人気ブログランキング |
2019年 04月 20日

買い付け報告

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

昨晩、無事に仕入れから戻り、本日から店舗の営業を再開しました。
日本一の「弘前さくらまつり」もちょうど今日から始まり人出もちらほら。
手持ちからどんどん品出し&値付けをしていますので、是非ご来店、SNSの情報チェックをお願いします。
今年の10連休は買い付け直後で大充実の当店に是非お立ち寄りください!

ということで、早速の買い付け報告です。

4月9日(火)
e0343648_16304717.jpeg
今回は成田からのフライト。朝早い便だったので、空港周辺のホテルに前泊。
しかし、大雨と雷でチェックイン中に停電。急遽受付スタッフの方が全て電卓と手書きで対応という波乱のスタート。
それでもフライト当日は快晴。スムーズに出発です。

同日午前にアメリカ入り。
レンタカーをピックアップし、早速買い付け開始です。
e0343648_16422094.jpeg
ローカルのスリフトや
e0343648_16432215.jpeg
中西部らしく、どんな小さな町にも必ずアンティークモールがあるので、あたりを付けて片っ端から回ります。
e0343648_16444953.jpeg
ジョン万次郎もアメリカから持ち帰ったダゲレロ。こんな感じでいたるところに残っているのですが、アメリカにも
コレクターは多く、なかなか安くは買えません。
e0343648_16472669.jpeg
時差ボケで猛烈に眠かった初日、スリフトで終了。大したものは仕入れられませんでしたが、いつも初日はこんなものです。

e0343648_16502071.jpeg
翌日はどんより。ニュースによれば中西部の広範に激しい雷雨がやってきているとのこと。集中豪雨が起こることも少なくない地域、ちょっと緊張しました。
e0343648_17315332.jpg
BIG YANKやFIVE BROTHERなどボタンのアソート。ディスプレイにも良いし、シャツのリペアに使えるし迷ったのですが、値段で断念。
e0343648_16555713.jpeg
アンティークモールの玄関、夢のあるディスプレイ。
e0343648_17081777.jpg
別なモールにて。会計中なのですが、閉店時間が来ると片っ端から電気が消えていくアメリカ式。。。しかもおしゃべりしながら会計するもんだから、同じ商品が二重に計上されていたり踏んだり蹴ったりです。
e0343648_16564950.jpeg
夕食はチポトレのボール。「おぇ〜」と言うアメリカ人の友人もいますが、比較的安くて腹も膨れるし、毎度一回は食べます。日本上陸してくれないかなー。

翌日は早朝から東へと移動。13時に約束を入れたディーラーは今回が初対面。色々と情報交換をしつつ数点譲ってもらいました。ヴィンテージに特化しているディーラーにとって、国を問わず難しい時代の様です。
ここでは初めて訪れたアンティークモールのオーナーに気に入ってもらってプレゼントを頂いたりと、パイプが出来上がってきました。今後も買い付けには外せない場所になるでしょう。

