<   2018年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2018年 06月 25日

1917’s Liberty Loan pin badge

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

全国的に猛暑日を記録した地点もあった本日、弘前は最高気温21℃。。。寒かったです。

早速商品紹介に参ります!101年前のピンバッジです。

1917’s Liberty Loan pin badge ¥4,800 (税込 ¥5,184)
e0343648_19312216.jpg
1917年の年号が入るピンバッジ。昨年でめでたく100歳、アンティークの仲間入りをしています。
書かれている内容ですが、"GET BEHIND THE GOVERNMENT" =「政府を支えよう!」
そして "LIBERTY LOAN OF 1917" =「1917年リバティローン」というもの。
これ、アメリカ政府が第一次世界大戦の戦費を調達するために発行した「リバティーローン」のキャンペーンバッジです。
戦時国債とでもいうべきリバティローンですが、1917年から1918年の2年間に計4回発行され、このピンバッジはその2回目、
1917年10月1日制定のものだと思われます。3.8億ドル分発行され、940万人が購入、4%の利子を受け取ったようです。
という詳細より何より、このデザイン。オレンジとネイビーの色使いに自由の女神。いかにも古い秀逸な構図。
アメリカのランドマークの最たるものでしょう、自由の女神。これがデザインされていることがこのピンバッジをただ古いだけでなない、特別なものたらしめているのは間違いないでしょう。
e0343648_21405693.jpg
裏側。ピンの状態を見るに未使用に近いコンディションだと思います。多少、サビは見受けられますが、見苦しいものでは全くないです。
e0343648_21464320.jpg
大きさはおよそ直径2cm、厚さは約4mm。バッグなどのワンポイントに是非!

是非、ご覧下さいませ。

そして自由の女神つながりでもう二品ご紹介。

Statue Of Liberty ornament
e0343648_21521995.jpg
自由の女神のオーナメントです。
e0343648_22023783.jpg
こちらは¥6,800(税込 ¥7,344)。こちらはリバティ島の堡塁の形状も再現した幾分写実的な雰囲気。
e0343648_22071593.jpg
底のフェルトも残る良いコンデイションです。
こちらは全高15.5cmほど。
e0343648_22081943.jpg
こちらは¥5,800 (税込 ¥6,264)。全高12cmほどで先ほどのものよりかなり小さく感じます。
e0343648_22095466.jpg
この造形、、、笑 長い間摩擦で磨耗したかのような造形レベルですが、良い味出してます。
e0343648_22110743.jpg
こっちもズレてますがフェルトも残ってます!良いコンディションです。

自由の女神もの、1つお部屋に加えるだけで、一気に雰囲気アップすること間違いなし。
小物にもこだわる方は是非!

以上、3品通販もご利用いただけます!
お気軽にお問い合わせください。
宜しくお願い致します。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2018-06-25 22:15 | アンティーク | Comments(0)
2018年 06月 22日

late 60's Levi's 606 big-E

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです!

昨日の記事で疲れが溜まっている旨書きましたが、今日は体調盛り返しました。
ありがとうございます!!
自営業は本当に体が資本なので、もっと体力つけないとと思います。

ということで、本日も商品紹介。
当店では滅多に入荷の機会のない一品です。

late 60's Levi's 606 big-E ¥74,800 (税込 ¥80,784) SOLD! ありがとうございます!
e0343648_18334487.jpg
60年代最終頃に製造されたリーバイスの606、ビッグEです。インディゴがおそらく80%以上残った黒々とした濃紺、しかもサイズはウエスト31.5インチ(80cm)とゴールデンサイズ!このサイズ、色残りにして控えめ価格なのは
e0343648_18501544.jpg
カットオフされているから。ただ、これでも股下でおよそ64cm、25.5インチありますので、大きなマイナス点ではないです。
その辺、後ほど着用画像などでしっかりご説明いたします!
e0343648_18521348.jpg
バックもこの通り!お尻の周辺を見てもいかに着用感が少ないか見て取れると思います。アーキュエイトステッチも
完璧な形状です。
e0343648_18534006.jpg
ウエスト周辺から左太ももにかけて汚れがありますが、濃紺ですので、見苦しさはないですし、着用と洗濯で軽減・解消
されていくはずです。尚、先日も触れた通り、当店ではデニムに関しては著しい臭いや汚れがない限り、インディゴのロスを考慮して洗わずに店頭出ししています。もちろん、その他の商品に関しては洗濯とクリーニングののち店頭に出していますので、遠方からご利用の方もご安心ください。
しかしこの個体、パッと見オールイエローかと思うくらいイエローステッチが多いです。オレンジタブ、オレンジステッチ中心の606と比べても雰囲気は雲泥の差だと思います。

では、平置き画像で詳細確認です。
e0343648_19034762.jpg
このイエローステッチにこのデニムの雰囲気、やはりオレンジタブでなく、希少な希少な白タブビッグE。
e0343648_19050124.jpg
そしてボタン裏刻印がアルファベット表記!しかも珍しいM、68年に登場した606の中でも初期のものに間違いないと
思います。
e0343648_19190612.jpg
パッチの付け糸も残っています。
e0343648_19203802.jpg
ワークウエアが由来の501とは異なり、元よりファッションを意識して発売された606、リベットの備わらない
ルックスはやはり特別です。プリシュランクデニムに備わる銅ボタン、ジッパーは42タロンです。
e0343648_19391322.jpg
バックはセンターの合わせがオレンジタブ期の606とは逆、右側の生地が上になっています。スーパースリムのシルエットを
作り出すための試行錯誤を重ねていた時期のいわゆる過渡期の個体なのかもしれません。
e0343648_19194071.jpg
冒頭に触れた汚れ、裏返してみるとこんな感じです。ウエストから大腿にかけ広範囲にシミになっていますが、経験上、十分に軽減・解消可能だと思います。(撮影中、保育園帰りのうちの子が襲来、足が写り込んでます、ご愛嬌?笑)

