2018年 05月 16日

50's British Army Gurkha trousers

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

弘前は昨日から暑くなりました。
今日は最高気温29℃くらいだったでしょうか。
何をするにも最高な時期になってきました!

さて、本日の商品紹介です。
50's British Army Gurkha trousers ¥19,800 (税込 ¥21,384)
e0343648_18234695.jpg
ブリティッシュアーミーの通称「グルカパンツ」、左右の太いベルトが交差し、左太腿にポケットのつく1950年パターンです。

近年、完全に定番になったグルカショーツ、更に珍しいフルレングスのモデルです。
あちこちで紹介されてちょっと手垢の付いた感もあるグルカトラウザーズのルーツですが、当ブログなりにまとめると、イギリス&ネパール戦争におけるネパール兵の卓越した戦闘スキルを目の当たりにしたイギリス軍は勝利の後、従属国となったネパールから傭兵として兵士を徴兵できる旨の条項を追加。(これは今日まで続いているんだそう)英国から見たネパールの呼称、グルカ(
ないしゴルカ)から、グルカトラウザースの名称が生まれたというのが大まかなルーツ。
e0343648_18422979.jpg
この独特なウエストのデザインがなんといっても特徴的ですが、ちゃんと実用的で着用するとちゃんと目的を持ってデザインされていることが分かります。ベルトループのつかない1950年パターンです。
e0343648_18445114.jpg
タグの年度は1953年。サイズは8、英国官有物であることを示すブロードアローもちゃんと確認できます。
e0343648_18480722.jpg
バックポケットは2つ。このタイプが一番使い勝手が良いかなと思います。
e0343648_18550909.jpg
右太腿に小穴と
e0343648_18562832.jpg
プリーツの畳み部分に穴開き。いずれも目立つ物ではなく、着用の支障になるような物ではありません。

着用画像です。
e0343648_18581560.jpg
実寸でウエスト最大75cm程度、股下80cm、裾幅22cm、全長113cm。178cm、70kgの試着です。
レングスは長いので内側に折り返しています。左右のベルトの穴は最大で止めていますが、左右1つずつくらいなら
内側の穴でもOKそうです。意外にクセのないストレートシルエット、ウエストの表情が魅力的です。
数回ウォッシュといった感じの生地の状態、多少のダメージがありますが、市場価格に比べればかなりお安めかと
思います。いかがでしょうか。

もう一本あります。
NOS 50's British Army Gurkha trousers ¥16,800 (税込 ¥18,144)
e0343648_19065821.jpg
こちらは上のものと同じ1950年パターンのデッドストック。なのですが、
e0343648_19081630.jpg
タグが真っ二つ。。。ウエストが詰められてます。。。のでお買い得プライスで。おそらくもとのサイズは11だったのだと思います。結構大きめなサイズです。
e0343648_19103608.jpg
平置きではヒップポケット同士が近い感じにはなってますが、着用時はお尻の形に沿って立体的になるので違和感はないのでは。
e0343648_19163402.jpg
グルカショーツ、トラウザーズを手にした方ならわかる、デッドならではの光沢のあるドリル地の質感です。
こちらはウエスト最大約72cm、股下82cm、全長121cm、裾幅25cm。
身長のある女性が履いてもズドンと太めにカッコよく決まりそうです。

以上2点、通販もご利用いただけます!
お気軽にお問い合わせください。
よろしくお願いいたします!
e0343648_19204264.jpg
BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel & Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2018-05-16 19:23 | ヨーロッパ古着 | Comments(0)


<< 買い付け日程など      ~60's Field... >>