e0343648_17280732.jpeg
滞在中、晴れと大雨が交互にやってくるスッキリしない天候でしたが、この日は時折強い雨の降る中を移動。
大規模なアンティークモールからスタートです。
e0343648_17343144.jpeg
出た、トランプブース。ヴィンテージで最低25年、アンティークで最低100年というルールも無視だし、そもそも誰か買う人いるのかな。いるから、こんなブースもあるのでしょう。
e0343648_17373207.jpeg
朝昼兼ねたサンド。ドライブスルーで買って車内でササっと腹に収めて、すぐさま移動です。
買い付け中は1分1秒を惜しんでひたすら動き回ります。
e0343648_17435980.jpeg
少し北上すると天気も回復。店の裏に沼が広がるのどかな地域のアンティークモールもトライ。意外と良いものが買えました。
そしてまた少し北上。これまた初対面のディーラーの倉庫で商談。80's〜90'sを積極的に集めているディーラーだったので、ヴィンテージの在庫は少なかったのですが、それでも数枚、フェアプライスで仕入れることができました。
e0343648_17492983.jpeg
夕方、また別なモールを訪れる頃にはまた雨。
e0343648_17505444.jpg
ジャパンフィニッシュのベットフレーム。値段もそれなりでしたが、このベッドで寝たいとは思えなかったので、
置いてきました。
e0343648_18070064.jpeg
この日はローカルのメキシコ料理屋でディナー。美味しかったし、ビールも飲めて良かったのですが、食べてる横でモップがけされたのが玉に瑕。
e0343648_18113198.jpeg
翌日は雪!積もる様な気温ではありませんが、かなり寒い朝でした。
e0343648_18123159.jpeg
今回も日産ローグで回ったのですが、ナンバープレートのアンカーが左右ともに緩んでいて、ハイウェーのどこかに落っことしそうだったので、荷造りテープで補強。雨で接着剤の成分が変質して液体になってます笑
e0343648_18172369.jpeg
回っているうちにピーカンになったりと、本当に安定しない天候でした。
e0343648_18180846.jpg
モールに転がっていたM-455A。シープスキンものとしては、比較的良い状態だったのですが、それでも硬化はしていて、
実用は厳しいと思い、購入には至りませんでした。
e0343648_18243329.jpeg
この日のモーテル。自然の家の様な、合宿所然とした雰囲気。安宿を泊まり歩くのが定石の買い付けではありますが、
やっぱりこういう宿にあたると、ちょっと萎えます。
e0343648_18270989.jpeg
廊下のライトは曲がっていて笑、
e0343648_18274165.jpeg
部屋番号のプレートは無造作に床に置かれています笑。
e0343648_18282299.jpeg
それでも朝のコンチネンタルブレックファーストには、珍しい(?)ベーグルが出たので良しとします。
e0343648_18300268.jpeg
朝一から巨大なモールへ。
e0343648_18303795.jpg
値段も手頃なワードローブ。材質はパイン、持って帰りたい素敵な品でしたが、コンテナではないし諦めました。
e0343648_18322203.jpeg
快晴
e0343648_18325150.jpeg
お土産に買っていたTRADER JOESのピタチップス、袋に破れがあったので、急遽、お昼ご飯になりました。
「REDUCED GUILT」とは上手い事言うもんですね。
e0343648_18344950.jpeg
今回の買い付けでは相当数のアンティークモールを回りましたが、くまなく見ると一軒でかなり時間を使ってしまいます。
それでも仕入れたい商品が一つもなかったり、あるいはあっても価格が合わないなど、なかなか難しいところです。
e0343648_18370517.jpeg
この日はインディアナポリスまで移動して宿に入りました。
e0343648_18375250.jpeg
翌日、朝一で訪れたアンティークモールの一角。マントルピースとバルセロナチェアの組み合わせ。
100年以上経つ建物を上手にリノベーションした、他のアンティークモールとは一線を画す、今の時代の空気感のある素敵なモールでした。ここでも古着を雑貨をバランスよく仕入れました。
e0343648_18422404.jpeg
これはインスタグラムにもアップしたビートルズTee。ボディはFruit Of The Loomのコットン100%。
POPEとあるので、ビートルズの4人を讃える内容なのでしょう。
このブログをずっとご覧いただいている方にはお馴染み?ですが、私は超のつくビートルズファン。
しかし、というかであるが故に、直球すぎるビートルズは、着る気が起きないんですよね。
なんか小っ恥ずかしいというか。その意味でもこのTシャツのグラフィックの良さには目を奪われましたし、
状態も良く、ビートルズファンの方にはオススメな一枚です。価格などは追って紹介いたします。
e0343648_18510749.jpeg
近くの町の古着屋なども回って、仕入れも大体終了。
e0343648_18540349.jpg
最後の夕食は宿の隣のボーリング場の持ち帰りピザ
e0343648_18554517.jpg
ピザを待つ間にビールで乾杯。今回の仕入れは業種は異なるものの、アメリカ仕入れをスタートする友人の通訳、アテンド
も兼ねていて、いつもとは異なる買い付けスタイルでした。
e0343648_18582972.jpeg
16インチのソーセージピザ、最高に美味しかったです。
e0343648_18515764.jpeg
チェックアウト。最終日の宿はいつものチェーンに30ドルほどプラスしてほんの少しだけ豪華に。
とはいえ、朝食はいつもと変わらないコンチネンタルスタイルでしたけどね笑
e0343648_18595651.jpg
雨のシカゴを9日前に降り立ったオヘアへと向かいます。
e0343648_19005018.jpg
レンタカーも返却、シャトルバスでターミナルへと。ホームデポのLとSを組み合わせた箱には手持ちの椅子が入っています。
e0343648_19021166.jpeg
ゲート近くのパブでビールを飲みながら搭乗待ち。早く帰りたい様な、名残惜しい様な気分です。
e0343648_19032312.jpeg
東京駅もそうでしたが、特に成田空港は日本人の方が少ないのではというくらい外国人の観光客が多かったです。
随分様変わりした様に感じました。
3時間半の新幹線にさらに1時間弱の在来線。日付が変わる少し少し前に無事帰宅できました。

さて、今回の買い付け報告はお楽しみいただけたでしょうか。
毎回のごとく、固有名詞を伏せたり、写真が少なかったりと臨場感には欠ける点もあるかと思いますが、
ご容赦ください。