では、着用画像です。
タイミングよくご来店くださったお客様(173cm)にモデルになっていただきました。
e0343648_19241083.jpg
e0343648_19255178.jpg
ベルトなしで自然な位置で履いていただいてます。スーパースリムらしいシュッとしたシルエット。そして、どうでしょう。股下も大きな違和感ありません。股上の深い606ですので、もっと上げてクロップドとしても、腰の位置で自然に履いても、どちらでも楽しめます。このレングスはスーパースリムの606だからこそ。合わせるシューズ、サンダルなども含めて選ばないと思います。身長が180cm近くなってくると短いと思いますが、身長175cm位までの方には十分対応可能だと思います。自分では絶対にできないヴィンテージジーンズのカットオフ、606ならではのキャラクターを活かしてフリンジのままでも、ホツレが気になる方はチェーンステッチで裾上げしても、どちらも良さそうです!
全長は約92cm、ウエスト80cm、レングス(股下)約64cm。

いやはや、こうして着用画像で見ると実に雰囲気の良い濃紺なのですが、画像処理などは一切しておりません!
先日、遠方から通販をご利用くださったお客様から、商品到着後に嬉しいお言葉を頂戴しました。
以下、原文まま引用させていただきます。

素早い対応のほどありがとうございました。

Webサイトの商品画像においての照明の加減や状態の詳細などに誤魔化しがなく、閲覧画像で見たままの物が届いたことに感動を受け、大満足な買い物になりました!

またぜひ利用させていただきたいです。
この度はありがとうございました。」

少なからず通販をご利用くださるお客様がいらっしゃる中、やはり現物を確認することなく購入いただくわけで、正しい日本語と嘘偽りない正確な説明と画像の掲載を心がけていますが、その点をお褒めいただいた事はとてもありがたいです。業界がどうであれ、ズルをして商品を販売してもそれは商売ではなく傷売ですので(by 相田みつお大先生)、当店は当店らしく正直な商いをしていきます!!
高級な撮影機器を使っているわけではなく、背景の色などで色味も影響を受けてしまいますが、今回の中では最初の扉に下げたものと最後の着用画像のものが一番現物に近いです。ご参考ください!

通販も対応いたします!
レングスの詳細なども含めて、お気軽にお問い合わせください!
それでは、宜しくお願い致します。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2018-06-22 20:10 | アメリカ古着 | Comments(0)
2018年 06月 21日

STETSON mini hat with box

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

昨日から全身がいわゆるバキバキの状態、とても疲れが溜まってます汗
ということもあり、今日はオープンが大幅に押しました。
ご来店くださった方がいたら、大変失礼をいたしました。

本日も早速、商品紹介です!

STETSON mini hat with box ¥9,800 (税込 ¥10,584)
e0343648_19035661.jpg
アメリカのハットメーカーといえば、やはりここになるでしょう。
ステットソンのミニハットとハットボックスのセットです。ダメージのないとても良い状態で買い付けできました。
e0343648_19060608.jpg
ブラウンの中折れ帽にブラックベースのハットボックス。ミニながらも重厚な存在感あります。
e0343648_19472197.jpg
プラスチッキーでチープな作りですが笑、ハイバックブリムに幅広リボンと良い造形です。
e0343648_19492918.jpg
内側にはSTETSONの刻印入り。
e0343648_19495235.jpg
特筆すべきダメージのない良好な状態です!

サイズはハットがブリム部分で幅最大約8.5cm、クラウン高さ約4cm。
ボックスが幅最大11cm、高さcmです。

存在感あるハットとハットボックスのセット、お部屋の雰囲気作りに一役買う気の利いたアイテムです。
しかもブランドはSTETSON。この機会に是非!

是非ご覧ください!
宜しくお願い致します。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2018-06-21 19:57 | アメリカ古着 | Comments(0)
2018年 06月 20日

early 80's Church's tassel loafers

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

遅くなりました、早速商品紹介です。

early 80's Church's tassel loafers ¥19,800 (税込 ¥21,384) SOLD! ありがとうございます!
e0343648_21500212.jpg
80年代に製造された旧チャーチのタッセルローファーです。表記サイズは10D。コンディションものすごく素晴らしいです。
e0343648_21505680.jpg
旧チャーチの中でも80年代からプラダ傘下に入るまでの通称「三都市」時代のもの。しかもこのインソック、型押しの
金文字ですので、80年代前半のもので間違いないと思います。
e0343648_21541508.jpg
カーフの質が本当に素晴らしいです。実はこの段階でクリーナーで汚れを落として乾拭きしただけ。。。
やはり旧靴は現行靴とは比較にならない位良いマテリアルを使うことができたのだと実感します。
材質はおそらくチャーチといえばのブックバインダーカーフ。30年以上経てなおみずみずしく、質の高い革を使っているのが分かります。
e0343648_22030631.jpg
ヒールカップもツヤツヤです。ヒールの減りは1mm程度。
e0343648_22040449.jpg
モデル名の手書きが毎度のごとく解読困難なのですが、ラストは93ラスト?モデル名はKeatsのバリエーションなのでしょうか?
e0343648_22070369.jpg
インソール、この通り汚れなど見当たらない綺麗な状態です。
e0343648_22074223.jpg
ソールもこの通り、醜いダメージなどは皆無です。
e0343648_22084613.jpg
サイズ10Dの刻印。

