<   2018年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2018年 01月 29日

Champion Reverse Weave

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

早速ですが、本日の商品紹介です。

e0343648_17301380.jpg
90年代に製造されたチャンピオンのリバースウィーブ、人気のプリント、"USMA"です。表記サイズはM、状態は襟リブに微かな汚れがあるものの、他にダメージはなく、使用感の少ない良い状態です。縮みもなく、良いサイズを保っています。
e0343648_17325284.jpg
人気のプリント"USMA"。1802年創立、アメリカ最古の陸軍士官学校、その所在地から通称ウエストポイント、ウエポンと呼ばれるUnited States Military Academyのものです。古いものだと黒味が強く、前V、名前を記入するヘリンボーンテープなどと特別仕様なのですが、90年代のものだからなのか、ボディ自体は通常のリバースウィーブと変わりありません。もちろん、その点をプライスには反映しております。(80'sトリコタグまでのものはこのコンディションだと¥30,000〜が一般的な市場価格ではないでしょうか。)
e0343648_17421981.jpg
トリコの刺繍タグ。90年代後期のメキシコ製。生地の構成はトライブレンドながら、これ以前のものとはコットン以外の配合が異なります。80年代までのものと遜色ない生地厚、質感、リバースウィーブらしい着心地です。
e0343648_17532919.jpg
タグ裏には刺繍タグならではの謎ディティール。中央の浮き出し文字です。Sのようにも見えますが、意味はわかりません。
e0343648_17551466.jpg
襟リブ、うっすらとした皮脂汚れはありますが、目立つものではありません。古着のスウェットシャツを着る方なら完全に許容範囲でしょう。
e0343648_17560890.jpg
太めのアームホール。ここのところの流行だと好まれるポイントかと。
e0343648_17572633.jpg
裏起毛、フッカフカではありませんが、完全に潰れてはおらず、程度の良さが窺える部分です。
全体通じて、本当にダメージが見当たらないミントコンディション。
プリントも良いですし、気持ちよく長く着ていただける一枚だと思います。

実寸は肩幅44cm、身幅55cm、着丈68cm、袖丈57cm。着丈も十分ですし、古いものではないにせよ、サイズ、状態が良いウエポンものをこの価格で着れることも少ないと思います。ピンと来た方は是非。宜しくお願いします。

是非、ご覧ください!

そして、当店はあまりチャンピオンを売る店ではないのですが、現在数枚良いリバースウィーブがありますので、
合わせてご紹介いたします。

e0343648_18042089.jpg
こちらは80年代、プリントのトリコタグ。ニューハンプシャー大学のプリントです。表記サイズはM、使用感少ない良好な状態です!
e0343648_18084143.jpg
絶妙な配置のラバープリント。
e0343648_18051335.jpg
タグ。レーヨンの入るトライブレンドですので、プリントトリコタグの中でも85年以降のもの。
e0343648_18095510.jpg
こちらはアームホール先ほどのものより細めです。
e0343648_18131186.jpg
こちらも使用感少なく、目立つダメージや汚れのない非常に良い状態。1箇所、アームホールのステッチに解けがあるくらい。

実寸は肩幅41cm、身幅52cm、着丈62cm、袖丈59cm。

是非、ご覧ください!

もう一枚!

80’s Champion Reverse Weave “HARVARD” ¥9,800 (税込 ¥10,584) SOLD! ありがとうございます!
e0343648_18165231.jpg
こちらも80年代、オフホワイトのボディにプリントトリコタグの付く一枚。プリントは大学ものの中でも最も人気、ハーバード。表記サイズはL、こちらも状態良好です。
e0343648_18185555.jpg
エンジに黒囲みの染み込みプリント!染み込みにこだわりのある方には嬉しいポイントです。
e0343648_18204557.jpg
80年代中頃のプリントトリコタグ。コットン90%、アクリル10%のバイブレンド。
e0343648_18234368.jpg
アームホール。
e0343648_18243601.jpg
こちらも目立つ汚れ、ダメージのない良好な状態。左脇フライス、左アームホールに小穴がありますが、全く目立つものではありません。

実寸は肩幅50cm、身幅58cm、着丈70cm、袖丈60cm。縮みが出ておらず、大柄な方でも着用可能なとても良いサイズ。
状態良く、ボディ&プリントと好条件の一枚かと思います。

是非、ご覧くださいませ!

