、消失しています。
e0343648_23012537.jpg
ウエストバンドのチェーンステッチはそれなりに残っています。
e0343648_23015546.jpg
ボタン裏刻印は521。
着用画像です。
e0343648_23023342.jpg
実寸で肩幅47cm、身幅55cm、着丈65cm、袖丈65cm。私には大きめです。普段40ないし42インチを着るかたでジャストでしょう。70505で長く変更された着丈、一般的にはこちらの方が着やすいでしょう。
70505のビッグE、縦落ちする最後のヴィンテージともされるGジャン。こちらもシーズンイン前にいかがですか?
スモールeも含め、珍しく今店頭に10着弱揃っている70505、ぜひこの機会に!

是非ご覧ください!

では、宜しくお願い致します。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

# by buttonupclothing | 2017-07-24 23:10 | アメリカ古着 | Comments(0)
2017年 07月 15日

60's Royal Hawaiian cotton Hawaiian shirt

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

今年は暑いですね。青森も今日で9日連続の30℃越え。
もはやバテそうですが、九州ではもっと大変ですので、文句は言えません。

本日の商品紹介です。

60's Royal Hawaiian cotton Hawaiian shirt ¥6,800 (税込 ¥7,344) SOLD! ありがとうございます!
e0343648_21470283.jpg
60年代に製造されたRoyal Hawaiianのハワイアンシャツ。表記サイズはL。使用感も少なく目立つダメージもない良好な一枚です。
e0343648_21503981.jpg
タグ。1937年、マックス・ルイスがホノルルに設立したメーカーながら1947年までには本土メーカーに買収され、確か70年代初頭には姿を消したはずなので、比較的短命なメーカー。買収以前はレーヨンボディにタタキのタグ、買収されたのちはこのデザインをベースとしたタグが一貫して使われたと記憶しています。ボディもチリメンが大半だと思います。
Royal Hawaiianは復刻もされているようなので、ブランド名自体は比較的有名ではないでしょうか。
e0343648_22041775.jpg
品質表示タグも残ってます。洗濯機で洗濯して良し、なんて書いてあります。ここがコットンのハワイアンシャツの大きなアドバンテージ。ハワイアンシャツとしての格は断然レーヨンに軍配が上がりますが、その手入れの難しいこと。脆弱な素材であるレーヨン、ましてやヴィンテージのハワイアンシャツは手洗いが基本で、かつ細心の注意を払って行わなければ生地を痛めること必至。汗をかく夏に着るハワイアンシャツで洗濯が気軽に出来ない、ここがレーヨンハワイアンシャツの難しい点です。しかも涼しげな見た目と裏腹に、それほど涼しくはない笑 とは言え、ヴィンテージハワイアンシャツ、特にレーヨンの存在感は格別。ルーツに当時の日系人が深く関わっているという点も影響してか、アジア人の伊達着としてこれ以上のものはないと思うくらいです。かくいう私も最初にヴィンテージ古着にハマったのはヴィンテージハワイアンシャツからでしたね。洗濯で失敗したこともありましたし、悔しい思いもしましたが、今でも着る機会は少なくなったものの、やはり大好きで手放せないものもあります。

さて、タグにはRN表記、60年代以降のものだとハッキリと分かります。
素材はコットン100%表示です。
e0343648_22220387.jpg
ボタンは古銭を模したメタルボタン。ココナッツ、シェルなど色々な素材があるヴィンテージハワイアンシャツのボタンですが、チリメンのものにはこの和同開珎のようなメタルボタンが付いているのが一般的。
茶と橙に緑の入ったハイビスカス柄は和紙のデザインのようでもあり、柿のようでもあり。渋みのある配色で、大人も抵抗なく着ることのできるハイビスカス柄かと思います。
e0343648_22332635.jpg
閉める人はいないかもしれませんが、一応ループボタンもちゃんと残っています。

Ipad自撮りでプアーな構図ながら着用画像です。
e0343648_22343159.jpg
実寸で肩幅48cm、身幅58cm、着丈74.5cm、袖丈22.5cm。178cm、70kgが下にTシャツ一枚を着た着用画像です。L表記ながらMからLという感じのサイズ感。目立つダメージもなく、肩の力を抜いて着用できる一枚、グッドレギュラーです。ここ弘前では粋にハワイアンシャツを着流す人を全く見かけません。日本男児、もっとハワイアンシャツを着ましょう。

是非、ご覧ください。

ハワイアンつながりでもう一品。

Matson Lines duffle bag ¥13,800 (税込 ¥14,904)
e0343648_22440170.jpg
マトソンラインのステンシルの入るダッフルバッグです。おそらく未使用品。大型でミリタリーのダッフルバッグのような魅力のあるルックスです。
e0343648_22450277.jpg
マトソンライン。ハワイアンシャツフリークの方であればご存知、マッキントッシュやサベージのメニュー柄で有名なあのマトソンラインです。SFに本社を置くマトソン社。このダッフルバッグを買い付けたのがSFなので、100%間違いないでしょう。
e0343648_22531787.jpg
厚手でツブツブの多いキャンバス地。底は丸く生地がとられ、正円筒型。持ち手とその負担のかかる箇所は生地が二重になっています。
e0343648_22543467.jpg
上部にはハトメとロープ
e0343648_22551164.jpg
ハトメには3の刻印。とはいえこの3が何を意味するかは皆目分かりません。
e0343648_22560700.jpg
開口部の補強にグルっと一周、チェーンステッチが施されているのですが、斜めに入って、最後も斜めに出て行ってます。マチ付きのワークシャツの縫製の様でもありますし、消費材のダッフルバッグなので、工程を減らす為のものだったのか。分かりませんが、古いものには間違いないようです。

かつて西海岸からハワイを6日間で結んだマトソンライン、その物資の運搬を用途として作られたであろうダッフルバッグ。
ハワイアン関連のものの中でも目にする機会はあまりないかと思います。
洋服などの見せる収納にも良し、壁掛けで飾っても絵になるダッフルバッグです。
おそらく未使用品、状態も良いので、この手の雑貨がお好きな方にはお勧めの雰囲気あるアイテムです。

是非、ご覧ください。
宜しくお願い致します!

明日16日(日)は私用で15時頃までの営業とさせていただきます。
ご来店を予定くださった方にはご不便をおかけいたしますが、宜しくお願い致します。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

# by buttonupclothing | 2017-07-15 23:12 | アメリカ古着 | Comments(0)