ローファー人気が高まる中で、今一番脚光を浴びているモデルだと思います、タッセルローファー。
しかも旧チャーチでグッドコンディション。新品価格は8万超えということを考えても、かなりお買い得な
価格に設定したつもりです。クールビズも定着した日本、タッセルローファー、特に夏は重宝すると思います。
サイズが合う方はこの機会に是非!

通販もご利用いただけます!
お気軽にお問い合わせください。
宜しくお願い致します。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2018-06-20 22:18 | ヨーロッパ古着 | Comments(0)
2018年 06月 18日

買い付け報告

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

まずは、今朝大阪で発生した震度6弱の地震、被害に遭われた方へ心よりお見舞い申し上げます。
特に9歳の女の子が犠牲になったことには心が痛みますが、被災地の皆様に一日も早く平穏が
訪れますように。

昨日までの三日間、弘前中三で行われていた父の日イベント、
「for DAD MARCHE」に出店してきました。
e0343648_11490555.jpg
割り当てられた区画が想像以上に大きく、急遽店舗の什器の大半、しまいにはトライアンフも搬入したりと
大掛かりなものになりましたが、その甲斐あって当店らしい空間づくりが出来たかなと思います。
普段知り合う機会のない方々とも出会う事ができ、有意義な時間となりました。
縁あって、幼少期のワンダーランドだったデパートのポップアップイベントに初参加。
自分の生まれ育った地元の店舗は今はもうないのですが、ちょっと嬉しかったです。
e0343648_14283878.jpg
出店期間中の昼食は弘前市民のソウルフード、地下一階フードコートの「中みそ」。個人的には隣の「山忠」の中華そばとチャーハンのセットも王道。双方ともリーズナブルで間違いない逸品ですので、是非お試しください!!

これで、買い付けからポップアップと怒涛の仕事ラッシュが終了しました。
という事で、ようやっと買い付け報告です。
(帰国後10日以上経過してますし、まとめて執筆だと日記よりは報告の方がしっくりくるかと思いまして)

本稿に使える写真をピックアップしたのですが、やはりいつも通り全然ありません汗
写真を撮る間も無く集中しているという事で、ご勘弁ください!
という事で、今回も写真少なめ文章メインの買い付け報告、行ってみたいと思います!

5月23日(水)
e0343648_12052055.jpg
今回は成田空港からのフライト。
写真は経由地のDFW。SWの新作スピンオフのサイネージがあちこちにありました。
個人的にはディズニーに売却された結果、MARVEL化してしまい新作濫発のSWシリーズにはもううんざり。
2020年以降も新章が続くとか、もはやお金の為に撮るのだとしか思えません。
「ハンソロ」もお金払ってまで見る価値あるか疑問。やっぱり劇場で観てしまうかもしれませんが。
同じスピンオフでも「ローグワン」は素晴らしかったですけどね。

そして同日22時頃、目的地の空港に到着。
レンタカーをピック。
カウンターで事前にリクエストを入れておいたGPS兼wifiルーターにもなる「Travel Tab」を頼むと、
「何だそれ?うちにはGPSしかないよ?!」
。。。でました、田舎の空港にありがちな、習熟度の低いスタッフによるアメリカ流サービス。
「本当に無いの?今までどこの空港でも借りられたよ?!」と聞くと、
「どこの空港でもそんなの貸し出してないぜ?!」と笑顔で返答くださいましたので、
しんどいな〜と思いつつもネット環境なしでの買い付け前半戦をスタートすることに決心。
何とか空港の電波を拾って、初日の宿だけは確保。
先が思いやられるスタートとなりました。

5月24日(木)
e0343648_12135749.jpg
バイヤーの朝は早い。夜のうちに回る場所のスクショを撮りまくって笑、出発です!!
e0343648_12291447.jpg
1軒目のスリフトストアの駐車場で待機。開店まであと10分、すると白人のカップルが平然と入店していきました。
別に店員につまみ出される様子もなし。しかも二人とも健常者なのに、堂々と障害者用のスポットに駐車。
おそらくこういう人種は地球のどこにでもいるのでしょう。
とにかく先を越されてはいけないと思い、急いでピック開始です。ここでは1軒目としてはまあまあの量を
仕入れる事ができました。
e0343648_12334326.jpg
そのあともスリフトなど回りながら、アンティークモールにもトライ。
ヘフナーの12弦ギター、急いでいたので触りもせずにスルー。
e0343648_12354033.jpg
こんなブースもあります。クリストファー・プラマー主演「手紙は覚えている」を思い出しました。
見ていて全く愉快では無いのですが、どこに行ってもナチスものは高価です。
毒のあるものは魅力、というのは真理です。
プラス、「手紙〜」で描かれていたようなネオナチがそちこちにいるという事もまた真実。
現実は小説より奇なり。どんなフィクションよりもこの世の方がすっと恐ろしい。