出来るだけヴィンテージにこだわって仕入れをしてきた当店ですが、商売としてはかなり厳しいことも自分なりに
痛感してきました。今回はただ単に古さやブランドにこだわるのではなく、そもそも洋服として良いものかどうかという点を
第一に、買い付けたつもりです。自分自身を良い状態にチューニングできているときは良いものをピックできた様に思っていますし、買い逃してしまったアイテムや、その逆もありながらも、全体としては納得できる仕入れになったと思っています。
これからご紹介していくアイテムがこのブログをご覧くださる皆様にとっても魅力あるものであることを願うばかりです。

そして、一昨日の18日で当店は4周年を迎える事が出来ました。一年、もう一年と厳しいながらも続けてきましたが、4年続けてこられたのは、これまで当店をご贔屓にしてくださったお客様、お取引様、関わってくださった全ての方々、家族友人の支えがあってこそです。心より御礼申し上げます。今後とも変わらぬご支援ご指導を賜ります様、宜しくお願い致します。
という事で、ウェブストア、実店舗で4周年感謝セールを行います!
内容は明日21日(日)発表しますので、また本ブログをチェックくださいませ。

時差ボケで朦朧としながらの執筆ですので、乱文ご容赦くださいませ。
また明日お目にかかります。
では!

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com





































# by buttonupclothing | 2019-04-20 19:26 | 仕入れ | Comments(0)
2019年 04月 07日

買い付け日程

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

明後日9日より、買い付けのためアメリカに渡ります。
帰国は19日、少し短めの10日間のスケジュールです。
明日8日から19日までは店舗はお休みさせていただきます。

営業再開は20日の予定です。
手持ちの商品をできる限り品出ししていきますので、是非遊びに来てやってください。

毎度のことながら、果たしてどんな仕入れができるか、期待と不安がないまぜですが
行くからには一所懸命頑張って来ます。

買い付け中は時間の許す限り、当店インスタグラムFBページなどで経過報告してまいりますので、
チェックいただければ幸いです。
それでは、行って来ます。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com


# by buttonupclothing | 2019-04-07 23:57 | 仕入れ | Comments(0)
2019年 03月 27日

50's Casualcraft Pharaoh jacket (mint condition)

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

一日中雪が降った弘前。
春はすぐそこまで来ているけれど、今週末までは足踏みが続きそうです。
ということで、今日はまだまだ活躍するアイテムをご紹介。

50's Casualcraft Pharaoh jacket (mint condition) ¥35,800 (税込 ¥38,664) SOLD! ありがとうございます!
e0343648_22050584.jpg
50年代後期の製造でしょう、ファラオジャケット。使用感のほぼないミントコンデイション。サイズも38表記と好条件の揃った一着です。
e0343648_22054646.jpg
Casualcraftというマイナーブランドのタグが付いています。ファラオといえば「Clicker」や「Sir Jac」、そして「PENNEYS」といった有名ブランドのものがメジャーですが、今回、紹介のファラオもなかなかの逸品です。
サイズ表記は38のレギュラー。
e0343648_22082415.jpg
ジッパーはアルミのいわゆるデカタロン。動作は非常にスムーズです。
e0343648_22115871.jpg
独特なチャコールグレー?ブラウン?というカラーリング。ファラオも例に漏れず黒が最も評価されるところですが、
飽きのこないこういう色味も一着欲しいところ。
e0343648_22133187.jpg
画像では見にくいですが、ブラウンにグレーのラインが入るリブも雰囲気が良いです。
e0343648_22145083.jpg
背中も両側にアジャスターの備わるベーシックなものです。
e0343648_22153288.jpg
首元のストラップ。
e0343648_22160569.jpg
キルティング面も傷など皆無です。パッと見、リイシューに見えるくらいコンディションが良いです。
e0343648_22170262.jpg
この程度のウール表面の摩擦、ハゲ程度は確認できますが、間違いなくほぼ使用されてないです。

では着用画像です。
e0343648_22175945.jpg
178cm、70kgの私には理想的なサイズでした。私物にしたいくらいですが、販売します。。
実寸は肩幅48cm、身幅58cm、着丈76cm、袖丈63cm。中綿の厚みがあるので、実寸では大きく感じますが、
着用感は表記通り38といったところです。

東北でも今シーズンはあとひと月も着られないかもしれませんが、状態は最高に良いですし、一生ものとして長くご愛用いただけます。いかがでしょう。

通販ももちろんご利用いただけます!
お気軽にお問い合わせください!
宜しくお願い致します!!

