2018年 09月 27日

~50’s “Native American” pillow case

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

台風24号の進路、心配です。
今年は本当に自然災害続きますね。。。

さて、本日の商品紹介です。

e0343648_18323185.jpg
おおよそ50年代までの製造でしょう、日本製ピローケース。ネイティブアメリカンの横顔の刺繍。
e0343648_18333049.jpg
この刺繍、スカジャンでも全く同じのがあり、希少性の高いネイティブモチーフということで、スカジャンの中でも高額で売買されてます。版を所有していたのは当時の港商かあるいは他の製造元か、分かりませんが同じ版を使っているだろうことは間違いありません。横振りミシンによる刺繍が見事です。
e0343648_18363230.jpg
ベースは黒の別珍。脆弱で本来、着用に適さないサテンよりもタフな別珍。スカジャンに使われるものと同じ材質です。
が、タバコの焦げ跡のような小穴が数カ所あります。
e0343648_18382740.jpg
裏面は赤のサテン
e0343648_18391701.jpg
MADE IN JAPANのタグあり。スカジャンは焼け野原だった日本で占領軍として日本に駐留したアメリカ軍に向けた土産物だった
のは有名な話ですが、このピローケースもそのバリエーション。物資に事欠き、生きるのに精一杯だった当時の日本人も商機とばかりに、ありもので色々な商品を作っていたのでしょう。このピローケースも帰国する兵士に求められ、アメリカへと渡ったのでしょう。
e0343648_18440553.jpg
一片のみスナップボタンで開閉し、中にクッションを入れるようになってます。
e0343648_18445255.jpg
サテン面もちょっとした小穴あり。実用の支障になるようなひどいものではありません。
というか、これにクッションを入れて実用しようという人は居ない?と思われるので、ディスプレイやインテリアと
しての使用であれば全く問題ないコンディションを保っています。
サイズはおおよそ42cm×42cm。存在感あります!

ピローケースはミリタリーモチーフを始め、色々と目にしますが、ネイティブアメリカンものはかなり珍しいです。
刺繍、スカジャン、ネイティブアメリカンと良い要素が融合した、ピローケースのジャンルではかなりユニークな一品だと思います。気になった方は是非お早めに!

是非、ご覧ください!
宜しくお願いいたします。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2018-09-27 18:51 | アメリカ古着 | Comments(0)


<< 60's "...      N.O.S. 60's... >>