この後、Wendyという初老の女性がリクエストしたブースを1つ1つ開錠してくれたのですが、
会話の途中で急に泣き出しました。
「この国は今、試練を迎えているの。」その切実な表情から彼女の語ろうとすることは瞬時にわかりました。
「大統領のこと?」
そこからWendy、滔滔と語り出し、止まりません。聞くと日本を訪れたことはないものの、日本で育った
旧友から日本の良さを伝え聞いているという彼女。
「日本に帰ったら、あなたの友人たちに私たちはあの男を大統領だと認めていないし、皆心を痛めていることを
伝えて欲しい。」
「もちろん!日本人にとっても彼は悪いジョークだよ。彼は政治家ですら無い。」と伝えて再会を約束して
別れました。
しかしながら、同州ではトランプサポーターのバナーなどを多く目にした事もまた事実でして、アメリカ中西部の
複雑なアイデンティティを感じました。

この日は引き続きスリフトやアンティークモールを回りながら100マイル程北上して終了。
ホテルに23時頃チェックイン。晩飯も食べてなくて腹ペコだと何の気なしに言うと、カウンターのスタッフに従業員室に
連れて行かれ、翌日の朝食に出すパンやシリアルなど好きなだけ持って行ってとのこと笑
アメリカのサービスの質やホスピタリティのレベルはいく先々で本当にまちまちなのですが、こうやって日本以上の親切を
受ける事だってたくさんあります。こういうところが好きです、アメリカ。

5月25日(金)
e0343648_13463955.jpg
この日も早朝から動きます。ロングドライブの予定ですので、ガソリンも補給して準備万端。
左に写るのが今回もお世話になった日産ROGUE。日本名X-TRAIL。パワフルで快適で良い車です。
e0343648_13550074.jpg
道すがら、モールをチェック。素晴らしいショーケースはもちろん値段も素晴らしい笑
e0343648_13561385.jpg
手の届く値段だったトランプアート。買っておけばよかった。もちろんイかれた髪型の大統領とは無関係です笑
e0343648_14003327.jpg
この日は4時間弱運転して隣州の都市に移動してきました。
かつて鉄鋼の街として栄え、今は教育とITの町として復興したこの街、今回初だったのですが、念願叶って
訪れる事ができました。この街を舞台にした小説が原作のデンゼル・ワシントン監督主演の「フェンス」をちょっと前に観ていたのでテンション上がりました。3つの大きな流れが交わり、市内に大小470を超える橋があるこの街、蒸し暑かったのですが、雰囲気良かったです。
夕方に到着、ちょっとゆっくりしたかったのですが、着くや否やホストに連れ出され、イベントセンターへ。
「休息しつつ明日の準備したいなぁ。。。」と面倒くさかったのですが、何とそこで始まったのは
メキシコのチーチャバンド「SONIDO GALLO NEGRO」のライブ!笑
最高でした。。。周りのオーディエンスは踊りまくってるし、次から次へと出てくるドリンクをいただきながら(お金1セントも
払ってません笑)、じっくり2時間楽しみました。終演後にはトイレで一緒になったメンバーとも絡みましたが、みんな良いやつ!
e0343648_14265279.jpg
肝心のライブ画像はなし!リストバンドのみで勘弁してください。
e0343648_14280132.jpg
当初、一日使ってdigするつもりだったのが、翌日この街を離れ東の果てまで移動することに。
この日は8時間のドライブです。
e0343648_14313159.jpg
ハイウェイを通らず、田舎道を行きます。もちろん余計に時間はかかりますが、発見もあります。
この日はもっぱら運転だけ。多少の焦りはありますが、仕方がない。
途中、ポリスに停車させられたりしながら(切符ななし!)東へ東へ進みます。
e0343648_14370280.jpg
目的地に着く頃にはすっかり夕方、冷たい雨。そして前方では大破した車。
この翌朝はフリマの予定だったのですが、運悪く天候超大荒れ。
もちろんフリマはキャンセル。モノを買えない時間が続き、ちょっと焦ります。
e0343648_14393077.jpg
これがその翌日。笑っちゃいますね。この都市、最近毎回天候に泣かされてます。
e0343648_14410478.jpg
今回初の食レポ。友人宅にて。粗食&ジャンクなアメリカ旅におけるヘルシーなサラダ、本当に嬉しい。
そして、サラダではなく、奥のフィギュアにピントが合ってますが、これは友人のお父さんが30年以上手元に置いていた
「POLICE ACADEMY」のもので、腕を押すと顎が動くギミック付き。「ユースケは家族同様の友人だから、これを託すよ!息子に渡してやってくれ!」と涙腺崩壊するようなメッセージと共に受け取ったこのフィギュア、今は息子の小さな友人になりました。
先日大きな手術をした友人のお父さん、いつもいつも最大限の愛情で迎えてくれる本当に優しい人です。順調に回復しますように。
e0343648_14471032.jpg
その後、ターンパイク経由でNYCへ。先ほどの友人のアパートにチェックインです。
この日はプロのギタリストとして活躍している別な友人とも合流し、男3人でCHIPOTLEでタコス片手にダベリました笑
ここまではちょっとした休息と開き直り、翌日からガッツリ仕事です!