以上、3アイテム、それぞれ状態、サイズ、良いものばかりです。

さて、明日の定休に続いて、31日(水)は臨時休業とさせていただきます。
ご来店予定の方がいらっしゃいましたら、ご注意ください。
宜しくお願い致します。

では!

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2018-01-29 18:33 | アメリカ古着 | Comments(0)
2018年 01月 15日

~50's BIG SMITH lined engineer jacket

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

早速、本日の商品紹介です。

~50's BIG SMITH lined engineer jacket ¥49,800 (税込 ¥53,784)
e0343648_21433533.jpg
40年代ないし50年代に製造されたBIG SMITHのライナー付きエンジニアジャケットです。36程度の着用感。ちょっとしたダメージはありますが、デニムの質、色落ちが素晴らしく、何よりこのアイテム自体が目にする機会の少ないレアなジャケットです。
e0343648_21535185.jpg
まずはタグから。白タグもしくは単色タグとでも呼ぶべきシンプルなタグ。文字はプリントでなされており、BIG SMITH定番の文字の配置の上下にはUNION MADEのみ。このブランドを気にして見てらっしゃる方は、UNION MADEに加えてSANFORIZEDの表記も入るものを良く目にすると思います。もう少し後の年代になると黒地に赤と黄色の入る、Leeの赤タグのような配色のものになりますが、一気に新しい印象になります。このタグ+土砂降りのような色落ちをしたデニムの雰囲気。そんじょそこらのエンジニアジャケットとはもう一味も二味も違いますね。

1916年、セントルイスでスミス一家が立ち上げ、以降、71年まで家族経営を続け、ワークウエアを専門に多くの名品を世に出し続けた名ブランドです。この3つポケットのショート丈のカバーオール、日本ではエンジニアジャケットという呼称が一般的ですが、これ位雰囲気の良いものはそうそうないと思います。
e0343648_22132915.jpg
襟元のタグは欠損。サイズタグ?は表記は読めないものの残っています。
e0343648_22142578.jpg
雰囲気の良い打ち込みボタン。
e0343648_22150430.jpg
左腰ポケット。素晴らしい色落ちに目を奪われます。。。
e0343648_22160382.jpg
右腰ポケットフラップのボタンが残念ながら欠品。
e0343648_22174526.jpg
トロイ製でしょうか。ブランケットには一切ダメージありません、エンジニアジャケットでブランケット付き。目にする機会はそう多くないと思います。
e0343648_22210005.jpg
ダメージの出がちな襟周りにもダメージはなし。とにかく良い色のデニムです。
e0343648_22222689.jpg
e0343648_22224875.jpg
ブランケット付きならではの強烈な両腕のヒゲ!肉体労働者が愛用していたであろう往時を偲ばせる個性を随所に認めることのできる素晴らしい個体です。
e0343648_22270674.jpg
左腕のカフス近くに2cm大の穴。先ほどのポケットフラップのボタンの欠品と合わせて、ダメージと呼ぶべき箇所はこの2つのみです。年代、用途などを考慮しても、良い状態を保っていると言えます。
e0343648_22284702.jpg
バックは極めてシンプル。同社の類似したアイテムでサイドにアジャスターの付いたものもありますが、よりシンプルでソリッドな魅力溢れるのはこちらでしょう。本当に素晴らしいエンジニアジャケットです!

