<   2019年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2019年 01月 12日

50's "Nishijin" souvenir gown

こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

もう1月も12日ですが、今年も宜しくお願いいたします。

2019年最初の商品紹介です。

50's "Nishijin" souvenir gown ¥29,800 (税込 ¥32,184)
e0343648_18000037.jpg
おおよそ1950年頃の製造だと思われます。西陣織を使ったスカガウン、未使用コンディションの極美品です。
デッドストックと言って差し支えないレベルです。

スーベニアジャケット、いわゆるスカジャンが敗戦後の日本で進駐軍の兵士向けのお土産品として作られたのと同様に、
このガウンもそのバリエーションとしてお土産品として作られたものでしょう。
そして、サテン、別珍などが主たる素材だったスカジャンにおいて、その希少さから珍重されるのが、今回紹介の
西陣織を使ったものです。スカジャンでは高値が付いたりしますが、ガウンということもあり、
コンディションを勘案してもフェアなプライスではないでしょうか。

スモーキングジャケットの様なルックス、どの様な用途を意図して作られたのかは判然としませんが、
洋服であるガウンとオリエンタルなテクスチャーが融合した素晴らしい一着。
e0343648_18035410.jpg
e0343648_18064443.jpg
素晴らしいのは丁寧な作りもしかり。襟、各ポケット上部の切り返し、袖、各所に丁寧なパイピングが施されています。
脆い素材であるサテンで作られた切り返し部分もダメージ一切なしです。コンディションの良さは眼を見張るものがあります。
e0343648_18162666.jpg
ベルト(帯ひも)も完全な状態で付属します。
e0343648_18204902.jpg
織り傷の様なものはありますが、シルクの裏地もとても綺麗です。
e0343648_18244860.jpg
背面はこの通り。桜に松、城に侍の銅像の総柄。

1年ぶりにヨーロッパから遊びにきてくれた友人に試着をお願いしました。
e0343648_18285383.jpg
身長約180cmの試着画像。モデルが良いのでガウンもとても良く見えます。
もちろん、左右どちらの合わせでも着れます。
実寸は肩幅47cm、身幅53cm、着丈79cm、袖丈60cm。
日常的に着るものではないかもしれませんが、ハレの日、とっておきの機会の1着にいかがでしょう。
コンディションもデッドストック、日本人としてグッとくる一着ではないでしょうか。

世の中の流行りに流されない傾奇者なあなたに是非。
それでは2019年も宜しくお願いいたします。

BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com




by buttonupclothing | 2019-01-12 18:41 | 古着 | Comments(0)