5月28日(月)
e0343648_14570577.jpg
この日はメモリアルデー。アメリカ国民にとって重要な記念日ということで、普段はヘビーな渋滞が名物のNYCも比較的空いてます。
e0343648_14595954.jpg
ローワーマンハッタンの運転も楽ちん。
この日は午前中から一番付き合いの長い友人とのアポイントメント。
とてもエキサイティングな時間です。
e0343648_15033475.jpg
夕方まで商談後、小休止で近くのオープンのレストランへ。いつもと同じように様々なトピックについて議論しながら
これまた自分には豪奢な食事をいただきました。
その後また商談再開。この日は結局23時まで、都合半日以上ビジネスに費やし、まずまずの量を仕入れることができました。
e0343648_10463834.jpg
すぐの再会を約束して、友人とお別れ。イースト川を右手に宿へと戻ります。

5月29日(火)
e0343648_10503822.jpg
お世話になった友人のアパートとも今日で一旦お別れ。彼も教職につく傍ら、才能溢れるミュージシャン。
この7月には新譜を引っさげて来日、各地でライブ予定。7/28には自分のバンドと2マンで久しぶりの共演予定。
今からとてつもなく楽しみです。
e0343648_10554462.jpg
道中、メモリアルデー週間ということで、あちこちに星条旗。
e0343648_10563919.jpg
4時間ほど西に運転したところでこちらの男性と結婚し、今はこちらに住む地元の先輩を訪問。
近くのショッピングモールでランチをご馳走になり、お互いに近況報告。近隣のアンティーク情報など教えてもらい、
スクショを撮りためて、また西へと向かいます。ところで、この写真。この州は道路工事とそれに伴うDetour(迂回路)だらけ。
不意に迂回させられるとネット環境のない自分には冷や汗ものですし、何より大きな時間ロス。
友人が教えてくれました。「この街には2つの季節がある。工事の季節と工事をしていない季節の2つ。」納得です笑
e0343648_11045039.jpg
途中のスリフトももちろん立ち寄りつつ。
e0343648_11064148.jpg
ショッピングモール内のアンティークモールなどもトライ。
ちなみにこのモールの核テナント、同州で130年の歴史を誇るチェーンデパートストア、今年でその歴史に終止符を打つそう。
"EVERYTHING MUST GO! 70% OFF"といったポップが所狭しと掲示されているので、何か拾えるものあるかな?と思い、のぞいてみましたが、70% OFFでも欲しくない資本主義経済のゴミしかありませんでした笑。しかも売り場面積が広大なのに、人の影はまばら。ゾンビ映画のロケーションに最適な、寒い空気が流れてました。変われなかった小売業、ということなんでしょうね。
同モール内のアンティークモールは同様に人影まばらで、ゆっくり落ち着いて物色できました。出物もちらほら。
e0343648_11211406.jpg
これは遠目に「おっ?!」と思って急いで駆け寄ってみましたが、中国製のペラッペラのツナギでした笑
しかもワッペンもペラッペラな貧弱。もちろんその場に捨ててきました。
e0343648_11224176.jpg
かなり遅くなってしまったので、目的地まで急ぎます。ちなみにこれで20時頃。本当に日が長いし、こんな田舎な道をドライブしていると青森にいるかのような錯覚に陥ります笑
この日は再びピッツバーグに帰還。

5月30日(水)
e0343648_11270835.jpg
この日は先日の滞在では回れなかった市内を探索。あまり効率よく周れませんでしたが、それでもデッドストックなどを中心に数点良いものを仕入れることができました。「日本西?ヒール?」笑
e0343648_11314470.jpg
ラストベルトの一部分としてのあり方から脱却し、教育、ITなど新しい分野で復興を遂げたこの街の姿が車窓からも感じられます。
Googleの同州の本部もこの街にあるんですね。新旧が混然となった街並み、良かったです。
e0343648_12015398.jpg
夜はダウンタウンを一望できる Mount Washingtonに連れてきてもらいました。決して大きくはないけれど見事な夜景。
この街の来し方に思いを馳せ、しばしのリフレッシュ。
e0343648_12050884.jpg
鉄鋼と共に、かつてこの街の主要な産業だったガラス。街のいたるところで見事なステンドグラスを目にすることができます。

5月31日(木)
e0343648_12064395.jpg
この日は東から西に移ります。
朝、一発目の発送を済ませ、3時間のドライブ。9日前に降り立った空港へ。9日間で約2000マイル(3,200キロ)走りました。
途中から半端じゃない大荒れの天候。フライト大丈夫かな?と思いきや、搭乗時刻になったら晴れて無事飛びました。