実寸は肩幅44cm、身幅54cm、着丈56cm、袖丈55cm。38を着用する方でもいけそうな数値ですが、ライニングの厚みがあるので、36を着用なさっている方向きです。

この位際立った個性があり、実用にもちょうど良いデニムアイテムは本当にご紹介の難しいカテゴリーです。
ライナー付きという事で、季節的にも重宝します。サイズの合う方は是非、ご検討ください。

通販もご利用いただけます。
お気軽にお問い合わせください!
よろしくお願いいたします。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2018-01-15 22:38 | アメリカ古着 | Comments(0)
2018年 01月 11日

early 50's Levi's 501XX

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

すっかりお正月気分も抜けて、1月ももう11日。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
西日本から北日本まで今期最強寒気襲来!ということで大変な思いをされている地域の方も多いかと思いますが、
ここ弘前、この冬はここまでのところビックリする位に雪が降りません。アスファルトが完全に見えてます。
雪掻きから解放され身体はとても楽ですが、降らなきゃ降らないで除雪で収入を得ている方々にとっては死活問題。
しかし、まだまだ長い今年の冬、どうなることやら。

本日の商品紹介です。

early 50’s Levi’s 501XX ¥148,000 (税込 ¥159,840)
e0343648_18344193.jpg
50年代前半に製造されたリーバイスの501XXです。パッチ欠損で、表記サイズは分かりませんが、おおよその実寸でウエスト31.5インチ、レングス30インチのゴールデンサイズ!リペア箇所、汚れやスレはありますが、着用の支障になるようなダメージはありません。

まずは全体像。
e0343648_18444066.jpg
e0343648_18452534.jpg
濃い!とは言えない色味ですが、50%程度インディゴが残っています。ヒゲ、バッチリ開いたセルビッジのアタリが出ていて、ダブルエックスらしいメリハリの効いた表情に仕上がってます。
e0343648_18482427.jpg
赤タブ。レーヨン素材のこの時代の赤タブに多い、一部擦り切れた状態です。Levi'sのeは言うまでもなく大文字のEです。
e0343648_18504246.jpg
赤タブ裏側を見て、一瞬片面かと思いましたが、Vの端っこらしいものが見えてます。オレンジステッチもそこそこ使用されているので、両面タブでしょう。1936年に登場した赤タブ、当初は表面のみにLEVI'Sの名前が刺繍されていたものが、53年に両面に刺繍されたものに切り替わります。リーバイスの年代判定において重要な要素である片面、両面というやつです。
e0343648_18573206.jpg
501ですので、フロントボタンはトップ含め5つ。隠しリベットも確認できます。
e0343648_18584714.jpg
銅製の隠しリベット、サビが出るのもこの時代ならでは。刻印は無いようにも見えますが、「1」かもしれません。
e0343648_19050746.jpg
ボタン裏はトップ、フライ全て無刻印。
e0343648_19071292.jpg
トップボタン。彫りの深いトップボタンはXXならはの魅力。ちなみにフライボタンは通常R。おおよそ55年頃から足長Rになるとされているので、ここも年代判定の決め手です。
e0343648_21203761.jpg
長〜いサイドステッチ。
e0343648_21242763.jpg
コインポケットはセルビッジ使い。
e0343648_19132704.jpg
フロントポケット裏のリベットは銅製。ここも60年代にはアルミ製に変更されます。そしてアルミのリベットは脆く、欠損している個体が少なくないです。
e0343648_19164540.jpg
そして、年代判定の決め手、ベルトループ。501で5本備わるベルトループのうち、後ろの真ん中のループが左にオフセットされていれば54年以降に製造されたもの。この個体は真ん中に付いているので先ほどの両面タブの年代と合わせて、53年、新しくても54年の製造であると判断できます。戦後、501のシルエット、ディティールが完成され、黄金時代を迎えた革パッチモデルの前期モデルです!
e0343648_21252641.jpg
コンディションは右フロントポケット横に別布をあてたリペア。使われている別布も近い雰囲気のものなので、違和感なしです。
e0343648_21283190.jpg
右膝にタタキ
e0343648_21285582.jpg
ボタンホールにほつれ。ヴィンテージに慣れ親しんだ方であれば、扱い方を心得ているでしょうし、丁寧に開閉すれば全く問題ありません。
e0343648_21301610.jpg
細めのセルビッジと折り返し部分、これもまたダブルエックスの特徴の一つ。
e0343648_21321541.jpg
右裾後ろ側のチェーンステッチにほつれあり。現状、このままでも履けますが、長く大切に履くためにはリステッチした方が良いと思います。その他左サイドステッチの下に小穴などありますが、目立つダメージ、リペアは以上に挙げた部分のみ。全体的にダブルエックスならではの雰囲気に仕上がった素晴らしい一本です。
e0343648_21334536.jpg
ダメージの出やすい股には目立ったダメージありません。ここは嬉しいポイントかと!