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com


# by buttonupclothing | 2019-03-27 22:26 | アメリカ古着 | Comments(0)
2019年 03月 25日

N.O.S. ~60's DOBBS "Golden Coach" hat

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

先週から頭を離れず何かとチェックしてしまうイチロー情報。
熱心な野球ファンでは全然ないのですが、
イチローは平成の世に育った我々世代にはやはり特別な存在で、
40も半ばに差し掛かっても野球の最高峰の第一線で活躍し続ける彼の言葉には常に注目をしてきました。
引き際でさらに評価が高まったイチロー、伝説を通り越してもはや神話。

ということで、本日の商品紹介です。

N.O.S. ~60's DOBBS "Golden Coach" hat ¥15,800 (税込 ¥17,064)
e0343648_19451386.jpg
デッドストック。60年代までのものと思われます。
名門ハットメーカー「DOBBS」の「Golden Coach」、フェルトハットです。ブラック。
かなり厚手のフェルトでしっかりした帽体です。
e0343648_19494345.jpg
名門DOBBSといえばこのロゴです。
e0343648_19480606.jpg
e0343648_19484687.jpg
クラウンの形状、クリースの中心が高くなるベーシックな形。
ブリム幅は4cm。ヤングな感じになり過ぎずちょうど良い塩梅です。
e0343648_19460769.jpg
リボンも帽体と同素材。フェザーと金属製の飾りがつきます。
e0343648_19511346.jpg
サイズ表記は7 1/4。内周58cmから59cm弱です。

デッドストック、保管状態も完璧です。
スベリにちょっとした表面のスクラッチくらいはありますが、全く問題にならない程度。

それでは簡単ですが、本日はこの辺で。
通販ももちろんご利用いただけます!
お気軽にお問い合わせください!
宜しくお願い致します!!!!

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com



# by buttonupclothing | 2019-03-25 19:53 | アメリカ古着 | Comments(0)
2019年 03月 15日

~30’s white cotton chore jacket

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

今週は冬に逆戻りしたような天候の続いた弘前も、今日は時折晴れ間も。
雪予報の日もあるものの、三寒四温の頃は春へと向かっているようです。

本日の商品紹介です。
先日、ウェブストアにも掲載したジャケットです。

~30’s white cotton chore jacket ¥29,800 (税込 ¥32,184)
e0343648_18422029.jpg
1930年代頃までに製造されたと思われるワークジャケット、程度はかなり良い部類です。
e0343648_18444472.jpg
スタンドカラー、最近ではバンドカラーの呼称が一般的でしょうか。
タグなど備わらないのですが、ボーンボタンと凹凸のある生地でおおよその年代を推測できます。
以前、販売したことのあるWW2以前のミリタリーウェアでも使われていたボーンボタン。1910年代から存在したベークライトを始めとする樹脂製ボタンは、ある程度普及していたものの、まだ高価で、その為、安価な労働着には加工だけで済むボーンボタンが使われたのではないか?とも推測できます。40年代以降の衣料ではほぼ使われていないと思います。戦勝国となって豊かな時代を迎えた米国では、40年代以降、ベークライトが爆発的に作られ、中でもアクセサリーは50年代のアイコンとして、今でも人気のアイテムです。
コットンもローテクの織り機が使われていた時代ならではの表面が均一ではない、凹凸のあるものです。
e0343648_19041100.jpg
このジャケットの目玉の一つはこのスタンプ。着用時には見えませんが。
サイズ表記の34の下には、「PROP OF MODERN SILVER LINEN SUPPLY CO. 540 WEST 24TH ST N.Y.C.」
のスタンプ。ニューヨーク市24番街西540番地に所在のあった「モダンシルバーリネンサプライ社」の所有物であるという内容。
同社の情報はウェブでは見つからなかったのですが、ニューヨークにかつて存在したリネンサプライの会社のユニフォームだったということだけでも高ポイントです。
シーツやクリーニングを扱う会社のユニフォーム、わずかな汚れも目立ちやすいように、生成りのジャケットだったのでしょう。いわゆるカバーオール、炭鉱夫や工場従業員のユニフォームは汚れが目立ちにくいようにインディゴやダック生地でしたが、反対に汚れが目立つよう意図して作られたジャケットという点も興味深い点です。
e0343648_19140252.jpg
グレーの閂、シンプルなカフスのデザインも良いです。
e0343648_19145100.jpg
5角形のポケット。端に汚れがあるのですが、全体通して汚れはここのみ。ダメージは皆無です。
おそらくほとんど着用されなかったものだと思います。
e0343648_19181542.jpg
背中もシンプル。

実寸は肩幅42cm、身幅46cm、着丈70cm、袖丈56cm。34表記、男性ではかなり小柄な方、むしろ女性にオススメしたい
ジャケットでもあります。スタンドカラーに生成りの色も相まって、女性的なコーディネートにバッチリだと思います。
新旧は問いません、首元にスカーフなどの巻物、袖は捲って片手にキャンバスバッグなど、オフホワイトのジャケットらしく小物も含めたコーディネートで遊んで欲しい一着です。

オールコットンでイージーケア、状態は使用感のないミントコンディションですので、是非トライください!

こちらはウェブストアにも掲載しております。
是非、ご覧下さいませ。
宜しくお願い致します!
e0343648_19254925.jpg
BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com



# by buttonupclothing | 2019-03-15 19:25 | アメリカ古着 | Comments(0)