19時頃、LAX着。さすが大都市、ここではなんの問題もなく「Travel Tab」もレンタル。これでよりフレキシブルに行動できます。予定より押しましたが、待ってくれるとのことだったので、アポイントメントを入れていたディーラーの元へ。
この日はLAエリアのモーテルに宿泊。
e0343648_12103361.jpg
翌日。あまり好みではないLA市内をスルーし、北上開始。さすがLA、渋滞が凄まじい。ハイウェーへの合流も時間がかかります。
e0343648_12144562.jpg
Route5をひたすら北上します。ちなみに写真ですが、一昨年よりガラケーユーザーの私は主にipadをカメラとして使っていますが、ipadではダメなタイミングはGRで撮影しています。ので、トーンが異なる写真が混在していますが、決して拾い画像ではありません笑 そろそろiphoneが恋しいですが、スマホに数万円を払わせるアップルさんの戦略に乗っかるのもなんだかな、と二の足です。かくなる上は画面が粉々になった5Sを画面修理して再登板させるか。
e0343648_12270066.jpg
2時間ほどドライブし、小さな街にも立ち寄ります。アンティークモールが並ぶ通りをくまなくチェックしましたが、大した出物はなし。やはりアンティークは東かな、と思いました。ダイナーが併設されたアンティークモール。朝からマンゴージュース一本と日本から持参した南部せんべいしか食べていなかったので、ハンバーガーの香りが暴力的に空腹中枢を刺激しますが、いらぬ出費と我慢します。出物があったら食事、何も出ない時は我慢、が自らに課した買い付けルール。とはいえ、行き倒れになっては元も子も無いので、目眩がしたらちゃんと食べるようにしています笑
この日はひたすらモールとスリフト周り。最後にトライしたスリフトでは、詳細は割愛しますが、カート一杯買うことができ、
ちょっと安心しました。
e0343648_12452562.jpg
カリフォルニア州はどこを走っても景色が良いです。
e0343648_12322935.jpg
この日はプール設備も整った素敵なモーテルにチェックイン。セールで安く泊まれたのですが、この旅で一番綺麗で快適な
モーテルでした。
e0343648_12380350.jpg
この日の夕食。敷地内にバーガーキングがあったので、買ってしまいました。これで11ドル、高え〜笑
これを一気に食べては贅沢なので、サラダとバーガーは翌日の朝食に回しました。

翌日もスリフトからスタート。
e0343648_12462955.jpg
このおじいちゃん、半端じゃなくピアノ上手かった。動画も撮ったのですが、オンボロの16GBのipad、容量不足だったのか
あとで確認したら動画丸ごと消えてました涙
e0343648_12495538.jpg
数カ所立ち寄って、更に北へ!カラッとしてるので、日本の夏に比べたら全然快適ですが、とにかく暑いです。
e0343648_12524019.jpg
本日の目的地までもう少し。
e0343648_12534260.jpg
目的地に到着。友人宅にチェックイン。夕食を食べに出かけます。
先日結婚した友人カップル。才能溢れる素敵な夫婦です。
e0343648_12555025.jpg
リトルイタリーに店舗を構える人気店で本格ピッツァ。これもまず自分では食べられません笑 ごちそうさまでした!

そして、翌日は毎回トライしているベイエリア最大のフリマ。
5時には起床して6時のスタートに間に合わせるつもりでした。が。

やってしまいました。6:15起床。。。東から西のプラス3時間の時差に加え、
かなり疲れが溜まっていたので、嫌な予感はしていたのですが。
急いで身支度、ダウンタウンからフリマまで急ぎましたが、入場時刻6:40。
しかも今月は地元やLAの有名デイーラーが全員集合。
諦めてマイペースに福ある残り物を探します。
e0343648_13130264.jpg
1つ見つけるだけでも困難なカフリンクスが4つも!!と思ったら全部片方だけでした涙
それでも買っておけば良かったかも笑 

案の定、ここでは大ヒットは無かったので早々に切り上げ、ディーラーとの接見に向かいました。
パッキングなど後が詰まっていたので、ショートスパンで数件のアポイントメントをこなし友人宅へ帰還。
e0343648_13232728.jpg
ペダルスチールギターで遊んだりセッションなどしつつパッキング。
e0343648_13212156.jpg
ワンちゃんのマイナ。楽しくて超可愛い女の子です。
e0343648_14274549.jpg
翌日はシッピング後、SFを離れます。
本日の目的地は400マイル離れたトーレンス。ここに住む友人を訪ねます。

ここからは写真なしです笑
数日前に通った道を今度はひたすら南に進みます。
LAのラッシュアワーも通り抜け、18時頃トーレンス着。
この日も友人と数人でプールバーなどに出かけ、寝たのは日付変わって3時。
翌朝10時過ぎのフライトで帰国予定、この時点でまたもや若干不安だったのですが。。。
e0343648_14341141.jpg
6時起床予定が7時15分起床!それでもギリギリ許容範囲、友人への挨拶もそこそこに
薄曇りの中を急ぎ足でLAXに向かいます。
e0343648_14394336.jpg
無事にレンタカーも返却、帰国便に間に合いました。今回の買い付けの総走行距離はおよそ3,000マイル。
一日あたり350キロ弱を走ったのは初めてでしたが、距離を走っただけの釣果と経験値は得られました。
寝坊など、多少のポカはありましたが、概ね結果は出せたと思います。

さて、今回の買い付け報告、お楽しみいただけたでしょうか。
この場では公にできない情報もありますし、固有名詞なども名言を避けざるを得ない箇所もありますが、
買い付けの雰囲気の一端でもお伝えできていれば幸いです。
買い付けと称すると格好良いですが、やっていることは"scavenger hunt"そのもの笑
大金かけて海外まで来て何やってるのかな、と自嘲的になる瞬間もありますし、楽しくて仕方のない瞬間もあります。
でもやはりこれをやっているのは人との出会いがあるからだと思っています。
いつも暖かく迎えてくれる友人とその家族、ディーラー達もただのお金の繋がりではなく、情を介在した関係があるからこそ、
費用がかかっても会いに行くのだと思います。ヴィンテージディーラーとしてはたった3年、ひよっこの私ですが、自分で作ってきた人間関係は仕事における一番の財産です。