実寸はウエスト80cm、レングス76cm、裾幅21.5cm、全長102cm。
実寸W31.5インチ、L30インチは間違いなく一番売れ筋のサイズレンジ。
表記はW33 L31くらいだったかと推測します。

最も501XXらしいシルエットと色落ち、ディティールが堪能できる片面(47モデル)直後の50年代前半モデル。
そして、お探しの方が最も多いサイズレンジ、W31.5インチ&L30インチ。大事に履きたい方には是非お勧めしたい一本です。
お金を積んでも、デッドストックやミントコンディションが欲しい!という方以外には十分魅力的な条件だと思います。

是非、ご覧くださいませ。
宜しくお願いいたします!

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2018-01-11 21:47 | アメリカ古着 | Comments(0)
2018年 01月 06日

50's Levi's 507XX (leather patch)

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

遅ればせながら新年あけましておめでとうございます!
一昨日、1月4日から営業させていただきましたが、帰省中の方、初めましての方、
多数ご来店いただきまして誠にありがとうございます!
どうぞ、本年も一層のご愛顧、ご支援を賜ります様、宜しくお願いいたします!

穏やかな天候で過ごしやすい年末年始でしたが、皆様のお住まいの地域では
いかがでしたでしょうか。本年が皆様にとっても良い一年になります様に。

では、2018年最初の商品紹介です。

50’s Levi’s 507XX (Leather patch) ¥94,800 (税込 ¥102,384) SOLD! ありがとうございます!
e0343648_21162204.jpg
50年代に製造されたリーバイスの507XX、通称セカンドです。パッチ欠損の為、表記サイズは分かりませんが、おそらく表記40、実寸38程度とお探しの方も多いであろう良いサイズです。また、各部仕様から欠損したパッチは革パッチであった可能性が高いです。程度も襟のリペアなどありますが、実に雰囲気の良い個体です。
e0343648_21203163.jpg
両サイドの生地の継ぎはなし。表記42以上で生地の継ぎが入りますので、間違いなく40以下の表記だったでしょう。
e0343648_21302182.jpg
丸みを帯びたフラップの形状、写真を撮り忘れましたが、フラップ下のバータックは革パッチの特徴の一つである暗色です。
e0343648_21305496.jpg
赤タブは両面
e0343648_21351770.jpg
前立て、イエローステッチが折り返す部分、革パッチの特徴です。
e0343648_21362551.jpg
ボタンは全て無刻印
e0343648_21370049.jpg
ウエストバンドの折り返しステッチ。裏側は革パッチの特徴、シングルステッチです。
e0343648_21410595.jpg
襟に多少のリペアあり。
e0343648_21451937.jpg
右袖
e0343648_21465571.jpg
左袖。両袖共にスレはありますが、雰囲気を損なう様なダメージはありません。シングルステッチが残っています。

では、着用画像です。
e0343648_22012133.jpg
実寸で肩幅48cm、身幅52cm、着丈58cm、袖丈59cm。
178cm、70kgがサーマル一枚の上に着てジャストで着れるサイズです。
濃いとは言えないものの、5割以上はインディゴが残っているXX然とした良い生地です。

いつも申し上げる通り、セカンドともなってくると当店ではなかなか入荷の機会がない、希少な一枚です。
1stの高騰に引っ張られる形で同様に高くなってきているセカンド。
サイズ、コンディション、価格全てが条件にハマることは中々ないかもしれませんが、ピンときた方は是非
この機会に。よろしくお願いします。

是非、ご覧ください!

それでは、2018年もマイペースに頑張っていきますので、BUTTON UP CLOTHINGをなにとぞ
宜しくお願いいたします!!

なお、明日7日(日)は17時でクローズ、
明後日8日(月)は誠に勝手ながら臨時休業とさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、宜しくお願い致します。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2018-01-06 22:20 | アメリカ古着 | Comments(0)