買い付け報告を書くのは何時間もかかる作業ですが、自分としても1つの旅を総括できるという点と、
今後古着屋やアンティークショップをやってみたい人の助けになればという意図もあります。
以前にも書きましたが、自分の場合は古着屋で働いた経験など皆無で、仕入れの方法も全く分からなかった中で、古着屋の先輩方の買い付け記事にヒントをもらいました。はっきり言って楽ではないですし、今後もっと難しくなって行く業種だと思いますが、それでも興味がある、将来的に自分でも店を始めてみたいという若い世代の背中を押すことができればこれほど嬉しいことはありません。

それでは、また明後日から商品紹介でお目にかかります!
とにかく売りまくって、買い付けにかかった費用をペイしなければなりませんので、
どうぞ当店を今後ともよろしくお願いいたします。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel & Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2018-06-18 21:17 | 仕入れ | Comments(0)
2018年 06月 13日

1939 NEW YORK WORLD'S FAIR ASH TRAY

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

相変わらずのセルフマネジメントの拙さで、ブログもなかなか更新できずにおります。
買い付け後の商品紹介を楽しみにしてくださっている皆様、もう少しお待ちください。
ということで、本日も簡単に商品紹介です!

1939 NEW YORK WORLD'S FAIR ASH TRAY ¥7,800 (¥8,424)
e0343648_20551136.jpg
1939年にNYで開催された世界万博の灰皿です。以前にも全く同じものを一度販売しましたが、今回はよりコンディションも良く、完璧な状態と言って良いと思います。1939の部分とNEWの部分に緑錆が浮いているくらい、もちろん解消も可能の程度です。
e0343648_20574236.jpg
洋服、雑貨を問わず人気のモチーフ1939年のNY万博。そのシンボル「針と玉」、もちろん健在です。
数ある世界万博ものの中でも1939NY万博のものがとりわけ人気なのは、第二次世界大戦直前のあらゆる産業の技術の粋が結集
されたものであるからに他なりません。
コレクターの方も多いNY万博もの、愛煙家には肩身の狭い世の中ですが、灰皿としてだけでなく、小物入れやインテリアに是非。
直径12cmほど、サイズもコレクションとしては程よい大きさかと思います。
この機会に是非。宜しくお願いします。

そして、
e0343648_21032745.jpg
以前お知らせした通り、明後日15日から17日は弘前中三の父の日企画「for DAD MARCHE」に出店させていただきます。
この3日間は店舗は休業させていただきます。また、明日14日も会場への搬入など準備の為、店舗は休業になります。
ご来店を予定くださったお客様にはご迷惑をおかけしますが、是非中三へも足をお運び下さい!
買い付け後の商品ももちろん展開しつつ、当店らしい内容で参加させていただきますので、お楽しみに!

「for DAD MARCHE」
@ 弘前中三 1F Spiral
6月15日~17日 10:00~17:00

ご来場お待ちしております!

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel & Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2018-06-13 21:11 | アメリカ古着 | Comments(0)
2018年 06月 10日

50's Levi's 504ZXX cut off shorts

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです!

本日は息子のお迎えの為、18:30でcloseとさせていただきました。
連日、多数のご来店をいただき、まことにありがとうございます!
とはいえ、現在店舗内はゴチャゴチャのカオス状態です汗
買い付けて来たアイテムの検品、値付け、品出し、洗濯などなど全てを一人でやっておりますので遅々として
進まないのですが、新商品の紹介も徐々にしてまいりますので、何卒お付き合いの程、宜しくお願いいたします。

ということで早速、商品紹介に移ります。
すみません、今晩もベタなアイテムです!
ウェブストアにも掲載したこちら。

50’s Levi’s 504ZXX cut off ¥49,800 (税込 ¥53,784)
e0343648_20243343.jpg
1950年代に製造されたリーバイスの504ZXXのカットオフショーツ、実寸でウエスト約26インチです。インディゴも色濃く残る
良好なコンディション。サイズ的にはキッズないしレディースですが、サイズの合う方にはオススメの一品です。
e0343648_20273972.jpg
パッチ欠損ですが、センターループど真ん中、両面タブ、幅広のベルトループなど各部仕様から52年ないし54年頃製造の
革パッチモデルと推測します。アーキュエイトステッチも歪で実に良いです。
e0343648_20311024.jpg
両面赤タブ
e0343648_20314970.jpg
サイドの押さえステッチは長め
e0343648_20322685.jpg
もちろんフロントVステッチ。トップボタン裏はブツブツの刻印なし。
e0343648_20332523.jpg
隠しリベット、ポケットのリベット裏は銅。
e0343648_20343271.jpg
履きこまれた個体ではダメージがつきものの股にスレなし、状態の良さが伺える部分です。

実寸はウエスト65cm約26インチ、股下約15cm、全長約39cm。表記でウエスト27インチ、その縮みだと思われます。
そして、この個体の良いところは十分に残った股下。アメリカで見つかるカットオフは股下数cmしかないアグレッシブな物が多い
ですが、これだけ残っていればこのままでも、裾上げしても十分さまになります。
色も濃く、状態は抜群に良いと思います。

サイズは小さいものの、XXのカットオフはやはり存在感十分。
女性のヴィンテージラバーには100%オススメの一本です。

ウェブストアから通販もご利用いただけます!
宜しくお願いいたします!

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel & Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2018-06-10 20:52 | アメリカ古着 | Comments(0)
2018年 06月 07日

NOS Levi's denim place mats

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです!

昨晩、無事に弘前に戻り爆睡しました。
今回は時差ボケがかなり強く、今も猛烈に眠いです笑
そんな中、早速ご来店くださったお客様、差し入れもいただき誠にありがとうございます。

まだ送りの商品は届いていないので、
まずは手持ち分から商品紹介をしていきます!


NOS Levi's denim place mat ×3
e0343648_18592224.jpg
どんな商品が入荷するのだろうとワクワクしてお待ちくださっているお客様もいらっしゃる中、
いきなりベタな商品からで恐縮ですが、ランチョンマット、デッドで3枚入荷しております。
なにぶん試着や細かい採寸も必要なく紹介しやすいので、ご了承ください!

まずはBig-Eの一枚から。
e0343648_19064407.jpg
この一枚のみ、赤タブがビッグEです。とはいえ、生地の質感や作りも大差なくスモールeのものと
大きく変わる点はないのですが、一応ビッグEということで価格もちょっと色つけてます。
e0343648_19002695.jpg
ビッグEの赤タブ
e0343648_19040718.jpg
紙パッチ
e0343648_19053413.jpg
裏側にちょっとした汚れが確認できますが、全体的な状態は全く申し分ないです。

そしてスモールe
e0343648_19102075.jpg
こちらも使用感のないデッドストックながら
e0343648_19114693.jpg
右側のパイピング部分、
e0343648_19142310.jpg
紙パッチ、
e0343648_19151966.jpg
裏側にシミ汚れ、以上を考慮して価格に反映してます。

洗濯して完全に汚れを抜いてから店頭出しもできますが、デニム関係の場合はインディゴのロスが
どうしても出てしまうので、お買い上げいただいたのちにお客様の方でお好みでご対応いただいてます。
もちろん、インディゴのロスが出ても、綺麗な状態で購入したいという場合はお申し付けくださいませ。
e0343648_19161848.jpg
裏側には "Now Designs" のタグです。1967年にサンフランシスコにてスタートしたキッチン用品ブランド。同じくSFが本拠のリーバイスとのコラボレーション、素晴らしいですね。
Now Designsはブランドとして現在も続いているようです。このランチョンマットもダクロンとコットンの混紡、つまり洗濯が必須なランチョンマットをよりイージーケアにするよう考慮するよう考えられた意匠なんですね。

もう一枚。
e0343648_19250642.jpg
こちらもスモールeのデッド。状態はこれが一番良いです。
e0343648_19265819.jpg
ポケット部分
e0343648_19281198.jpg
紙パッチ
e0343648_19285846.jpg
裏側ポケット箇所にちょっとした汚れがありますが、これを除いては全くダメージ、汚れのない良い状態です。

それぞれ寸法は縦が約33cm、横が約52cm。

せっかくですので、まとめて3枚ご購入でご家族でお揃いも!
リーバイスはジーンズ、ジージャンだけではなく小物も人気かと思いますが、実用性の高いランチョンマット。
当店では入荷の機会はそうそうありませんので、ぜひこの機会に。

ウェブストアから通販もご利用いただけます!
是非、ご覧くださいませ。
よろしくお願いいたします。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel & Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2018-06-07 19:29 | アメリカ古着 | Comments(0)
2018年 06月 06日

帰国しました

こんにちは、BUTTON UP CLOTHINGです。

先ほど帰国しました。
まずは大きな事故もなく、無事に日本に帰ってこれただけでも良かったです。
今晩、弘前に戻り、明日から店舗も営業再開します。
手持ちで持ち帰ったもののうち、すぐ出せるものから出していきますので、チェックのほど
宜しくお願い致します!
今回は全日程通じて時間が無く、ろくに更新できませんでしたが、明日から商品紹介含め
ブログ、インスタグラムなど更新してまいりますので、お付き合いのほど宜しくお願いします。
時間のある時に買い付けレポートも執筆したいと思います!

では、宜しくお願い致します!
e0343648_16413399.jpg
BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel & Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2018-06-06 16:45 | 仕入れ | Comments(0)
2018年 06月 02日

買い付け経過

こんにちは、BUTTON UP CLOTHINGです。

ここまで事故もなく順調に来ています。
昨日まではアメリカの東を、今日からは西を回ります。
時間がないので手短ですが、ここをのぞいてくださる方々の為に無事の報告です!
e0343648_01020527.jpg
毎回思いますが、走るほどにこの国が理解できるような気がします。今回はすでに2000マイル弱走りました。

一応、買い付けたアイテムも一部。
e0343648_01033577.jpg
梱包中の適当な写真で申し訳ないですが、デッドストックのブルックスブラザーズのウエストコートと40'sのタイは素敵な
出会いでした。もちろん、古着やアンティーク、他にもたくさん仕入れてますので、ご期待ください。

また、時間をみて更新できるタイミングがあれば更新します。
では、本当に手短ですが、後半戦も安全第一で気を引き締めて行って来ます!

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel & Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com

[PR]

by buttonupclothing | 2018-06-02 01:06 | 仕入れ | Comments(0)